授乳左右均等

出産直後、ママがどんなに疲れていても始まるのが母乳やミルク。

お産後の体がへとへとに疲れているときでも、朝も夜も三時間おきに授乳しなければいけないんだ!とびっくりした記憶があります。

新生児の頃はうまく乳首が吸えないし、母乳を飲んでもらえなくて詰まってしまったりと悪戦苦闘した思い出があります。

産院では左右交互、均等に時間を計って飲ませてください!と言われますが、赤ちゃんが途中で寝てしまったり、好きな方のおっぱいばかり飲み続けたりして難しいこともありますよね。

赤ちゃんが母乳をどれくらい飲んでいるかって目で見てわからないので、授乳時間って1つの目安ですよね!

そこで、月例別に母乳の授乳時間をまとめてみました!

交互に授乳することのメリットは?

 母乳左右メリット

ポイント

交互に授乳するメリットは5つあります。

  1. 母乳の分泌量が増える
  2. 乳腺炎になりにくい
  3. 乳頭を傷めにくい
  4. 新鮮な母乳を与えられる
  5. 母乳を長く飲んでもらえる

産院では、3分や5分など時間を決めて左右交互のおっぱいを入れ替えて授乳するように指導されます。中には、1回の授乳で2往復、3往復をおすすめしているところもあるようです。

交互に授乳することのメリットはどんなものがあるのか見ていきましょう。

母乳の分泌量が増える

母乳はひんぱんに乳首を刺激されることで分泌されやすくなります。なので、交互に均等に母乳を与えることが大切です。片方ばかりあげていると、どちらか一方ばかり吸われることになりますよね。

母乳の分泌がよくなるためには頻繁に飲んでもらうことが必要で、長時間飲んでもらえばいいというものではないんです。母乳の量が少なくて悩んでいるママは、左右均等に入れ替えながらひんぱんに刺激を与えるとよいでしょう。

乳腺炎になりにくい

左右のおっぱいを入れ替えることなく同じ方ばかりをあげていると、反対側のおっぱいは生産されても飲んでもらえません。過剰生産された母乳は乳房の中で溜まってしまい詰まったり、乳腺炎の原因となります。左右均等に飲んでもらうことで、どちらか一方に溜まりにくくなりますよ。

乳頭を傷めにくい

同じ乳首を長時間吸わせていると乳首に傷がついてしまったり、ひどい方だとカンジダ感染になったりします。赤ちゃんに長時間乳首を吸わせていると、乳首の皮がだんだんふやけてくるので傷がつきやすいんです。傷がつくと授乳のたびに痛くて大変ですよ。交互に入れ替えることで皮がふやけるのを防いでくれるので傷がつきにくいです。

新鮮な母乳を与えられる

母乳は2〜3時間でどんどん生産されていきます。もし、片方のおっぱいばかりを吸わせていて、反対側のおっぱいが長時間放置されていると赤ちゃんは古い母乳を飲むことになります。

古い母乳はドロドロしていたり、黄色がかっていたり、しょっぱかったりとあまりおいしくないようです。左右交互に授乳することで、どちらか片方に古い母乳が溜まることなく排出され、赤ちゃんはいつでも新鮮な母乳を飲むことができます。

母乳を長く飲んでもらえる

どちらか片方ばかり飲んでしまうとよく飲む方の乳房は発達し母乳の分泌がよくなります。一方、飲んでもらえない方の乳房は母乳の分泌が悪くなってしまうんです。

使わないと体の機能って落ちていくんです!なので、飲んでもらえなくなると母乳がドロドロしたりまずくなったりするので、赤ちゃんが嫌がります。

母乳がおいしくない!と思ってしまうと、離乳食が始まった頃には母乳を飲むのを拒否する赤ちゃんも。離乳食が始まるのは5ヶ月〜6ヶ月くらいなのでずいぶん早く母乳を卒業することになってしまいます。

左右交互に飲ませているとどちらの乳房でも新しい母乳が作られ味が落ちることがありません。また、どちらか一方の分泌が著しく落ちてしまうということもないので長く母乳を飲んでもらえます。

▼参考 実は授乳中も必須!葉酸はいつまで摂取するべき?

月齢別の最適な授乳時間は?

月齢別授乳時間

ポイント

【月齢別の授乳時間】

月齢があがるほど授乳時間も延びていきます。

  • 新生児:左右合わせて5〜10分
  • 生後2ヶ月:左右合わせて10〜15分
  • 生後3ヶ月:左右合わせて20分
  • 離乳食開始後:左右合わせて10分
  • 三回食開始後:左右合わせて10分

月齢によって授乳時間が異なります。新生児の頃はまだ少ししか飲めないので時間は短いですが、月齢があげるほど飲む量がふえていくので授乳時間も延びていきます。

新生児の授乳時間

■新生児の最適な授乳時間:左右合わせて5〜10分

生後1ヵ月以内は新生児と呼ばれる時期です。この時期はまだ哺乳の力が弱く上手に母乳が飲めません。一旦飲み始めても疲れてしまってすぐ眠ってしまいますし、量もたくさん飲めません。

母乳育児での授乳間隔の目安は1~2時間です。授乳回数は1日10回~12回が目安ですが、新生児の頃は欲しがったら欲しがった分だけあげましょう。1回の授乳時間は左右合わせて5~10分くらいです。

私の出産した病院では、赤ちゃんが飲んでも飲まなくても片方5分ずつは吸わせましょうということでした。

産まれたばかりの頃は、母乳の出も悪いこともあり乳首を刺激して母乳を出すためにも最低5分ずつ吸わせることを推奨していましたよ。

赤ちゃんによっては疲れて寝てしまったりするので、足の裏を押したり、脇の下の肋骨の辺りをくすぐったりして起こしながら吸わせてくださいね、ということでした。


生後2ヶ月

■生後2ヶ月の最適な授乳時間:左右合わせて10分〜15分

生後2ヶ月をすぎると、赤ちゃんも上手に母乳を飲めるようになってきます。夜も3時間くらい眠るようになるので、夜間の授乳の回数が少し減ってきますね。それでも、日中はお腹がすいた分だけ飲みたがるので、授乳回数は8~10回が目安です。授乳時間は左右合わせて10分〜15分です。


生後3ヵ月

■生後3ヶ月の最適な授乳時間:左右合わせて20分

生後3ヶ月をすぎると1回に飲める母乳の量が増えます。左右10分ずつくらいが目安です。この頃になると満腹中枢が発達してくるので、お腹がいっぱいになる感覚がわかってくるようになります。お腹いっぱいになるまで飲み続ける子もいれば、ある程度飲んで満足する子など飲み方に個性も出てくる頃です。授乳回数は1日6〜8回ほどですが、それよりも多くても心配はいりません。


離乳食開始後

生後5ヶ月頃になってくると離乳食が始まります。離乳食が始まってからの授乳は4時間おきで1日6回ほどが目安です。離乳食を食べて喉が渇いたら水分代わりに飲ませてあげるといいですね。吸う力がぐんと強くなって飲める量が増えるので、1回の授乳時間は左右合わせて10分ほどになります。


三回食開始後

三回食が始まると食事から必要な栄養をとれるようになりお腹もいっぱいになるので授乳回数は減っていきます。だいたい1日5〜6回で、授乳時間は左右合わせて10分ほどです。昼間は食後や喉が渇いた時に欲しがり、夜寝る前や夜間に数回という感じになります。

▼参考 実は授乳中も必須!葉酸はいつまで摂取するべき?

片方のおっぱいを切り上げられないときは?

片方のおっぱい片方を5分くらいで切り上げましょう、と言ってもおっぱいを離そうとしないことがありますよね。

無理矢理離そうかなと思って体を引いてみても、まるでたこの吸盤のようにすごい力で乳首に吸い付いてきますよね!

引っ張ってとれないときは、乳首に吸い付いている赤ちゃんの口の端にママの指を入れて、そのままそっと乳首を押してみましょう。するっと抜けますよ。

そのほかにも赤ちゃんの鼻をつまむママもいるようです!鼻をつまむと苦しくて口呼吸になるため乳首から口を離そうですよ。

見ているとちょっとかわいそうと思う方法ですが、ちゃんと口を離すので大丈夫だそうです。

赤ちゃんが片方ばかり飲み続けるとき

左右交互に授乳

ポイント

赤ちゃんが片方のおっぱいを20分以上飲み続けている場合はいくつか原因があります!

  • うまく飲めていない
  • 母乳の出が悪い
  • 不安感な気持ちになっている

赤ちゃんが長時間飲むと乳首を傷つける原因にもなります。赤ちゃんが飲み続ける原因を取り除いてあげましょう。

赤ちゃんが片方のおっぱいを長時間飲んでいるときは、おっぱいから離れない原因があります。

うまく飲めていない

赤ちゃんが母乳をうまく飲めていないときには、いつまでも吸い付いていて離れません。お腹がいっぱいにならないんですね。うまく吸えない原因は赤ちゃんが乳首をくわえる角度が悪かったり、体がねじれていてうまく飲み込めないなどです。

ママは、授乳の時に赤ちゃんの体がまっすぐになるように抱っこしてあげましょう。体がねじれていたり、まっすぐでないと赤ちゃんの食道もねじれて母乳を飲み込みにくくなるんです。

また、赤ちゃんが奥までしっかりと乳首をくわえ込めるようにしてあげましょう。ママの乳輪が見えなくなるくらいしっかりくわえ込むのがポイントです。

また、母乳が出過ぎていてうまく飲めないこともあります。その場合は、授乳前に少し搾乳してみましょう。

その他に、途中で吐き戻しをしてしまう赤ちゃんも長時間おっぱいから離れなくなります。吐き戻してしまうときには、途中でゲップをさせてあげたり、縦抱きにしてあげると落ち着いて飲めるようになりますよ。

母乳の出が悪い

母乳の出が悪いときにも赤ちゃんが満腹になるまで時間がかかってしまいます。母乳の出が悪いときは、体を温めて結構をよくしたり、おっぱいをホットタオルで温めたりしてみましょう。おっぱいのマッサージをしてみるのもよいですね。特に、冬場は寒さで体が縮こまることで、おっぱいの出が悪くなりやすいんですよ。

また、おっぱいが詰まっていると母乳の量が減り飲みにくくなります。いつも同じ方向や抱き方で授乳していると、飲み残しによってつまり安くなります。抱き方を変えてみると違う角度から吸ってもらえるので詰まりにくくなりますよ。

【授乳のやり方】

  • 横抱き:赤ちゃんを横向きに抱き授乳します。
  • 縦抱き:赤ちゃんの首をしっかり押さえて縦に抱っこします。乳首をしっかりくわえこめる姿勢です。
  • フットボール抱き:赤ちゃんを小脇に抱え、横から頭だけだして乳首を吸わせます。吸い付きが苦手な赤ちゃんにおすすめです。
  • 四つん這い:赤ちゃんを床に寝かせて四つん這いで授乳します。おっぱいが重力で引っ張られるので乳房全体から母乳がでます。詰まりやすいままにおすすめです。

不安感な気持ちになっている

赤ちゃんが不安を感じているときは、おっぱいを触って安心しようとします。そのため、お腹がいっぱいでもおっぱいに吸い付いては離れようとしないんです。母乳の出に問題がないときやしっかり飲めていそうなのに、長時間吸っているときは不安感を感じている可能性があります。

赤ちゃんに「大丈夫だよ〜」とか「お腹いっぱいになったかな?」などママが声をかけてあげるといいでしょう。ぎゅっと抱きしめてあげたり、ママの肌に密着して抱っこしていると赤ちゃんも安心してくれますよ。

他にも、オムツが濡れて気持ちが悪いときなど、不快な感覚をごまかすために長時間おっぱいから離れないこともありますよ。

好きな方ばかり飲んでしまうときは?

ポイント

同じ方のおっぱいばかり飲んでしまう原因は、

  • 反対側のおっぱいの出方がキライ:勢いよく出る、量が出ないなどおっぱいの出方には好みがあり、同じ方ばかりのもうとします。
  • 陥没などで吸いやすさに違いがある:乳首の陥没や変形などで吸ってもなかなか出なかったり、吸い付きにくかったりするとできるだけ飲みやすい方のおっぱいにしようと同じ方ばかりになることがあります。
  • ママの抱き方が左右で違う:利き手じゃない方で抱っこするときは力が弱いので、赤ちゃんの頭や体が下がってしまいうまく乳首をくわえられないことがあります。

左右均等に飲んでもらうには、

「嫌いな方・飲まない方のおっぱいから授乳する」です!

同じ方のおっぱいばかり飲んでしまう赤ちゃんもいます。うちの子もそうだったので、片方のおっぱいばかり出がよくなってしまい乳房の大きさがまったく違ってしまいました。

何で同じ方向ばかりなんだろう!と疑問でしたが、赤ちゃんにとっては飲みやすさや好みがあったんですね。

同じ方ばかり飲んでしまう原因には次のようなものがあります。

  • 反対側のおっぱいの出方がキライ
  • 陥没などで吸いやすさに違いがある
  • ママの抱き方が左右で違う

反対側のおっぱいの出方がキライ

左右で母乳の出方が違う場合、右が好き!左が好き!などの好みが出ます。母乳が出なさすぎてこちら側はキライ!と言う子もいれば、出過ぎて飲みにくい!と感じている子もいます。

でなさすぎであれば、最初にそちら側から飲んでもらい時間も少し長めにしておくとよいでしょう。

出過ぎる場合は授乳前に絞っておき、反対側のから先にあげるようにしましょう。赤ちゃんがよく出る乳房が好きでそちらばかり飲んでいると、乳房で生産される母乳の量が左右で変わってきます。

よく飲む方ばかり生産され、おっぱいも張ってしまうので左右均等にあげられるように工夫してくださいね。

陥没などで吸いやすさに違いがある

乳首の形が変形していたり、陥没していると赤ちゃんも吸いにくく吸いやすい方のおっぱいばかり飲んでしまいます。乳首の陥没や変形があるときは、産院や助産師さんに相談してみましょう。また、抱き方によって赤ちゃんの飲みやすさも変わってきます。

横抱きではなかなか飲んでくれないけど、縦抱きにしたらちゃんと左右飲んでくれるようになった!ということもあるので、抱き方を変えて試してみてくださいね。

ママの抱き方が左右で違う

ママの抱き方が左右で違っていると赤ちゃんは好きな方で抱っこしてもらおうとします。また、ママにとっても自分の利き手側で抱っこする方が楽なので、つい無意識に同じ方のおっぱいばかり授乳をしてしまうことがあります。

利き手じゃない方は、どうしても力が少し弱くなるので利き手側よりも赤ちゃんの頭が下になったり、変な力が入ってまっすぐに抱っこできていないということもあります。大変ですが、ママはできるだけ左右均等に抱っこできるように角度や高さなどを調整しながら授乳してみましょう。

左右均等に飲んでもらうためには、おっぱいの出方を調整したり、抱き方を変えたりして工夫することに加えて、

嫌いな方・飲まない方のおっぱいから授乳をしましょう!

まずは、赤ちゃんが飲みたがらない乳房から授乳を始めて、目安の時間まで飲んでくれたら反対側に移るようにしてみましょう。赤ちゃんが目安時間まで待てずに反対側を欲しがる場合もあります。

そのときには、再度最初のおっぱいに戻って左右の授乳量ができるだけ均等になるようにしてみるとよいですよ。

左右均等に授乳しましょう

うちの子供は右のおっぱいばかり飲んでいました!何が違うのか私はわからなかったのですが、右のおっぱいを気に入って集中して飲んでいたので、それでいっか!って思っていました。

でも、それを繰り返しているうちに右の乳房ばかりが発達してしまい、右と左の大きさが全然違うことに!右の方が張りやすくてよく詰まるようになってしまいましたよ。

しかも、断乳のときには右の乳房がそれまでの3倍くらいに膨れ上がってしまい、こんなに痛いものなのかと痛みに耐えた思い出があります。

片方を長時間吸わせていると、断乳のときの痛みがつらいと助産師さんに聞き、ちゃんと左右交互にあげていればよかった!と思いましたよ。

自治体の保健センターなどで片方を長時間吸わせる授乳法を進めているところもあるそうですが、こまめに左右を変えて授乳する方が赤ちゃんにとってもママにとってもよいでしょう。

月齢別の授乳時間を見ながら、よいタイミングでおっぱいを入れ替えて授乳してみてくださいね。

▼参考 授乳中に食べてはいけない食べ物は?赤ちゃんの発育にも影響する?

▼参考 交互に均等がベスト?赤ちゃんに左右の母乳を与える最適な授乳時間