赤ちゃんの飛行機遠方での里帰りや前から決まっていた予定がある場合、新生児の赤ちゃんを連れて飛行機に乗らなければ行けないことも出てきます。結婚式やお葬式などは日程がずらせませんよね。

普段1人で飛行機に乗り慣れていたとしても産まれたばかりの赤ちゃんを連れて乗るなんてドキドキしてしまいます。

大人でも気圧の変化で耳鳴りがしたりするのに赤ちゃんは大丈夫なの?とか、機内で泣いたらどうしようとかうまく乗れるのか不安ばかりですよね。

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗るには何を準備していけばスムーズに乗れるのか、そもそも赤ちゃんっていつから乗れるのかなど気になります。

そこで今回はいつから赤ちゃんと飛行機に乗れるのか、赤ちゃんと一緒に飛行機に乗るときに気をつけることなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの飛行機はいつから乗れる?

赤ちゃん飛行機いつから

ポイント

  • 赤ちゃんが飛行機に乗れるのは生後8日以降
  • 新生児のうちに飛行機に乗る場合は次のことを確認しましょう。
  1. 医師から搭乗許可をもらう
  2. 渡航先の感染症を確認する
  3. 早めに予約する

生後8日以降から飛行機に乗れるとはいえ、新生児の頃は赤ちゃんにとってもママにとっても負担が大きいため生後1ヶ月以降がおすすめです。

遊園地のジェットコースターなどは身長で決まっていますが、飛行機の搭乗は身長ではなく生後日数で決まっています。

赤ちゃんが飛行機に乗れるのは、JALとANAの場合、生後8日以降です。

産まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が弱く病気にかかりやすいので生後8日未満は搭乗できません。

ただ、生後8日から大丈夫とはいえ、飛行機での気圧の変化や長時間の移動や乾燥など赤ちゃんにとって負担が大きいです。まだ首が座っていませんし、体温調節も上手にできません。

授乳やおむつ交換も頻繁にあるので、産後で体力の落ちているママにとっても負担が大きい時期です。

できれば生後1ヶ月をすぎてから飛行機で移動するように予定を調整できるとよいでしょう。

とはいえ、遠方での里帰り出産やどうしてもずらせない予定などがある場合は新生児の赤ちゃんを連れて飛行機に乗らなければいけないこともありますよね。新生児のあかちゃんと飛行機に乗る場合は次のことを必ず確認しましょう。

  • 搭乗許可をもらう

まずかかりつけの医師に搭乗許可をもらいましょう。国際線を利用する場合は長時間の移動になります。赤ちゃんの健康状態をしっかりチェックしておく必要があります。

  • 渡航先での感染症を確認する

海外に渡航する場合、感染症が流行していないかを必ずチェックしておきましょう。免疫力の弱い赤ちゃんに危険がないか事前に確認しておくと安心です。

  • 早めに予約する

飛行機の席は早めに予約しましょう。赤ちゃんが泣いたときやオムツ交換などでママは何度も席を立つことになりますので、通路側の席が便利です。真ん中の席しか残っていなかったということになると大変です。希望の席が取れるように早めに予約してくださいね。

赤ちゃんの料金は?

赤ちゃん飛行機料金赤ちゃんが飛行機に乗る場合、航空会社によって異なりますが基本的には2〜3歳未満の赤ちゃんでママの膝の上や抱っこで乗る場合は無料です。

必要な場合は赤ちゃん用の座席を取ることもできます。

国内線

  • JAL、ANAとも大人1人につき3歳未満の乳幼児2人まで一緒に乗ることができ、1人は無料で搭乗できます(ママやパパの膝の上に座る)。
  • 座席を利用する場合や2人目の子が座席を利用する場合は小児の料金がかかります。

国際線

  • 大人1人につき2歳未満の幼児を2人同伴できます。1人のみ大人の膝の上で搭乗でき大人運賃の10%が必要です。
  • 座席を利用する場合や2人目の子が座席を利用する場合は大人運賃の75%が必要です。

赤ちゃんと飛行機に乗るまでの流れ

赤ちゃん飛行機に乗るまでの流れ

ポイント

赤ちゃんとの飛行機は準備が大切!大まかな流れは次の通りです。

  1. フライト・赤ちゃん向けサービスの予約
  2. 荷物の準備
  3. 空港での過ごし方
  4. 機内での過ごし方

座席の選び方や空港での過ごし方で機内での過ごしやすさが変わったりします。赤ちゃん向けサービスは予約が必要なものが多いので事前に予約します。

また、フライトの予定が変更になるなどを想定しておむつや着替えを多めに持つようにしたりともしものときに対応できるようにしておきましょう。

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗るには事前に確認したり予約する必要があるサービスがあります。

何が必要か空港ではどんな動きをするのかなど一度頭の中でイメージしておくとよいでしょう。

わからないことは航空会社に電話で確認すると確実ですし、相談にも乗ってくれるのでおすすめですよ!

1. フライト・赤ちゃん向けサービスの予約

電話予約がおすすめです。なぜなら、ネット予約だと席が選べないことがあるからです。

ただし、最近ではネット予約でも好きな席を選べるようになってきたので、航空会社のHPで機体ごとの席の配置図(シートマップ)を確認しながら予約しましょう。

電話予約の場合は、搭乗時期の混雑状況や機内の詳しい様子などを教えてもらえます。心配な場合は電話で相談しながら予約するのがよいでしょう。

チケット購入後は、バシネットや離乳食や赤ちゃん向けの食事の予約をしましょう。

バシネットは当日カウンターでも予約できますが、人気で数に限りがあります。必要な場合はチケット購入後すぐに予約しておきましょう。

また、離乳食や赤ちゃん向けの食事は搭乗何時間前までと決まっているので航空会社に確認し早めに予約しましょう。

【赤ちゃんとの席はどこがいい?】

生後1ヶ月未満の新生児の頃は、まだ首が据わっていないのでママやパパがシートベルトをつけた上から抱っこして乗ります。

バシネットと呼ばれるベビーベッドは事前予約が必要だったり、設置がない便もあるので事前に確認しておきましょう。

ミルクやおむつ替えで頻繁に立ち上がったりするので通路側の席を予約しておくと安心です。赤ちゃんが前の座席を蹴ってしまう心配があるときには前列がいいですね。

【最前列】

前が広く空いているので赤ちゃんを抱っこしていてもゆとりがありますが、前の座席がないため荷物を足下におけないデメリットがあります。CAさんにたのんで上からおろしてもらう必要があります。

【後方の座席】

トイレに近いのでおむつ替えに便利ですが、他のお客さんの移動も多い場所なので授乳などが気になることもあります。ただし、後方の列は人が少なかったり、CAさんをすぐ呼べるメリットもあります。

2. 荷物の準備

赤ちゃん飛行機持ちもの

赤ちゃん用の荷物を準備しましょう。ベビーカーのあるなしで荷物の量が変わってきます。

同伴者がいる場合は荷物を持ってもらえますが、ママと赤ちゃんのみのときには移動がしやすいか、赤ちゃんは抱っこすすのかベビーカーにするのかなど事前にシミュレーションしてみましょう。

機内に持ち込む荷物は下記を参考にしてみてください。

【機内持ち込み赤ちゃんグッズ】

  • おむつ・おしりふき
  • ミルク・哺乳瓶
  • 授乳ケープ
  • 抱っこひも
  • 着替え、タオル
  • 赤ちゃん用のおもちゃや絵本:音が出ないおもちゃや絵本がおすすめ!
  • ゴミ袋
  • 長袖やカーディガンなど
  • 母子手帳

おむつやおふき、授乳グッズなど赤ちゃんが機内で過ごすのに必要なものは必ず用意しましょう。飛行機の中の温度は1年を通してだいたい20度に設定されています。

夏場は薄着ですがそのまま乗ると寒く感じるので、羽織れるものやタオルやおくるみなど赤ちゃんにかけてあげられるものがあると安心です。

冬場は逆に汗ばむことがあるので、ベストやカーディガンなど脱ぎ気のしやすい服装をしておくとよいですね。

授乳は座席ですることになるので授乳するママは授乳ケープを用意しておきましょう。抱っこひもを持っておくと機内であやしたり、ママが食事をするときなども赤ちゃんを抱っこしていられるので安心です。

シートベルトが装着できれば離発着時も使えるので長時間の移動の場合は必ず用意しておきましょう。

機内に持ち込む荷物は必要最小限にしておくことをおすすめします。赤ちゃんを抱っこしながら狭い機内を移動するのは大変です。

それに、赤ちゃんの荷物はすぐに取り出せるように前の座席の足下においておく必要があります。あんまり大きい荷物にしてしまうと座席の下に置けなくなってしまうので注意してくださいね。

3. 空港での過ごし方

空港には時間に余裕を持って到着しましょう。赤ちゃんを連れての移動やチェックインは思ったよりも時間がかかります。ママがトイレに行くのにも今まで以上に時間がかかるんですよ。

空港についたらオムツを替えたり、授乳をしたりしてフライトに備えます。空港内のキッズスペースで遊ばせたり、散歩をしたりしてフライト中に赤ちゃんが寝てくれるよう調整していくとよいでしょう。

4. 機内での過ごし方

機内では赤ちゃんが安心して過ごせるようになるべく環境を整えてあげましょう。おもちゃやお菓子を用意したり、抱っこひもで抱っこしてあげたりします。

離陸、着陸時は気圧の変化が大きく耳鳴りがするので授乳したりミルクをあげたりして耳抜きをしてあげましょう。

【赤ちゃんとの飛行機で気をつけることは?】

初めての環境で赤ちゃんが不安を感じて泣き出してしまうこともあります。周りに迷惑がかかると思うとママはつい焦ってしまいますが。

そんなときこそ笑顔でゆったりした気持ちであやしてあげましょう。ママが緊張していると赤ちゃんに伝わってさらにぐずってしまいます。

ママが余裕をもって赤ちゃんをあやすためには、隣や前後の人に搭乗してすぐ「赤ちゃんが泣いてしまったらすみません」と声をかけておくとよいでしょう。周りの人も手伝ってくれたり、助けてくれたりするかもしれません。

また、飛行機の中は非常に乾燥しています!水分をこまめに与えたりして乾燥を防ぎましょう。乾燥し過ぎると喉が痛くなったり風邪の原因になったりしてしまうので気をつけてくださいね。

赤ちゃんとスムーズに飛行機に乗るためのコツは?

赤ちゃんと飛行機に乗る

ポイント

赤ちゃんスムーズに飛行機に乗るコツは3つです。

  1. 赤ちゃんのリズムをフライトにあわせる
  2. グッズを用意する
  3. ママは落ち着いて対応しましょう

赤ちゃんの普段の授乳や睡眠のリズムをよく観察してフライトにあわせると機内で落ち着いて過ごせます。

もし泣いてしまったら、おもちゃや絵本であやしてあげましょう。この時、ママはゆったり落ち着いた気持ちで赤ちゃんと向き合ってあげると赤ちゃんも落ち着きますよ。

赤ちゃんと一緒に初めて飛行機に乗るママは泣き止まなかったらどうしよう、ぐずったらどうしようと頭がいっぱいかもしれません。電車だったら途中下車できるけど、飛行機だとそうはいきませんよね。

赤ちゃんが落ち着いて飛行機に乗れるようにママは乗る前から気をつけてあげましょう。

赤ちゃんのリズムをフライトにあわせる

赤ちゃんのリズムをフライトに

赤ちゃんは、周りの環境に敏感に反応するので、赤ちゃんの生活リズムを崩さないようにすることが大切です。

飛行機の中で寝てくれるように、授乳やミルクのタイミングをあわせてあげるとよいでしょう。

  • 赤ちゃんがどれくらいのタイミングでおっぱいを欲しがるのか?
  • 授乳してどれくらいで眠るか?
  • 一旦寝るとどれくらい寝るか?
  • よく寝るのはどんな姿勢か?抱っこしているときか、ベッドに寝かせているときか?

普段の赤ちゃんの生活リズムをよく観察して、授乳や睡眠のタイミングをフライトにあわせましょう。フライト中によく寝てもらうためには、空港では寝ないようにする必要もありますよね。

また、赤ちゃんのよく寝てくれる時間帯のフライトを選ぶのもポイントです。昼寝時間に合うような時間がおすすめです!

搭乗直前に空港のキッズスペースで遊ばせたり、空港内をお散歩したりして飛行機の中で寝るように調整しておくと楽ですよ。

夜泣きをする赤ちゃんは午前中のフライトにするなど赤ちゃんにあわせて選んでみてくださいね。

グッズを用意する

飛行機で泣いたらあやす一番心配なのは赤ちゃんが泣き止まなかったらどうしよう!?という心配ではないでしょうか?

赤ちゃんが泣いてしまったときにお気に入りのおもちゃやグッズをさっと出せるように用意しておきましょう。

音のなるおもちゃは他の人に迷惑な場合もあるので大きな音の出るおもちゃはさけた方がよいかもしれません。

いつも使っているブランケットやいつも使っているおくるみなども赤ちゃんは安心しますよ。

手荷物は上の荷物棚にのせることになるので、かごや小さなバックにおもちゃやオムツをまとめておいて、前の座席の下においておくとスムーズに取り出せますよ。

耳抜きがうまくできなくて泣いている場合もあります。おもちゃで泣き止まない場合や授乳やミルク、白湯を飲ませてみましょう。耳抜きができて落ち着いてくるかもしれません・

ママは落ち着いて対応しましょう

ママは落ち着いて

赤ちゃんが泣いてしまったら周りに迷惑がかかる!とママも気持ちが焦ってしまいますが、できるだけゆったりとした気持ちと笑顔で赤ちゃんに接するようにしましょう。

ママがピリピリしていると赤ちゃんにも伝わってさらにぐずってしまうことも。

初めての環境でゆったりした気持ちを持つのは難しいかもしれませんが、覚えておいてくださいね。そのためにも事前に周りの席の方に一声かけておくと安心ですね。

赤ちゃんの耳抜きはどうする?

飛行機赤ちゃん耳抜き飛行機に乗っていると気圧の関係で耳がきーんとなりますよね。実は、大人よりも赤ちゃんの方がこのきーんとした耳鳴りを感じやそう。

大人は唾をごっくんと飲み込めば耳抜きができますが、赤ちゃんはまだ自分ではできませんよね。

ママがきーんと感じているときは、赤ちゃんも同じように耳にきーんとした感じを感じているかもしれせん。そんなときは、耳抜きを手伝ってあげましょう。

  • おっぱいやミルクを飲ませる
  • おしゃぶりを与えてあげる

具体的には離陸直後の高度をあげているときと、着陸直前30分くらい前の高度を下げているときに耳がきーんとなりやすいです。母乳のママは離陸時に飛行機が動き始めたらあげるとよいですね。

ミルクの場合は、ママは空港でミルクを作っておいて着陸のときに飲めるようにしておくとよいでしょう。空港でミルクを作ると離陸まで時間があいてミルクがさめるので熱めに作っておくのがポイントです。

着陸のときは、到着予想時刻の30〜40分くらい前から高度を下げ始めるのでそのタイミングで飲ませるのがおすすめです。離陸よりも着陸時の方が気圧の変化が急なので、授乳のタイミングを合わせるとよいですね。

お願いすると客室乗務員さんがミルクを作ってくれますよ。また、難しいかもしれませんが事前に授乳をすませて着陸時に寝るようにするのもおすすめです。

ベビーカーは持ち込める?

飛行機ベビーカー

ポイント

  • ほとんどの航空会社でベビーカーは無料で預かってもらえます。
  • 機内には持ち込めないので手荷物カウンターで預かってもらいましょう
  • 機内持ち込みの大きさに収まる折りたたみのベビーカーは機内に持ち込めることもあります
  • ベビーカーを預けるときは「アクセサリーを外しておく」「カバーを付けておく」「ネームタグを付けておく」とよいでしょう。

空港内ではベビーカーの貸し出しを行っていますので、預けた後は利用するとよいですね。

いつも使っているベビーカーがあると安心して赤ちゃんが乗っていてくれることもありますよね。ベビーカーを持っていくかどうかは普段どれくらい使っているかと、荷物の量がどれくらいなのかを考えるのがよいでしょう。

ベビーカーが一つ増えるだけで大きい荷物が増えます。普段からそれほどベビーカーを使っていない、抱っこひもの方が赤ちゃんが安心する場合は必要ないかもしれませんね。

空港内でもベビーカーの貸し出しを行っているところもあるので、それもあわせて考えてみましょう。

ベビーカーを持っていく場合はどうしたらよいか見ていきましょう。

ベビーカーは機内に持ち込むことはできないので、空港の手荷物カウンターで預けることになります。飛行機に乗るときの無料で預かってもらえる手荷物には重量制限がありますよね。

だいたい1人20kgほどでそれを超えると超過料金がかかりますが、ベビーカーにおいてはほとんどの航空会社で無料で預かってくれます。

ただし、航空会社によってサイズや重量制限があるところもあるので事前に問い合わせておくとよいでしょう。

また、機内持ち込み手荷物の枠内に折りたためるベビーカーであれば機内に持ち込むことができる航空会社もあります。ベビーカーのサイズを確認して航空会社に問い合わせてみると安心ですね。
ベビーカーを手荷物として預けるときには次のことを事前に準備しておくのがおすすめです!手荷物カウンターでもたつきませんよ。

  • アクセサリーは外しておく
    ベビーカーについているフックやおもちゃ、アクセサリーなどがあればすべて外しておきましょう。
  • カバーを付けておく
    ベビーカーを預けるときには、航空会社で保護のためにカバーを付けてくれることが多いです。でも、国際線や航空会社によっては提供していないところもあるので、自分で用意しておくと安心です。カバーはなくても預かってもらえますがベビーカーの汚れや破損を防ぐために付けておいた方がよいでしょう。
  • ネームタグを付けておく
    飛行機が到着したときにベビーカーが出てこなくてロストバゲッジになってしまうこともあります。荷物が行方不明にならないためにもネームタグを付けておくと安心ですね。

ちなみに、海外などに行く場合はベビーカーを現地調達するという手もあります!

ハワイであればバギータイプのものが10ドルくらいで買えたりしますよ。私の友人の中には事前にお目当てのベビーカーを調べて現地で安く購入している子もいました。

現地でどんな動きをするのか、行く先でベビーカーの貸し出しがあるかどうかを事前に確認しておきましょう。

赤ちゃんとの飛行機こんなときどうしたらいい?

赤ちゃんと飛行機に乗るとなるとわからないことがたくさん!また、想定外のことも起こりますよね。こんなときはどう対応したらいいのか見てみましょう。

Q. ママと赤ちゃん2人での飛行機で、ママがトイレに行きたくなった時はどうしたらいい?

トイレの間、CAさんに見てもらえます!お願いすると赤ちゃんを抱っこしたり様子を見ていてもらえますよ。あらかじめ赤ちゃん連れであることを伝えておくと、ママも安心ですよね。その他にもミルクを作ってくれたり、オリジナルのおもちゃをくれたりするので困ったときはお願いしましょう。

Q.赤ちゃんの飲み物や離乳食持ち込める?

赤ちゃん用の液体や離乳食は持ち込めます。飛行機には100mlを超える飲み物は持ち込みが禁止されています。ただし、赤ちゃん用の飲料は持ち込めますので哺乳瓶やマグに入れたミルクやお茶などは大丈夫です。

また、機内でお湯をもらうこともできますし、子供用の飲み物を用意している航空会社もありますよ。

離乳食はCAさんにお願いすると温めてもらえます。離乳食に果物が入っている場合機内への持ち込みはできますが、残った場合は残ったものを持って他の国へ入国できないので注意しましょう。

Q.ママの食事はどのタイミングで食べたらいい?

赤ちゃんのお腹を満たしてから。飛行機の座席は狭いのでテーブルを出したまま授乳することができません。まずは赤ちゃんのお腹を満たしてあげてから自分の食事にしましょう。

赤ちゃん連れの場合は食事の前にCAさんが声をかけてくれることが多いです。授乳中であれば授乳が終わってから持ってきてもらうようにお願いしましょう。ママが食事を食べるときはCAさんが赤ちゃんを抱っこしてくれますので必要があればお願いしましょう。

Q.いつもよりおっぱいやミルクを欲しがるけど大丈夫?

赤ちゃんの様子が普段と同じで期限もよければ問題ありません。飛行機の中は非常に乾燥しているので赤ちゃんも喉が渇きます。特に母乳のママは水分補給を忘れないようにしましょう。

Q.トイレが込んでいるので隣の座席を使ってオムツ交換してもいい?

オムツ交換は必ずトイレで行うのがマナーです!座席で替えると臭いますし、他に人にも迷惑になってしまうので気をつけましょう。使用済みのオムツはトイレのゴミ箱に捨てても大丈夫です。ただ、ニオイが漏れないようにビニール袋でしっかり包んでから捨てるのがマナーです。

Q. 赤ちゃんが風邪気味のときは飛行機に乗らない方がいい?

赤ちゃんが風邪気味で心配なときは必ず医師に相談しましょう。飛行機に乗っているときに吐いてしまったり、発熱することもあります。万が一に備えて必要なものを準備して搭乗しましょう。

特に鼻水などで鼻が完全に詰まっている場合は耳抜きがうまくできないことがあります。大人でも完全に鼻が詰まった状態で飛行機に乗るのはおすすめできません。必ず医師に相談して判断してくださいね。

Q.海外に行く場合、赤ちゃんもパスポートが必要?

必要です!何年か前までは乳幼児はママのパスポートに併記することができましたが、現在は0歳でもパスポートが必要です。パスポートの署名や申請は親が代行して作成します。でも、受け取りは本人のみなので必ず赤ちゃんを連れて受け取りにいきましょう。

JALとANAどちらがよい?

JAL ANA 赤ちゃん向けサービスJAL、ANA共に赤ちゃん向けのサービスを提供しています。どちらのサービスも充実していますので安心して利用できますよ。

空港内から機内まで対応してもらえるので安心です。事前予約が必要なものがほとんどなので早めに電話で予約しておきましょう。

【JAL】
空港内サービス
ベビーカーの貸し出し:成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港、フランクフルト交際空港、ヒースロー国際空港でベビーカーが借りられます。

機内サービス

  • ベビーバシネット(ベビーベッド):体重10.5キロ、2歳未満の赤ちゃんが使えるベビーベッドがあります(要予約)
  • 紙おむつ:ネピア「GENKI」のMサイズ・Lサイズ(要予約)
  • おむつ交換台:おむつ交換のできる化粧室があります
  • 食事:離乳食、幼児食、チャイルドミール、アレルギー対応食があります(要予約)
  • 粉ミルク
  • 貸し出し用絵本
  • オリジナルおもちゃ
  • 乳幼児連れ専用の座席:クラスJには後方に乳幼児連れで使える広い座席の用意があります

【ANA】
空港内のサービス

  • エアポートサービス:チェックインカウンターから登場ゲートまでの案内をお手伝いしてもらえる(出発72時間前までに電話で要予約)
  • ベビーカーの貸し出し:A型・B型共対応できるベビーカーの貸し出しがあります。(事前予約はありません)

機内サービス

  • ベビーベッド(電話で要予約):座席を使わない赤ちゃん用に機内に取り付けて使えるベビーベッドの貸し出しがあります。(10キロまで)
  • オムツ交換台:オムツ交換のできる化粧室があります
  • 食事:ベビーミール、チャイルドミール、アレルギー対応ミールなどの用意があります(出発24時間~96時間前までの要予約。電話のみ)
  • 粉ミルク:ミルクが必要なときには、客室乗務員に頼むと作ってもらえます!また、自分で持ち込んだ粉ミルクもお願いすると作ってもらえます。
  • 紙おむつ:Mサイズ、Lサイズのおむつの用意があります。
  • 子供用グッズ:ANAオリジナルおもちゃ、ソフトドリンク、エプロン、フォーク、スプーン、哺乳瓶などがあります

事前に確認&予約を!

赤ちゃんを連れて飛行機に乗るには事前に確認したり、予約することが多いのでママは大変かもしれません。早めの予約を心がけるようにしましょう。

また、赤ちゃんを連れての飛行機は何が起こるかわかりません。飛行機の出発が遅れたり、機内で長時間過ごすことになったりと予定がかわってくることもあるかもしれません。そんなときのためにオムツを多めに用意しておいたり、赤ちゃんが吐いてしまったときのために着替えやゴミ袋を多めに用意しておくなど準備が必要です。

フライトの遅れなどをあらかじめ想定しておけば当日焦ることはありません。しっかりと事前準備をしておけば安心して搭乗できますよ。