赤ちゃんとグリーン車里帰り出産や帰省など長距離の移動は新幹線というママも多いですよね。

でも、赤ちゃんを連れて新幹線に乗るとなると泣いたりぐずったりして周りに迷惑をかけるのではないかと心配です。

普通の電車であれば、困ったときには途中下車して赤ちゃんを落ち着かせたり、気分転換させたりすることが可能ですが新幹線だとそうはいきませんよね。

行き先が決まっていて、一度乗ると長時間の乗車になる新幹線。赤ちゃんもママも周りの乗客も快適に乗車するためにはどうしたらよいのでしょうか?

赤ちゃんと一緒に新幹線に乗るときのポイントを見てきましょう。

赤ちゃんと新幹線に乗るときのポイントは?

赤ちゃんとの新幹線赤ちゃんと新幹線に乗るときに一番気になるのは、赤ちゃんが泣いちゃうことですよね。泣いてしまって周りに迷惑をかけないようにするには「事前の準備」が大切です。

赤ちゃんにとって新幹線は普段と違う雰囲気なので、赤ちゃんも慣れないですよね。なので、赤ちゃんが安心して乗れるように事前に調べて準備をしていきましょう!

赤ちゃんと一緒に新幹線に乗るときのポイントは、

  • どの座席にするか?
  • どの車両にするか?
  • 持ち物やベビーカーはどうする?

です!

長時間での新幹線の移動では赤ちゃんのすごす座席の位置をどこにすればいいのか迷いますよね。

赤ちゃんと新幹線に乗るとなると授乳やおむつ替えで頻繁に立ち上がりますし、ぐずったときにもデッキに行く必要があります。

なので、すぐに立ち上がれること、デッキに出やすいこと、オムツ替えや授乳ができる場所に近いことが大切ですよね。

他にもベビーカーや荷物が多い場合はスムーズにたどり着ける席で荷物の置けることもポイントです。

自由席と指定席のどちらがよい?

新幹線に乗るときのおすすめは絶対に「指定席」です。

自由席は始発駅でない限り座れない場合があります。平日の昼間の時間帯であれば自由席でも座れる場合がありますが赤ちゃんを連れている場合、3人連れの真ん中の席しか空いていなかったりすると荷物も多いし、ベビーカーを持っていると置き場にも困りますよね。

自由席のチケットで乗車しても指定席が空いていたら、車内で指定席券を購入してすわることもできますが、確実に空いている訳ではないのでおすすめは指定席を確保してからの乗車です。

赤ちゃん連れの新幹線でおすすめの席は?

赤ちゃんとの新幹線の座席

指定席を取るとしてどの車両とどの席がよいのでしょうか?

赤ちゃんと一緒に乗車するときには、

  • ベビーカーや抱っこひもなど荷物が多い
  • 授乳が必要ある
  • オムツ替えをする必要がある
  • 泣いたりぐずったときにデッキに出たい

など荷物の置き場所が必要だったり、立ち上がってすぐに移動できるような座席が必要です。

それが満たされる座席を確保するには、希望の座席を前もって確保しておきましょう!

赤ちゃんとの新幹線でおすすめの座席はどこでしょう?

もっともおすすめなのは「多目的室のある号車の前後の車両の最前列もしくは最後列の通路側」

新幹線には多目的室という便利な個室があります!これはもともと病人などが出たときに使用される個室ですが、赤ちゃん連れの場合、授乳やオムツ替えなどで利用することができるんです。

多目的室は前もって予約することはできず、普段はカギがかかっています。使用したいときは車掌さんにカギをあけてもらって使用します。2〜3人が座れるような広さの座席があり、ベッドに変化します。

この多目的室は何号車にあるのか、車両によって異なります。指定席を予約するときに、多目的室が何号室にあるのか確認しましょう。

多目的室は赤ちゃんがぐずりそうなタイミングやおむつ、授乳のタイミングの少し前に車掌さんに声をかけてカギを開けてもらいます。この時、タイミングよく車掌さんが捕まらないこともあるので余裕を持って行動しましょう。

また、多目的室の近くのトイレは他の車両のトイレよりも広かったり、オムツ替えシートが設置されているところが多いです。多目的室が使えないことを考えて、トイレの位置も確認しておきましょう。

多目的室の前の車両の最後列か、後の車両の最前列が狙い目です。最前列や最後列はデッキにもでやすいですよね。最前列は他の座席よりも前のスペースが広いので荷物が多い赤ちゃん連れには安心ですよね。

また、最後列は後ろにベビーカーが置けるようになっているのでベビーカーを持っているときは最後列がおすすめです。

車両によっては最後列の3列シートが2列になっていて、そこがとれれば3列目のところに畳まずにベビーカーを置けることもあるそうです!そこがとれると楽ですよね。

また、赤ちゃんを連れて立ち上がることが多くなるので通路側の席がよいでしょう。家族で移動する場合は2列シートを家族で押さえておくと周りに気兼ねなく立ち上がったり移動できるのでおすすめです。

他にも比較的乗客が少なくなる時間帯がおすすめです。土日よりも平日の方が乗客が少ないですし、通勤の時間帯を避けた9時〜15時くらいの時間帯がおすすめです。

多目的室の近くの座席は赤ちゃん連れのママや家族に大変人気なのですぐに埋まってしまいます。新幹線の指定席の予約は乗車1ヶ月前からできるので予約は早めにしましょう!

赤ちゃんにグリーン車はNG?

指定席の中でもグリーン車だと座席も広くてフカフカで落ち着いて乗れますよね。でも、赤ちゃん連れでグリーン車ってどうなんでしょう?

大人にとっては快適なグリーン車ですが、実は赤ちゃんにはおすすめできません!

なぜなら、グリーン車に乗るのはこんな人が多いんです。

  • ビジネスマンの人や仕事に集中したい人
  • 静かに過ごしたり寝たい人
  • ゆっくり過ごしたい人

グリーン車の座席は、自由席や他の指定席よりも高いですよね。グリーン車に乗車する人は高いお金を払ってでも快適に過ごしたと思っています。

そんな中、赤ちゃんが泣いたり、ぐずったりして周りに迷惑をかけるとなるとママの精神的負担が大きいかもしれません。

グリーン車の席をとったもののほとんどの時間をデッキで過ごしたなんてママも。高い料金を払って乗る車両なので、他の車両よりも乗客の人の視線が気になるかもしれません。

また、グリーン車の座席は肘掛けがついていて赤ちゃんを抱っこして乗るときにぶつかったり、フットレストがついているので足下に荷物が起きにくかったりします。

なので、赤ちゃんとのグリーン車の乗車は避けた方が無難だと言えます。

赤ちゃんと新幹線に乗るときの持ち物は?

赤ちゃん新幹線持ちもの

赤ちゃんと新幹線に乗るときは必要な荷物を揃えて出かけましょう。

  • 授乳ケープやストール
  • 飲み物やお菓子
  • おもちゃ
  • 抱っこひも
  • ベビーカー

多目的室やトイレが使えない場合は座席で授乳します。その時、授乳ケープやストールがあると便利です。

乗車してすぐに授乳すれば赤ちゃんが寝てしまうことも多いので、座席で授乳できるといいですよね。

赤ちゃんがぐずったり泣いたりしたら、赤ちゃんの好きな飲み物やお菓子で機嫌を取りましょう。いつもと同じ飲み物やお菓子があると赤ちゃんも安心しますよ。

他にも抱っこひもは必須です!ベビーカーがあっても抱っこひもがあると便利です。抱っこひもでママとくっついていると赤ちゃんも落ち着きますし、デッキであやしたりするのも楽ですよ。

赤ちゃんがぐずったらすみやかにデッキに出てあやしてあげましょう。

おすすめの席を窓口で聞いてみよう!

どうしても普通の指定席に乗るのが心配なときは、個室を利用する方法もあります!ひかりレールスターなどの一部の車両では大人3人以上で予約ができます。

指定席特急料金と同じ金額で利用することができるので対象の車両を使用する場合はおすすめですよ!

ただし、すべての車両に利用できる個室がある訳ではないので事前に問い合わせておきましょう。

最近では、ネット予約で簡単に指定席が取れますが、赤ちゃんを連れのときは窓口で問い合わせてみましょう。赤ちゃん連れでおすすめの時間帯や車両はどこか相談もできるのでよいですよ!