新生児外出注意点新生児の赤ちゃんは1日のほとんどを家で眠って過ごしていますが、ママはいつ頃から外出できるのかな?早く赤ちゃんと一緒にお出かけしたいな!と気になりますよね。

お出かけはしたいけど赤ちゃんは生後何ヶ月から外出してもいいのか、外出のときに注意することはあるのかと新米ママは疑問がいっぱいだと思います。

今までは1人で身軽にお出かけできていたママもこれからは赤ちゃんを連れてのお出かけになります!

今までと勝手やペースが違ってくるのでどんな感じになるのかドキドキしているママもいるかもしれませんね。

そこで今回は新生児の外出時期や注意点などをまとめてみました!

スポンサーリンク

新生児の外出時期はいつから?

新生児の外出時期新生児とは生後1ヶ月未満の赤ちゃんのことを言います。この時期の赤ちゃんは体の機能が未熟で免疫力も弱いため、少しの温度差やホコリなとも赤ちゃんにとっては大きな刺激になってしまいます。

外の環境は赤ちゃんにとって刺激が強すぎるため、新生児期は清潔で快適な温度の室内で過ごす必要があります。

生後1ヶ月をすぎたら少しずつ外へ出ても大丈夫です。

1ヶ月検診が初めてのお出かけという赤ちゃんも多いですよね。

1ヶ月検診をすぎたら少しずつ外の空気に慣れていきましょう。まずは5分、10分と短い時間から外気浴を始めましょう。家のベランダや庭などからスタートさせるとよいですね。

本格的な外出は生後2ヶ月以降です。

近所のスーパーに一緒にお買い物に行ったり、公園を散歩したりしてみましょう。お出かけ時間の目安は1時間ほどです。ただ、まだ首のすわっていない時期なので無理はしないようにしてくださいね。

生後3ヶ月を過ぎると免疫力もついてくるので、電車やバスに乗ってデパートなどにお出かけできるようになります。

産まれた時期によって生後2ヶ月が真冬や真夏の場合もありますよね。その場合は無理にお出かけはしないようにしましょう。真冬であれば天気のよい晴れた日にする、真夏であれば朝晩の涼しい時間帯にするなど状況に合わせて判断してくださいね。

新生児の外出を控えた方がいい理由

新生児の外出

ポイント

新生児が外出を控えた方がいい理由は5つです。

  1. 体温調節がうまくできない
  2. 免疫機能が未熟
  3. 体への刺激が強い
  4. ママの体が回復していない
  5. 新米ママはお世話になれていない

新生児の赤ちゃんは体の機能が未熟なので少しの刺激でも体に負担がかかってしまいます。

また、ママにとっても産後1か月は体力が落ちている時期なので安静にして体力を回復させる必要があります。

では、新生児の頃は外出を控えた方がいいのか詳しく見ていきましょう。

体温調節がうまくできない

新生児の頃は体温調節機能が未熟なので、周りの気温に左右されます。周りの温度に影響されやすいので、外が寒ければ同じように体も冷えてしまうんですね。

新生児のうちは着るものや室温を整えることでしか体温を調整できないんです。部屋の温度と外の気温に大きな差があるような夏や冬は外出するだけで赤ちゃんの体には負担になってしまいます。

大人にはなんともないような温度差も赤ちゃんにとっては大きな刺激なんです!特に冬場などは赤ちゃんが鼻水や鼻づまりを起こしてしまうと中耳炎や副鼻腔炎などにもなりやすいため注意が必要です。

免疫機能が未熟

新生児期の赤ちゃんは免疫機能が未熟です。風邪やウイルスの感染への抵抗力が弱いので、もしかかってしまうと重症化してしまう危険があります。

お腹の中で無菌状態で過ごしていた胎児は産まれた瞬間からたくさんの雑菌に囲まれて生活することになります。お家の中で過ごしながら少しずつ菌への抵抗力をつけていきます。

外に出ると家の中よりもたくさんの雑菌に触れることになりますよね。新生児の頃はまだ菌への抵抗力が弱いため外出はおすすめできません。

体への刺激が強い

新生児期の赤ちゃんは1日のほとんどを眠って過ごしています。新生児の頃の赤ちゃんは、体力がないためよく眠ります。実は、少しの外出でも体力を消耗してしまうんです。

また、首の座っていないうちは頭を支えながら横抱きをしてあげる必要がありますよね。新生児はまだ首や腰が据わっておらず体ができあがっていません。

ですので、少しの刺激でも負担になってしまいます。他にも、外の風や直射日光、ホコリなど生まれたばかりの赤ちゃんにとってはすべてが刺激になるんです。なので、新生児の頃は、清潔で刺激の少ない室内で過ごすことが大切です。

ママの体が回復していない

産後のママってめちゃくちゃ体力を消耗していますよね。出産ってこんなに疲れるものなんだって驚きました。しかも、消耗状態がしばらく続くので何をするにも体が重くて足取りもヨロヨロしてしまいます。

出産後6~8週間は産褥期と呼ばれ、この期間をかけて出産前の体に戻っていきます。

昔から床上げ3週間と言われていて、特に産後3週間は極力横になって体を回復させるのが優先の時期です。

産後は骨盤もグラグラなので、歩くだけでも負担が大きいですよね。ですので、新生児期はママもお家で体を休めましょう!

産後で体力を消耗している上に、昼夜とはず授乳やオムツ替えをしているので思っている以上に体は疲れています!

新米ママはお世話になれていない

初めての赤ちゃんの場合、ママにとってはすべてが初めての経験ですよね。赤ちゃんの首が座って体もしっかりしてくると抱っこもしやすくなってくるし、ママもお世話になれてくる頃です。

まだ、新生児のうちはママもお世話になれていませんし、フニャフニャな体の赤ちゃんを抱っこしながら靴を履いたり、荷物を持ったりするのは神経を使います。

しかも、新生児の頃は、授乳やオムツ交換が頻回なのでそのたびに場所を探すことになります。赤ちゃんを連れたまま行わなければいけないので意外にママの負担が大きいんですよ。

それに、赤ちゃん用にオムツや着替えなどの入ったかばんも持ち歩く必要があるのでママの体力や気力を消耗します。

新生児で外出する必要があるときは?

ポイント

  • 新生児期にどうしても外出しなければならないときは、赤ちゃんを「外気や刺激」に極力さらさないようにしましょう。
  • パパや家族に病院までの送り迎えをお願いしましょう。
  • 家族に頼めないときはタクシーがおすすめです。

新生児の頃は外出は控えた方がいいと行っても、1ヶ月検診の前に赤ちゃんの1週間検診もあり外出しなければなりません。

また、状況によってはスーパーへの買い物や病院への受診など外出しなければならない場面も出てくるかもしれませんよね。

新生児の赤ちゃんを連れてどうしても外出しなければならない状況になったら、どうしたらよいのでしょうか?

一番大切なのは赤ちゃんをできるだけ刺激にさらさないことです。

家から病院までできるだけ外気に触れないように移動します。雨、風、雪、ホコリ、花粉、直射日光などになるべくさらさないようにしましょう。

できれば、ママも運転しない方がよいです!体が疲れているのでいつも以上に運転に神経を使って疲れてしまいます。

骨盤も元の位置に整っていないため体のバランスをとりづらいので、自転車に乗るのはやめてくださいね。

バスや電車などたくさんの人と密室でふれあうような環境もおすすめできません。風邪やウイルス感染などの危険があります。

パパや家族に乗せてもらえる場合は、病院まで送り迎えをお願いしましょう。お願いできる人がいない場合は割高にはなりますがタクシーをお願いしましょう。

タクシーであれば赤ちゃんを外気にさらす時間が短いのでおすすめです。喫煙される運転手さんだも不安という方は、営業所に予約する際にその旨を伝えましょう。

非喫煙者の方や女性ドライバーの方にしてくれますよ。

私も以前、赤ちゃん連れで乗る機会があったのですが、子育て経験のある女性ドライバーの方は子供が泣いても気づかってくれたり、ティッシュをさっと差し出してくれたりしてとても助かったことを覚えています。

赤ちゃんとの外出の注意点は?

新生児の外出の注意点

ポイント

赤ちゃんとの外出は次のことに気をつけましょう。

  • 天気の悪い日は避ける
  • 赤ちゃんの生活リズムを崩さない
  • 直射日光や紫外線を避ける
  • 水分補給をしっかりと
  • 赤ちゃんの体調を観察する
  • ママの体調が悪ければやめておく
  • 赤ちゃんグッズを用意して

赤ちゃんもママも無理しないのが一番です!

外出しても大丈夫かな?と心配であればやめておくくらいにしておくと安心ですね。

生後2ヶ月でいよいよ赤ちゃんと一緒に外出ができると思うと楽しみですよね。新米ママにとっては赤ちゃんと一緒の外出は初めてのことなので喜びもひとしおではないでしょうか?

楽しく外出するために気をつけるべき注意点をみていきましょう。

天気の悪い日は避ける

天気の悪い日天候の悪い日の外出は避けましょう。雨や雪、風の強い日などは赤ちゃんが雨に濡れてしまいます。ママが傘を持ちながらベビーカーを押したり、赤ちゃんを抱っこするのは大変ですよね。

また、雨の降った後などは公園や道がぬかるんでいることもあります。ベビーカーの車輪がはまってしまうと進みづらいですし、足元が安定しないので抱っこも危険です。天候や地面の状況を確認してから外出するようにしましょう。

赤ちゃんの生活リズムを崩さない

赤ちゃんのリズム一緒にお出かけできる!とは言っても夜遅くの外出は控えましょう。夜遅く外出してしまうと赤ちゃんの睡眠のリズムや生活リズムが崩れてしまいます。赤ちゃんの頃は朝起きて、夜寝るというリズムを覚えているところなのでなるべくそのリズムを崩さないようにしてあげましょう。

長時間外出するときも、授乳、睡眠のサイクルを家にいるときのようにできると理想ですね。ただし、外出しているとそれだけで赤ちゃんも興奮して普段通りには行かなくなることもありますのであまり神経質になりすぎないようにしましょう。

直射日光や紫外線を避ける

直射日光直射日光や紫外線の強い時間帯は避けましょう。赤ちゃんの肌機能はまだ未熟なので、直射日光が当たる場所や紫外線の強い時間帯はおすすめできません。

5月から夏場は午前から午後14時くらいまでは紫外線が強いので、夕方の日射しが和らいでくる時間帯にするとよいでしょう。

帽子やレッグウォーマーを着たり、ベビーカーの幌を下ろしたりして日が当たらないように工夫してくださいね。

水分補給をしっかりと

水分補給お散歩のような短時間の外出でも水分補給をしてから出かけましょう。赤ちゃんは大人よりも体温が高く、新陳代謝がよいためたくさん汗をかきます!

いつの間にか汗だくということもあるので、こまめに水分補給をしてあげましょう。夏は特に注意しましょう。

抱っこしているときはママの体温と合わさって赤ちゃんも暑いですし、ベビーカーでアスファルトの上を歩いているときは日の照り返しで暑いんです。

ぐったりしていたり、顔が青ざめていたり、呼んでも反応が弱いときには脱水症状の恐れがあります。

そうならないために、赤ちゃんの様子をよく観察しながら外出しましょう。

赤ちゃんの体調を観察する

赤ちゃんの様子をよく観察赤ちゃんの体調が普段と変わりないか、機嫌はよいか、よく観察しましょう。鼻水がでていたり、熱っぽかったりと様子が違うことがあれば無理せず外出は控えましょう。

赤ちゃんにとっては外出することは体力を使うし、負担が大きいのでムリは禁物。ママは外の景色を見せてあげたい!と思うかもしれませんが、ムリせずお家の中でゆっくり過ごすようにしましょう。

ママの体調が悪ければやめておく

ママの体調赤ちゃんの体調と同様にママの体調が優れないときも外出は控えましょう。もし、外出先でママが倒れてしまったり、体調が悪化しては帰れない、風邪でフラフラして赤ちゃんと一緒に転んでしまったなんてことになったら大変。

赤ちゃんを連れての外出は体力も使うし、神経も使うのでママにも負担が大きいんです。体調が優れないなと思ったら無理しないで過ごしましょう。ママが倒れてしまったら赤ちゃんのお世話もできなくなってしまいます!

赤ちゃんグッズを用意して

赤ちゃんグッズ授乳グッズやオムツ替えなど外出先で必要なものは必ず用意していきましょう。ミルクをはき戻した場合の着替えや授乳室がなかった時のために授乳ケープを用意するなどさまざまなケースを想定して必要なものを揃えて外出しましょう。

赤ちゃんと一緒の外出はママ一人の時とはペースや勝手が違うので時間と心に余裕をもつことが大切です。でかける直前に赤ちゃんが泣き出したり、うんちをしたりと予想外のことが起こるので時間通りに進まないことも多いです。

赤ちゃんが小さいうちは時間に余裕を持って出かけたり、そもそも時間を気にしないでも出かけられるようにしておくとよいでしょう。

赤ちゃんとの外出の持ち物は?

赤ちゃんとの外出持ち物リスト赤ちゃんとの外出に必要な持ち物をまとめてみましたので見ていきましょう。慣れるまでは忘れがちなのでリストを見ながら準備すると安心ですよ。

赤ちゃんとの外出に必要な基本の持ち物は次の通りです。

  • オムツ・おしりふきシート:足らなくならないように気を付けましょう
  • ゴミ袋:使ったオムツや汚れた服を入れます。多めに用意しておきましょう。
  • 哺乳瓶・粉ミルク・お湯:ミルクの時は保温ボトルにお湯を入れて外出先で作って飲ませます。
  • 授乳ケープ:授乳室がないときのために必要です。
  • 着替え:汗や吐き戻しなどで汚れたときに一セット持っていると安心です。
  • タオル:汗を拭いたり、ミルクを拭いたりします。
  • おもちゃ:ぐずったり飽きたときに。
  • 母子手帳・健康保険証・乳幼児医療証
    何かあったときのためにすぐに病院に行けるようにいつも携帯しておきましょう。

この他にも季節によって必要なものがかわってきます。

【夏】
うちわや扇子
冷たい保冷剤
帽子や日よけ
日焼け止めクリーム

【冬】
ブランケット
防寒用の帽子
手袋やマフラー・レッグウォーマー
靴下

基本の持ち物をベースに季節に合わせて必要なものを足していきましょう。

あれもこれも必要かもと思うとついつい荷物が多くなってしまいます。車の場合は多少増えても大丈夫ですが、歩きや公共機関を使うときはなるべくコンパクトにしたいものですよね。

オムツの枚数は足らなかったらどうしようと心配になりますが、外出時間に合わせて持って行きましょう。

2、3時間の外出なら2、3枚で十分です。使い終わった後のオムツを持ち帰るためのゴミ袋を忘れないようにしましょう。

遠出や旅行はいつから?

赤ちゃんとの遠出や旅行

ポイント

  • 赤ちゃんを連れて遠出や旅行ができる目安は生後5〜6ヶ月以降
  • 首がすわり、腰がしっかりしてくると安心して移動できます。
  • まずは一泊から旅行から慣らしてあげましょう。

里帰り出産の場合は赤ちゃんを連れて遠方へ移動する方もいらっしゃいますよね。

他にも、上の兄弟が大きいときは赤ちゃんが小さくてもお出かけしたくなったり、お盆や年末年始などの帰省もあります。

赤ちゃんを連れての遠出や旅行はいつ頃からできるのでしょうか?

首がすわり腰もしっかりしてくる5〜6ヵ月くらいが一つの目安です。新幹線や飛行機での移動もできるようになります。

いきなり環境がかわると赤ちゃんも落ち着かないので、旅行する場合はまずは1泊、次は2泊とならしてあげるとよいでしょう。

旅行の前にに家の中の違う部屋で寝てみるなど、環境の違いに赤ちゃんがなれるようにしてあげるとスムーズですよ!

移動手段やスケジュールは赤ちゃん中心に考えるようにし、無理のないようにしましょうね。

車での外出はいつから?

赤ちゃんとの車での外出いつ

ポイント

車での外出は退院直後から可能。新生児でもチャイルドシートは必須です!

新生児と外出するときは次のことに気をつけましょう

  • 車内の環境を整える
  • 赤ちゃんを長時間乗せない
  • チャイルドシートを正しく装着する
  • 新生児も使えるチャイルドシートを使用する
  • 急ブレーキを踏まない

退院直後から車での外出が可能とはいえ事情がない限り、遠出はおすすめできません。

遠出する場合はこまめに休憩するなど赤ちゃんを優先するようにしてくださいね。

赤ちゃんと車での車でのお出かけはいつ頃からできるのでしょうか?気になりますよね。

車でのお出かけは退院直後から可能です。ただし、新生児でも車に乗るときにはチャイルドシートが必要です。

2004年から、6歳未満の子供が車に乗るときにはチャイルドシートを使用することが法律で決められています。バスやタクシーは道路交通法でチャイルドシート使用が免除されています。

新生児から使えるチャイルドシートがあるので、新生児でも車で外出は可能ですが。よほどの事情がない場合は遠出はおすすめできません。遠出の外出や旅行は生後5ヶ月〜6ヶ月以降にしておくとよいでしょう。

新生児の赤ちゃんが車で外出するには、次のことに気をつけましょう。

車内の環境を整える

赤ちゃんにあわせて車内の環境を整えてあげましょう。暑すぎたり寒すぎたりしないように車内の温度を調整しましょう。

また、赤ちゃんに直射日光が当たっているようであればカーテンをつけたり、チャイルドシートの向きをずらしたりして調整してあげましょう。

赤ちゃんを長時間乗せない

新生児を連れて長時間の車移動が必要なときは、こまめに休憩をはさみましょう。1時間に1度はおろしてあげるくらいがよいです。

長時間同じ姿勢は赤ちゃんに負担がかかってしまいます。また、赤ちゃんも車酔いをすることがあるのでこまめに様子を見てあげてくださいね。

休憩ごとに赤ちゃんをチャイルドシートからおろして抱っこしてあげましょう。車の中は乾燥していることが多いので休憩のたびに水分補給をしてあげたり、オムツが濡れていないか見てあげましょう。

チャイルドシートを正しく装着する

チャイルドシートは必ず正しく装着しましょう。ベルトが締まりすぎていないか?赤ちゃんの体の位置は正しいか?腰ベルトは締まっているか?を確認します。

新生児の体はまだフニャフニャなのでつい緩めにベルトを締めてしまいがちですが、赤ちゃんが衝撃でチャイルドシートから投げ出されないようにきちんと装着することを意識してくださいね。

また、赤ちゃんは複式呼吸をしているので腰ベルトがお腹を圧迫しないように気をつけましょう。

新生児も使えるチャイルドシートを使用する

チャイルドシートには種類があります。新生児から使えるフラットになるタイプや生後2ヶ月頃からのもの、キッズシートなどさまざまです。

新生児から使用する予定がある場合は必ず新生児用のものを用意しましょう。

新生児用ではないチャイルドシートを新生児に使ってしまう場合、頭や体がキチンと固定されず衝撃で赤ちゃんの体が投げ出されてしまう危険があります。

また、頭が固定されないと何度も頭が振られることでゆさぶられっこ症候群の危険もあります。

ゆさぶられっこ症候群とは?

生後6ヶ月未満の赤ちゃんを過度に揺さぶることにより、赤ちゃんに外傷などのダメージを与えてしまう危険があります。

特に、脳や神経にダメージがあった場合は発達の遅れや最悪の場合は死に至るケースもあります。

赤ちゃんが泣き止まなくて激しく揺すったり、喜ぶと思って過度にあやしたりすることで起こります。

  • 頭を2秒間に5~6回揺すった
  • 体を10秒間に5~6回で激しく揺すった
  • 体を20分間左右に揺すった
  • 空中に投げ上げてキャッチを繰り返す
  • 急激に持ち上げたり下ろしたりを繰り返す
  • バウンサーに入れたまま大きく早く何度も揺すった

普通に赤ちゃんの体を持ち上げたり、バウンサーをゆらゆらさせるくらいではゆさぶりっこ症候群は起こりませんので安心してくださいね。

上記を見てもわかる通り、短い時間の間に何度も揺れるほど激しいことが原因です。

ゆさぶられっこ症候群は月齢にあったチャイルドシートを着用していればそれほど危険や心配はありません。

タクシーに乗っていて赤ちゃんを抱っこしている場合も、何回も何回も急ブレーキ踏むような場面でもなければ大丈夫です。

もし、長時間の強い衝撃や揺れを与えてしまった場合はゆさぶられっこ症候群の症状が出ていないか確認してください。

もし、症状が見られるときにはすぐに脳外科医のいる救急外来に連絡しましょう。

ゆさぶられっこ症候群の症状

  • ぐったりしている
  • 元気がない
  • 泣かない
  • 笑わない
  • ミルクや母乳を飲まない
  • ミルクや母乳を吐く
  • 10分以上泣き続けている
  • ひきつけを起こしている
  • 目の焦点があわない

ゆさぶられっこ症候群の症状は1ヶ月後にでるなど、その場ででないことも多いようです。

時間がたつほど重篤な恐れがありますので、普段から揺さぶらないことに気をつけて赤ちゃんと接しましょう。

急ブレーキを踏まない

運転手は安全に注意してスピードを出さないように運転しましょう。特に急ブレーキは赤ちゃんとって負担が大きいので気をつけてください。

赤ちゃんの頸椎はまだ柔らかいので急ブレーキなどで車が揺れたときには赤ちゃんの頭が振られることになります。急ブレーキをかける必要がないようにいつも以上に安全運転を心がけましょう。

赤ちゃんのペースにあわせて

赤ちゃんとのお出かけは赤ちゃんに無理のないペースで進めていきましょう。大人にとってはなんともないような光や音も赤ちゃんにとっては刺激的です。まずは家のベランダや庭からスタートして、公園など刺激の少ない場所へ出かけていきましょう。

外出の距離を徐々に伸ばすなどして、赤ちゃんやママの体調に合わせて焦らず慣らしていきましょう。外出は赤ちゃん第一に考えて移動したり場所を選んでくださいね。