赤ちゃん睡眠

赤ちゃんが生まれたら添い寝がいいのか、ベビーベッドがよいのか悩みますよね。添い寝をしているときに赤ちゃんに乗っちゃったらどうしよう?と思いますし、一人で寝かせていると寝ている間に何かあったらどうしよう?と心配になっていまいますよね。

添い寝をするときには気を付けるポイントがいくつかあります。ポイントを押さえておけば危険を事前に防ぐことができますよ。

スポンサーリンク

添い寝のメリット・デメリット

ポイント

添い寝にはメリットとデメリットがあります。

  • メリット
    • 赤ちゃん→情緒が安定する。安心する。ぐっすり眠れる。
    • ママ→授乳が楽。赤ちゃんの変化にすぐ気づける。
  • デメリット
    • 窒息や圧死の危険性がある。SIDSの可能性も。
    • 添い寝には危険性があることも考慮しながら正しいポイントを押さえて行うことが大切です。

添い寝のメリット2つ

欧米では赤ちゃんと親のベッドを別にすることで自立を促す一方、日本では昔から添い寝をする習慣がありますよね。実は、この添い寝には赤ちゃんにもママにも大きなメリットがあるんです。

メリット1 赤ちゃんが安心して情緒が安定する

ママのお腹の中で約10ヶ月間過ごしてきた赤ちゃんは、外の世界の刺激にはまだ慣れていません。そんなときに慣れ親しんだママの匂いや温かさが近くにあると安心できるんです。まだ言葉の話せない赤ちゃんの一番のコミュニケーションはスキンシップ。赤ちゃんにとってはママが横にいてくれるととても安心しぐっすり眠れます。

メリット2 ママは添い乳が楽

赤ちゃんはお腹が空いたら泣くので夜でもお構いなしですよね。添い寝をしていると夜中に赤ちゃんが泣いた時、すぐに添い乳ができるのでママの負担も軽減されます。ミルクで育てているママは関係ないと思うかも知れませんが、添い寝することで赤ちゃんが泣きだす前に気配を察知することができます。

また、赤ちゃんのすぐ横で添い寝することで、赤ちゃんの様子や変化に気付きやすくなります。病気の時などは安心ですよね。

▼参考 夜泣き放置は赤ちゃんの将来に危険が!不登校児や引きこもりの可能性も?

添い寝のデメリットは?

メリットの多い添い寝ですが、一方ではデメリットもあります。例えば、赤ちゃんが布団や大人の体によって口が塞がれて窒息してしまったり、大人の体が赤ちゃんの上に乗ってしまい圧死に繋がるなどの危険があります。

また、スウェーデンやアメリカなどでは、添い寝をすることでSIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクが高まるという研究結果が出ています。

元気な赤ちゃんが何の前触れもなく突然亡くなってしまう、そんな悲しい出来事は避けたいですよね。

ただ、SIDSのはっきりした原因はわかっていません。ママの喫煙やうつぶせ寝、添い寝することで大人の体温が赤ちゃんに伝わって体温が上がりすぎたり、大人の吐く息で二酸化炭素濃度が上がることなどが原因ではないかと言われています。ベッドで寝ている赤ちゃんでもSIDSで亡くなるケースもあり、添い寝が直接的な原因とは言えません。

危険もあることを考慮しながら添い寝のポイントを抑えていくことが大切ですね。安全に配慮すれば危険な事故は事前に防ぐことができますよ。赤ちゃんとの添い寝をするときのポイントを見ていきましょう。

▼チェック 突然死の危険性は?赤ちゃんのうつぶせ寝で知っておくべき8つのポイント

布団での添い寝はいつから?

ポイント

布団での添い寝の目安は1か月検診後です。

気を付けるポイントは、

  • ベビー用の掛布団と固めの敷布団を使用
  • 周辺環境を整えること
  • 赤ちゃんの寝る位置に注意する

いつ頃から添い寝をしてもよいのか気になりますよね。生まれた直後から添い寝しているよ!というママもいますよね。

病院や助産院でも添い寝を勧めているところもあり、目安としては1ヶ月検診を終えたあたりから添い寝を始めています。

それでは、実際に添い寝をしていくときのポイントを見ていきましょう。ベッドと比べて布団での添い寝は取り入れやすいんですよ。

ポイント1 ベビー用の掛け布団と固めの敷き布団

大人用の掛け布団は赤ちゃんには重すぎたり、添い寝することで布団が顔にかかってしまうことがあります。夏はベビー用のタオルケット、冬はベビー用の肌掛け布団を使用しましょう。また、柔らかすぎる布団は赤ちゃんの顔が沈んでしまう危険があります。寝ても沈み込まない布団を選びましょう。

ポイント2 周辺環境を整える

倒れてくるものを布団の周りに置かないように周辺の環境と整えましょう。赤ちゃんにぶつかるような位置にものを置かないように。タンスなどが近くにある場合には地震対策をしておくと安心ですね。

ポイント3 赤ちゃんを寝かせる位置に注意

家族みんなで布団を敷いて寝ている場合は、赤ちゃんを寝かせる位置に注意します。赤ちゃんは一番壁際に寝かせその横にママが寝ます。その向こう側にパパや兄弟が寝るようにしましょう。

ママは女性ホルモンの影響で、赤ちゃんの声や様子で目が覚めますが、パパや子供たちは赤ちゃんの顔に手が乗ったりしても気がつかない可能性があるんです。窒息や圧迫の危険を防ぐために寝る位置に気をつけましょう。

ベッドでの添い寝はいつから?

赤ちゃんベビーベッド

ポイント

ベッドでの添い寝は布団よりも注意が必要です。固めのマットレスを使用し、首が座って寝返りができる頃がおすすめ。気を付けるポイントは、

  • マットレスは固めを使用する
  • ベッドからの落下に注意する

ベッドで添い寝する時は布団よりも注意して行いましょう。なぜなら、一般的なベッドは柔らかいマットレスを使っており、寝た時に体が沈み込むようになっています。ママの寝返りや立ち上がる時の振動で赤ちゃんが沈み込んでしまうことがあるんです。赤ちゃんとベッドでの添い寝する時には硬いマットレスを使うようにしましょう。時期としては、首が座って寝返りができるようになる頃であれば安心ですね。

ベッドでの添い寝のポイント2つ

ライフスタイルによってはベッド派のママもいますよね。ベッドの方が床から高いので暖かかったり、埃がたまりにくいなどの利点があります。それでは、ベッドでの添い寝のポイントを見ていきましょう。

ポイント1 固めのマットレスを使用する

マットレスは沈み込まないタイプを使用すると安心です。ママが寝返りをうったり、起き上がった時に赤ちゃんに振動が伝わらない程度の固さを選びましょう。

ポイント2 ベッドからの落下に注意

ベッドでの添い寝の時には赤ちゃんが落ちないように環境を整えることが大切です。ベッドを壁際につけて隙間をなくしたり、メッシュガードで柵をつけるなどして赤ちゃんの落下を防ぎましょう。

ベビーベッドをベットにくっつけて添い寝する方法もあります。赤ちゃんのベッドは硬めに作られているので、まだ寝返りがうてなくても添い寝ができますよ。赤ちゃんが落下しないようにベッドとベッドの隙間を作らないように気をつけてくださいね。

▼チェック⇒ 【ベストセラー】大人気のベビーベッドを見てみる

添い寝は正しいポイントを押さえて

スキンシップは赤ちゃんの心を育む大切な手段です。

添い寝をすることで赤ちゃんの安心感や情緒が安定するなんてステキですよね。ママにとっても添い寝をしながら赤ちゃんの寝顔を見られるのは幸せなひと時ですよね。添い寝をするためのポイントを押さえておけば危険な事故は防げますよ。