ワセリンの正しい使い方赤ちゃんのおしりはぷりぷりしていて、思わず触りたくなっちゃいますよね。

でも、赤ちゃんの肌は実はとってもデリケート!!少しの刺激でも肌荒れにつながったり、炎症を起こしてしまいます。

特におむつの中は蒸れたり、刺激が多かったりして赤ちゃんのおしりの皮膚はふにゃふにゃになりやすいんです。

だから、赤ちゃんってよくおむつかぶれを起こしちゃいますよね。おむつかぶれを起こしちゃうとうんちをするのもつらそうでかわいそう。

そんなおむつかぶれを防いであげたいけど、どうしたらよいかよくわからないですよね。

今回はおむつかぶれを防ぐためのワセリンの正しい使い方を紹介します!

おむつかぶれとは?

赤ちゃんの機嫌が悪いおむつかぶれは、おむつに覆われている皮膚にポツポツしたあせものようなものができたり、あかくなったりして炎症を起こすことです。医学的には「おむつ皮膚炎」言われます。

炎症ができると、赤ちゃんは痛がったりかゆがったりしますし、悪化するとただれて血がにじんでしまう赤ちゃんもいます。

ウェストや太もも周りのギャザーの部分が赤くなるのもおむつかぶれ。おむつかぶれは、あせもやアトピー性皮膚炎とは違って、おむつの中だけにできるのが特徴です。

おむつかぶれのチェックポイント

  • おしりに赤いポツポツができている
  • おしりをふくと痛がって泣いてしまう
  • お風呂でおしりにお湯をかけたら痛がって泣く
  • おむつをはずすとかゆかったり痛がっておしりを触る

おむつの中は高温多湿で、皮膚がふやけやすくなっていて、少しの刺激でも傷つきやすい状態になっています。そのため、おしっこやうんちの酵素や、尿素、摩擦などの刺激でおむつかぶれが起きてしまいます。

おむつかぶれの原因

おむつかぶれ赤ちゃんの肌は、外からの刺激を防ぐバリア機能が未熟なので、少しの刺激でも肌荒れを起こしてしまいます。特に、おむつの中は高温多湿で、ムンムン!ふにゃふにゃになった肌は刺激を受けやすい状態なんです。

おむつかぶれの原因

おしっこ:腎臓で濾過された体内の老廃物や尿素などが肌を刺激します。おしっこが出てから時間が経つと分解が進んで、肌へのダメージが大きくなります。

うんち:大腸菌や腸内細菌、酵素などが肌へ刺激を与えます。特に下痢のうんちは刺激が強いので要注意

汗:おむつの中は蒸れやすく、汗をかくと湿気でムンムンし、肌がふやけて傷つきやすくなります。

摩擦:動くことでおむつが肌とこすれて、肌を刺激します。赤ちゃんの肌はデリケートなので、少しの刺激でも傷になることがあります。

カンジダ:高温多湿なおむつの中ではカビが繁殖しやすくなります。おむつかぶれがなかなか治らないときはカンジダというカビが原因の皮膚炎を起こしていることも。

赤ちゃんは月齢が低いほど、うんちやおしっこの回数が多いですよね。おむつの中でうんちとおしっこが混ざり合うと、皮膚への刺激もあがってしまうそう。

おしっこやうんちがでたらこまめにおむつを替えてあげたり、きれいに拭き取ってあげることが大切です。

また、おむつのサイズがあっていないと動いたときに皮膚をこすってしまい炎症につながります。おむつは体重を目安に選びましょう。

標準よりもぽっちゃりしていたり、逆に細めの場合はウエストと足回りのフィット感を目安に選ぶとよいですよ。

ウエストに指一本はいる余裕があればオッケー!おむつを外したときに、ウエストや太ももに跡がついていたら小さいサインなので、一つ上のサイズに替えましょう。

特にこんなときには注意!

  • ゆるい便が何回も出ている時
  • 下痢のとき
  • 外出や夜など、長時間おむつを替えられないとき

最近の紙おむつはおしっこを素早く固めてしまうので、おしっこをしてもさらっとしていますが、固形物のうんちは吸収できません!

ゆるゆるうんちが何回もでるようなときや下痢のときはこまめにおむつを替えて、お尻を清潔に保ってあげましょう。

▼参考 新生児の適切なうんちの回数は?便秘や下痢の対処方法

▼参考 赤ちゃんのうんちの色や状態が変!水っぽい・白っぽい・緑は病気?

おむつかぶれになってしまったら?

おしりに赤い炎症やポツポツができたらおむつかぶれかもしれません。もし、かぶれてしまったらけっしてこすらないようにしてください。いつも以上に優しく拭いてあげたり、触れてあげるようにしましょう。

おむつを替えるときはゴシゴシ拭かないように気をつけます。また、お風呂でも力を入れないように優しく洗ってあげましょう。

石けんをよく泡立てて洗ってあげますが、しみたりしていたがる場合はお湯だけでも十分です。お湯で洗うだけでも汚れは落ちているので、安心してくださいね。

肌が炎症を起こしてしまった時には、おむつの摩擦から肌を保護してあげることが大切です。お家でできるケアとして、保湿剤を使ってあげるとよいでしょう。

でも、保湿剤といってもたくさんの種類があるので迷ってしまいますよね。たくさんの保湿剤の中でもおすすめなのはワセリンです。

ワセリンは、肌の表面に膜を作ってくれるので、おむつからの刺激を防いでくれるんですよ。

ワセリンの特徴

ワセリンワセリンは、原油を高純度に精製して作られた保湿剤です。

ワセリンは肌の角質までは浸透せず、表面に留まるのが特徴。肌を保護し肌の水分が蒸発するのを防いだり、刺激物から肌を守ってくれます。

原油と聞くと肌につけて大丈夫なのかな?と不安になるかもしれませんよね。

昔は、鉱物油の精製技術が低く、ワセリンにも多くの不純物が混じっていたため肌トラブルを引き起こすことがあったことから石油を肌につけるのはよくないと思われていたそうです。

でも、現在では精製技術が進み、不純物を取り除けるようになっていて、皮膚科の治療でも使われていますよ。

原油は元々、動物や植物などが何億年もかけて地球の内部に堆積することでできていいます。ですので、ワセリン自体は自然由来の製品であると言われています。

ワセリンの選び方

ワセリンには純度によって「黄色ワセリン」「白色ワセリン」の二種類があります。

黄色ワセリン

名前の通り、黄色っぽいものが黄色ワセリンで、比較的精製度が低いのが特徴です。ドラッグストアなどで簡単に手に入れることができ、価格も低めです。

白色ワセリン

黄色ワセリンをさらに精製して不純物を取り除き純度を上げたものです。病院や薬局などの医療機関でも扱われていて、敏感肌の方でも使用できるとされています。

刺激に弱い赤ちゃんには「白色ワセリン」を使ってあげるとよいでしょう。ワセリンは、高純度・高品質であるほど伸びがよいので、白色ワセリンは塗るときの刺激も少ないですよ。

購入するときは、酸化防止剤や香料など余分なものの入っていない100%の白色ワセリンを選んであげると安心ですね。

おむつかぶれを防ぐ!ワセリンの正しい使い方

ワセリンの正しい使い方赤ちゃんのプルプルなおしりをおむつかぶれから守るためにワセリンの正しい使い方を見ていきましょう!

ワセリンの正しい使い方

  1. おしりをきれいに拭く
  2. しっかり乾燥させる
  3. ワセリンは適量を薄くのばす

1. おしりをきれいに拭く

まずは、おしりをきれいに拭きましょう。おしっこやうんちなどの刺激物が肌に残っていない状態にしてあげることが大切です。

おむつかぶれを起こしているときは、普段以上に優しく丁寧に拭いてあげましょう。おむつ拭きシートやぬるま湯をふくませたコットンなどを使うと肌への刺激が少なくなります。決してこすらないように優しく!がポイントです。

おしりの拭き方のポイント【男女別】

女の子
前から後ろに拭いてあげましょう。後ろから拭くと大腸菌などの腸内細菌が外陰部から侵入してしまう心配があります。ゆるいうんちはお尻まで広がることがあるので丁寧に拭き取ってあげましょう。

男の子
うんちのときには、おちんちんの裏側までこびりついていることがあるので、拭き残さないように気をつけてきれいにしてあげましょう。

おしりふきシートなども痛がるときには、お風呂やタライにためたぬるま湯で優しく洗ってあげましょう。

下痢のときにはゆるいうんちで広範囲まで汚れますし、回数も多いので肌が傷つきやすくなっています。下痢のときはできるだけ洗ってあげるのがおすすめです。

下痢のときのおしりの洗い方

座浴:おしりふきシートで簡単に汚れを取り除いたあと、洗面器にためたぬるま湯の中でお尻をあらいます。
シャワー:ひとり座りができるようになった赤ちゃんは、シャワーで洗い流してあげましょう。
ペットボトルや洗剤の容器:まだ首の座らないねんねの時期の赤ちゃんは、紙おむつをしたままペットボトルなどにいれたぬるま湯でお尻を洗い流してあげます。中でもおすすめなのが100均などで手に入る洗剤の詰め替え容器。少量ずつ出てくるので、片手でも使いやすいですよ。

また、ワセリンは落ちにくいので、前回塗布したものが肌に残っている場合があります。肌に残っていると肌トラブルの原因になってしまうので、ぬるま湯や石けんを使ってきれいに洗い流してあげましょう。

2. しっかり乾燥させる

おしりがきれいになったら、しっかり乾燥させてあげましょう。肌に水分が残っているとおむつのなかで濡れる原因になります。

また、ずっとワセリンを塗っていると汚れと混ざり合ったワセリンが汗腺を塞いでしまうことがあります。皮膚呼吸ができなくなることで、肌荒れがひどくなってしまうことも。

温かい時期なら少しの間、おむつを外して乾燥させてあげたり、うちわでパタパタあおいだりしてみましょう。ドライヤーの冷風を当ててあげるというママもいます。

おしりをきれいにしたらワセリンやおむつをつけない時間を少しもうけてあげると皮膚呼吸もできますし、赤ちゃんにとっても気持ちがいいですよ!

3. ワセリンは適量を薄くのばす

ワセリンは塗り過ぎるとベタベタしておむつの繊維やホコリが付着しやすい状態に。厚塗りしすぎてしまうと肌に熱がこもりやすい状態になってしまいます。

熱がこもるとかゆみが発生してしまうので、赤ちゃんの機嫌が悪くなったり、かゆがったりします。

ワセリンには消炎作用はなく塗れば塗るほど治るというものではないので、肌が保護できる程度を薄く伸ばしてあげましょう。しわのある部分は伸ばして塗ってあげてくださいね。おむつを替えるたびに塗ってあげるとよいでしょう。

なかなか治らないときは?

ワセリンを正しく使っていてもなかなか治らないときや赤い炎症が広がっているとき、おしりを拭くと痛がって泣くようなときには病院を受診しましょう。

ワセリンは肌を保護する働きはありますが、炎症を抑えてくれません。お家でのケアと同時に炎症を抑える薬でケアしていく方が治りが早いですよ。

また、カンジダなどのカビが原因で起こるおむつかぶれの場合もあるので、ひどい場合は病院で塗り薬を処方してもらいましょう。

皮膚科か小児科のどちらに行けばいいのかと迷いますが、どちらでも大丈夫です。先生が症状にあった薬を処方してくれます。

おむつかぶれから赤ちゃんのおしりを守ろう!

一日に何回もおしっこやうんちをする赤ちゃん。おしりの中は蒸れてしまいますよね。

まだ肌のデリケートな赤ちゃんは、ちょっとした刺激でもおむつかぶれを起こしてしまいます。一日に何度もおむつ替えをするママは大変かもしれませんが、赤ちゃんのプルプルなおしりを守るためにケアしてあげましょう。

うちの子は大丈夫でしたが、おむつかぶれを起こした友人の子はおしりが真っ赤になってしまって、とても痛そうでした。うんちのたびにお湯を張った洗面器でおしりを洗ってあげてケアしていましたよ。

赤ちゃんも痛がってかわいそうでした。ママのケアでおむつかぶれを防ぐことができます。たかがおむつかぶれを思わずに、丁寧にケアしてあげるとよいですよね。

▼参考 新生児の適切なうんちの回数は?便秘や下痢の対処方法

▼参考 赤ちゃんのうんちの色や状態が変!水っぽい・白っぽい・緑は病気?