赤ちゃんの鼻づまり解消法新生児の頃の赤ちゃんって何もかも小さい!

うちでは生まれた直後の子供の寝顔を見ながら、こんな小さい鼻でちゃんと息できてる?!って毎晩心配になっていました。

毎晩寝顔を覗き込んで呼吸をしているか確認していましたよ。

そんな小さな鼻が鼻水で詰まっちゃったときなんかは、子供の様子が気になって安心して眠れなかった思い出があります。

鼻が詰まると赤ちゃんも息苦しくて眠りが浅かったり、夜泣きをしたりしてしまいます。

しかも、フガフガいっていたり、おっぱいを飲むのも苦しそうで見ているだけでツラそう。

自分で鼻をかめるようになるのはまだ先なので、ママが対処してあげる必要がありますよね。

でも、大人だったらチーンと鼻をかめばすみますが、赤ちゃんだとどう解決してあげればいいんでしょうか?

そこで、今回は赤ちゃんの鼻づまりの原因や自分でできる解消方法などをまとめました。

スポンサーリンク

新生児の鼻はなぜ詰まりやすい?

鼻が詰まりやすい赤ちゃんの鼻が詰まってしまうのは、鼻水が上手く排出されないのと、鼻水が固まって鼻くそになって詰まってしまうからです。

なぜ、鼻水が排出されにくいかというと赤ちゃんの鼻の構造や生活スタイルに原因があります。

  • 鼻が小さく、低く、鼻腔も短いため、鼻水が溜まりやすい。
  • 大人と同じくらいの鼻水の分泌量がある
  • 少しの気温差やホコリで鼻水が出る
  • 仰向けに寝ていることが多いので、鼻水が排出されにくい

まだ首が座っていない新生児は仰向けに寝て過ごすことが多いので、鼻水が鼻の奥に溜まったままになってしまいます。

赤ちゃんの粘膜はまだ弱いので、ちょっとした刺激でも鼻水がでてしまうんですよね。

赤ちゃんの詰まりやすいのは鼻の構造上避けられませんし、首が座っていないうちは寝ていることが多いので、仕方がないと言えます。

でも、鼻づまりは悪いことばかりではなくきちんと鼻呼吸ができている証拠でもあるんですよ。

赤ちゃんは鼻から呼吸するたびに空気が鼻の粘膜に触れて刺激を受けることで鼻水が出てきます。

だから、鼻水がでるのは自然な反応なんですよね。

赤ちゃんの鼻が詰まる原因は?

新生児の鼻づまりの原因鼻水が大量に出るのには他の原因もあります。鼻水が数日続くときや、色がついているときにはウイルスによるものやアレルギーの可能性もあります。

気をつけた方がいい鼻水と、生活の中で自然に出てくる鼻水がありますので、見ていきましょう。

気温の変化

新生児の頃の赤ちゃんの粘膜はとても敏感。少しの気温差で粘膜が刺激されて鼻水が出ます。

大人でも、冬の寒い日に外に出ただけで鼻水が出たりしますよね。同じように赤ちゃんも気温の違う場所に行くとたらっと鼻水をたらしますし、大人よりも敏感に反応します。

気温の変化によるの鼻水はさらさらしているので詰まりにくく、出たら拭いてあげたりしてケアしてあげれば問題ありません。

次に気をつけてあげたい鼻水の原因を見ていきましょう。

風邪

風邪をひくと鼻に入ったウイルスを追い出すために、鼻水が大量に出ます。最初はさらさらした鼻水が出始め、2日くらいたつとネバネバした鼻水に変化します。

ネバネバした鼻水は放っておくと、固まってカピカピになってしまいますし、鼻の奥に留まると鼻を塞いでしまい赤ちゃんの呼吸が苦しくなってしまいます!

副鼻腔炎

鼻の中の空洞の部分を副鼻腔といい、そこに菌が入ってしまうことで膿んだり、炎症を起こします。赤ちゃんや子供は鼻の穴と副鼻腔が近く、菌が入り込みやすいんです。

副鼻腔炎になるとネバネバした鼻水が続くので鼻が詰まってしまいます。また、鼻水がだんだん黄色っぽくなってきます。

この黄色い鼻水には菌がたくさん含まれているので鼻水が出てもケアしないと菌が広がり、治りが悪くなることも。注意が必要です。

副鼻腔炎になると鼻づまりの他に鼻腔から異臭がしたり、頭痛や中耳炎を引き起こしてしまうこともあります。

アレルギー

さらさらした鼻水が出続けるのは、アレルギーによる反応の可能性があります。アレルギーによる鼻水は、無色・透明・さらさらが特徴なんです。アレルギーの原因はいくつかあります。

ハウスダスト
ホコリ
動物の毛
花粉
ダニ
カビ

赤ちゃんが鼻から空気を吸い込むときに、アレルギーの原因となる物質を吸い込んでしまうと、鼻の粘膜が腫れたり、原因物質を体から出そうと反応して鼻水が出ます。

部屋のホコリを取り除く、花粉を部屋に入れないなどの対策によってよくなる場合が多いです。

病院でアレルギー検査などもできるので、心配な方は検査をしておくと何が原因なのかがハッキリわかって安心ですよね。

鼻づまりの放置は危険!

鼻づまりの放置は危険たかが鼻づまりって思うかもしれませんが、新生児の鼻づまりを放置すると危険なんです!

呼吸が苦しい

新生児は鼻呼吸で呼吸しています。ですので、鼻が詰まってしまうと呼吸が苦しくて夜寝ない、不機嫌、夜泣きなどに繋がります。赤ちゃんがぐずってなかなか寝ないと、ママもあやしたり抱っこする必要があり、寝られませんよね。

喉を痛めやすい

鼻水が分泌され続けているにもかかわらず鼻が詰まって排出されないと、行き場のなくなった鼻水はノドの方に流れていってしまいます。ノドに流れてしまうと、ノドを痛めやすくなり咳き込んだりむせたりしてしまいます。

中耳炎になりやすい

鼻の奥に溜まった鼻水が耳の方に流れていってしまうと中耳炎を引き起こす可能性があります。中耳炎は内耳と呼ばれる耳の中に菌が入り込んでしまうことで炎症を起こす病気です。

赤ちゃんや子供は鼻腔から内耳までの距離が短いので、鼻水が内耳に流れやすく中耳炎を起こしやすいんです。

少しの鼻づまりだからと思ってケアしないでいると、中耳炎になってしまうことも。

中耳炎になると、突然の発熱や食欲不振、不機嫌などの症状があらわれたり、赤ちゃんがしきりに耳を触ったり、ママが耳を触るのをイヤがったりします。中耳炎かな?と思ったら、小児科ではなく耳鼻科にかかりましょう。

新生児の鼻づまり解消法!

鼻づまり解消法

ポイント

11個の赤ちゃんの鼻づまり解消法

  1. 吸引器を使う
  2. 綿棒を使う
  3. くしゃみをさせる
  4. 口で吸う
  5. 母乳点鼻
  6. 温める
  7. 入浴する
  8. 加湿器を使う
  9. 上半身を高くして寝る
  10. 縦抱っこをしてあげる
  11. 病院に行く

赤ちゃんの鼻づまりを放置しておくのは危険なことがわかったものの、あんなに小さな鼻をどうやってお掃除するの!?って思っちゃいますよね。

お家で簡単に実践できる鼻づまり解消法がいくつかあるんですよ。

ママのやりやすい方法を見つけてみてくださいね♪

吸引器を使う

鼻水の吸い出しは家庭でできます。専用の吸引器を使って赤ちゃんの鼻の奥に溜まっている鼻水を簡単に吸い出してくれますよ!使い方も簡単なので手軽に試せますし衛生的です。吸引器には手動と電動があり、どちらも新生児の頃から使えます。

綿棒を使う

綿棒を使って鼻についている鼻水を掻き出してあげましょう。鼻水の量が多く水っぽいととりにくいので、赤ちゃんの鼻を軽くモミモミしてあげると鼻水が動いて出てきやすくなりますよ。綿棒は奥まで入れないように気をつけてくださいね!綿棒のコットンの部分のすぐしたのあたりを持ち、鼻の中で粘膜に沿ってクルクルと動かしてあげましょう。

くしゃみをさせる

赤ちゃんが自分でくしゃみをすることで溜まった鼻水を出すことができます。くしゃみが出るようにママが刺激してあげましょう!まず、ティッシュの先をくるくるとネジってこよりにします。それを鼻の中でコチョコチョするように動かしてあげましょう。あまり奥に入れてしまうと痛かったり、気持ち悪かったりするので入口付近で動かしてあげましょう。

口で吸う

ママが口で吸い出してあげる方法もあります。鼻水を吸うなんて抵抗があるママもいるかもしれませんが、吸う力を調製できるので安心して行える方法なんですよ。

まず、吸い込む方と反対の赤ちゃんの鼻を指でふさぎます。右を吸い込みたかったら左の鼻の穴、左を吸い込みたかったら右の鼻の穴ですね。ママは吸い込みたい方の鼻に口を当てて吸い込んであげます。吸い込んだ鼻水には雑菌がいるので終わったら吐き出して必ず口をすすぎましょう。

この方法は簡単に行えますがママも移ってしまう可能性があります。風邪やウイルスによる鼻づまりの時は控えた方がよいでしょう。

母乳点鼻

母乳で育てているママは母乳点鼻ができます。母乳には免疫物質や抗炎症作用があるんです。赤ちゃんの鼻に入れても安心ですよね。

やり方も簡単!まず、スポイトやお弁当に入れるお醤油のケースなどで、ママの母乳を吸います。これを寝かせた赤ちゃんの鼻に片側1、2滴垂らしてあげるだけ!

注意点は必ず搾乳したての新鮮な母乳を使うこと。また、ミルクでは代用できませんので、やらないでくださいね!

温める

血行が悪いと鼻が詰まりやすくなるので、温めてあげて通りをよくしてあげましょう。

人肌よりも少し温かいくらいの温かいお湯にタオルやガーゼをつけてよく絞ります。それを、鼻の上に当ててたり、鼻の下に当ててたりして温めてあげましょう。

入浴する

入浴すると体が温まって血行がよくなると鼻の通りがよくなります。また、お湯の湿気で鼻の奥に詰まった固い鼻くそも柔らかくなります。

お風呂に入る方法は一日一回しか使えませんが、お風呂に入った後に綿棒や吸引器で吸い出すと普段よりもよくとれます!

ぜひ、試してみてください。鼻が詰まりやすい子はお風呂上がりに吸い出すのを日課にしてもよいかもしれませんね。

加湿器を使う

乾燥しすぎていると、すぐに鼻水が乾いてカピカピになってしまいますし、詰まりやすくなります!新生児にとって部屋の湿度はとても大切!

部屋の湿度を50~60度に保ってあげると快適です。加湿器を使ったり、濡れタオルを近くにかけてあげたりして湿度を保ってあげましょう。湿度を保ってあげることで、冬場の風邪やインフルエンザ予防にも役立ちますよ。

上半身を高くして寝る

首を動かしたり、寝返りをうったりできない赤ちゃんは鼻が詰まって苦しくても自分で姿勢を変えられませんよね。

頭が低いと鼻の奥に向かって鼻水が流れていってしまうので、上半身を少し高くして寝かせてあげましょう。

折りたたんだタオルなどを赤ちゃんの背中あたりに入れてあげるとよいでしょう。そうすることで、鼻水が鼻の外に流れやすくなるので安心。

ただし、垂れて鼻の下がカピカピになって肌荒れを起こしたり、口に流れ込んで咳き込んだりすることもあります。鼻が垂れていたら拭いてあげるなど、ママは気をつけて見ていてあげましょう。

縦抱っこをしてあげる

縦に抱っこしてあげることで鼻の奥の鼻水が出やすくなります。さらさらした鼻水は抱っこをしてあげるだけでも垂れてきたりするので、赤ちゃんも呼吸がしやすくて楽になるんですよ。

▼参考 【新米ママ必見!】授乳時の赤ちゃん(新生児)の正しい抱き方

病院に行く

鼻づまりで病院に行くなんて大げさ!と思うママもいるかもしれません。いろいろホームケアで試してみたけれど、鼻づまりが解消されないときは病院に行ってみてください。

耳鼻科にいくと強力な吸引器で鼻水を吸い出してもらえますし、鼻づまりによい点鼻薬や薬を処方してもらえます。

病院で吸い出してもらうと、こんなにたくさんでるんだ!ってビックリするくらいでます。うちの子もそうでしたよ!スッキリして呼吸も楽になるし、よく寝てくれるようになりますよ。

小児科では鼻水の吸引器を置いていないことがあるので、耳鼻科がおすすめです!

吸引器は手動と電動どちらがよい?

赤ちゃんの鼻水を吸い出してくれる吸引器が1つあると便利で安心です。

でも、手動と電動があるし、価格もだいぶ違うのでどちらを選んだらよいのかな、と思いますよね!

買ってみて使いにくかったり、うまくできなかったらイヤだし!と思うママもいるんじゃないでしょうか?

吸引器の種類には3種類あります。

スポイト
スポイトで吸い出すタイプです。手軽に持ち運べて安価です。吸引力が弱いので、大量に鼻水が出ているときには不向き。

ストロー
先端を赤ちゃんの鼻に入れ、もう一方からママが鼻水を吸い上げます。吸い上げるとはいえ、ママの口には鼻水は入ってこないので衛生的です。ただし、ネバネバした鼻水は吸い上げにくいです。

電動
ストロータイプの電動式です。電動なので吸引力があり、ネバネバした鼻水や大量の鼻水も吸い出してくれます。他の2つに比べて大きくて値段も高いです。

スポイト、ストロータイプは価格も安くてお手頃です。また、コンパクトなので軽くて持ち運びも楽。

旅行や実家への帰省などでもかばんに入れて持ち帰ることができます。洗いやすいので衛生的ですし、汚れてきたと思えば買い換えもできます。

ただし、吸い込む力は弱いので何度も根気よく行う必要があります。ネバネバした鼻水はなかなかとれない心づもりは必要かもしれません。

一方、電動式は吸引力を調製できるので、ネバネバした鼻水もスッキリとれます。

ただし、数万円しますので気軽に買えるお値段ではないことと、手動のものと比べると大きく重いので持ち運びには不向きです。

何度も耳鼻科に通ったりする労力や手動でなかなかとれずイライラすることを考えると、安い買い物かもしれません。

鼻詰まりがひどい赤ちゃんや中耳炎などが心配な場合は家に1台あると便利。大人まで使えますので、鼻がまだ上手くかめないお子さんがいる場合も一緒に使えますよ。

どちらを買えばよいか迷う方は、まずは手動のストロータイプを試してみてはいかがでしょうか?

手動のストロータイプは吸い込む力を調製できますし、吸い込むのが苦しくなければ電動を買う必要はありません。

ストロータイプを試してみて、自分の吸うのが苦しかったり、なかなかとれなかったりする場合には電動を購入してみるのがおすすめですよ。

鼻水が出たらこまめにケアを!

産院で沐浴のやり方を教えてもらったときに、お湯から上がったら必ず鼻と耳は綿棒でキレイにしてあげましょうと教わりました。

新生児の鼻は詰まりやすくこまめにお掃除してあげることが大切だからだそうです。

たかが鼻づまりですが中耳炎などの病気になってしまったら赤ちゃんもかわいそうですよね。

鼻詰まりはこまめなケアで解消してあげることができるので、ぜひお家で試してみてください。