赤ちゃんの癇癪暴れたり、大声で泣き叫んだりする癇癪。前触れもなく突然始まるので、ママはびっくりするかもしれません。

あんまりひどいと病気なのかな?と思ったり、乱暴な子に育ってしまうのでは?と心配になってしまいますよね。

癇癪がエスカレートして、物を投げたり、自傷行為を行うときにはどう対処していいのか悩みますし、いつまで続くんだろうと不安になります。

そこで、赤ちゃんの癇癪が起きたときにどう対処していけばいいのか、原因対処方法にたいてまとめました。

癇癪の症状は?

赤ちゃんの癇癪

ポイント

赤ちゃんや子供は、言葉でうまく表現できないジレンマのため癇癪を起こします。

  • 奇声を上げる
  • 泣きわめく
  • 手足をバタバタさせる
  • ひっくり返る
  • 物や人をたたく

などの身体表現が中心です。

赤ちゃんの頃はまだ言葉では表現できません。

それでも、赤ちゃんの中には伝えたい気持ちや意思があります。

それらの感情表現として大声を出したり、暴れたりすることがありその行動を癇癪と呼びます。

症状としては次のような身体表現が中心です。

大声を出す
奇声をあげる
泣きわめく
手足をバタバタさせる
ひっくり返る

癇癪がエスカレートしてくると、周りのものに当たったりするようになります。

物を投げる
物や人を叩く
壁に頭をぶつける
ママの腕やおっぱいに噛み付く

一方で、全く癇癪の症状がない子もいたりして、個人差が大きいようです。

癇癪の原因は?

疑問

ポイント

癇癪の原因は主に2つ

  • 心理的なもの
    思い通りにならないジレンマ、寂しさ、など
  • 肉体的なもの
    疲れている、眠い、お腹がすいた、など

赤ちゃんかが癇癪を起こすと、自分の育て方が悪かったのかな?と自分を責めてしまうママもいるかもしれません。

また、人前で子供が癇癪を起こすと周りからきちんと育てていないのでは?と、思われていないかと不安になるママもいますよね。

ですが、赤ちゃんや子供が癇癪を起こす原因は性格や育て方によってではありません。

赤ちゃんや子供の癇癪の原因には心理的なもの肉体的なものの二種類あります。

心理的な原因

子供は1歳を過ぎるとさまざまなものに興味を持ち始めます。

やってみたいことが増えてきて、大人の真似をしてみたくなります。ママがやっているみたいに料理道具を使ってみたかったり、道具を使いたくなったりします。

ですが、その思いに反してまだ上手くできないことが多いため、気持ちのやり場がなくなってしまったり、大人に止められたりするなど思い通りにならないジレンマで癇癪を起こしてしまいます。

他にも下の兄弟が生まれたとき、保育園に通い始めた、引っ越ししたなど環境が変わった時にも癇癪を起こすことがあります。

自分の中にある寂しさや環境へのストレスをうまく表現できずに駄々をこねて暴れたり、物に当たってしまったりするなどの行動に出ます。

肉体的な原因

疲れている眠いお腹がすいたなど肉体的な不快感を感じている場合もどうしたらいいのかわからず物に当たったり、泣き叫ぶなどの癇癪に繋がります。

癇癪はいつからいつまで?

ポイント

  • 2歳前後から始まることが多い。自分の気持ちが芽生える1歳頃から始まる子も。
  • 2歳〜4歳がピーク。
  • 3歳を過ぎると自己表現ができるようになってきて、回数が減ってくる。

癇癪は2歳前後から始まることが多いようです。

この時期は自分の思いや意思があるにも関わらず、うまく言葉で表現できないために癇癪を起こしやすいのです。

2歳~4歳頃が癇癪のピークと言われていますが、自分の気持ちが芽生えてくる1歳くらいから始まる子もいます。

頻度や回数は個人差があり、数回で治まる子や激しい癇癪を起こす子など様々です。

いつまで続くのかもその子によって異なります。

目安としては、自分の気持ちが言葉で伝えられるようになる3歳頃から癇癪を起こす回数も徐々に減り始め、4歳を過ぎるとガマンすることを覚えるためなくなっていきます。

自傷行為の対処方法は?

赤ちゃん癇癪

ポイント

  • 自傷行為(壁に頭を打ち付ける、髪の毛を抜くなど)の最中は手を出さず見守る
  • 自傷行為以外のときに十分にスキンシップをとってあげる
  • 長引くときや激しいときは小児科や行政の相談窓口に相談する

癇癪がエスカレートすると自傷行為が見られることがあります。

  • 自分の指を噛む
  • 爪を噛みちぎる
  • 髪の毛を抜く
  • 壁に頭を打ち付ける

自閉症の子供に見られる症状ですが、自閉症でなくても自分の意思を伝えようとする子供に見られる行動です。

親が忙しくてかまってくれなかったり、関わりが薄い場合、親に構ってほしい気持ちから癇癪に加えて自傷行為へと発展していくことがあります。

この場合、見ているのはツライですが自傷行為の最中は止めたり手を出さないで見守ることが大切です。

親がすぐに手を出してしまうと、子供は「自傷行為をすれば親がかまってくれる」と勘違いしてしまいます。

自傷行為以外のときには、子供の寂しい気持ちに寄り添ってあげましょう。

スキンシップをとってあげたり、子供の気持ちを聞いてあげるなど、しっかりと向き合う時間を作ります。

言葉が話せるようになると自傷行為も減っていくようです。

ただ、それでも治らないときや激しすぎるときには、小児科や行政の相談窓口に相談するのもオススメです。

癇癪を起こしたときの対処法は?

ポイント

癇癪が起こったら次のように対処しましょう。

  • 危ない物から離す
  • 静かな場所で落ち着かせる
  • 抱きしめてあげる
  • ダメなものはダメだと教える

電車やバスなど静かにしていなければ行けない場所や、スーパーなど人の集まる場所で床に寝転んで大声をだしたりすると、ママもどうしたらいいのかアタフタしてしまいますよね。

また、物を投げたりして自分にもっと相手にも危険な場合はすぐにやめさせてあげる必要があります。

では、癇癪が起きたときにはどんな風に対処すればよいのかを見ていきましょう。

危ない物から離す

赤ちゃんが手足をバタバタさせたときに周りに物があると危険です。

ぶつかると危険な物や投げて壊れてしまうもの、人を傷つけてしまうような物が周りにあるときにはすぐにその場から移動させましょう

赤ちゃんや子供は感情に任せて暴れるので、近くの大人が気をつけてあげましょう。

静かな場所で落ち着かせる

一度、癇癪が始まると気がすむまで治りません。かといって、人の目が気になる場所や迷惑になる場所ではママの気持ちも焦ってしまいます。

癇癪が始まったら、静かな場所に移動し、赤ちゃんもママも落ち着けるようにしましょう

子供はママの気持ちを敏感に感じ取りますので、ママが落ち着けることも大切です。

電車やバスなどで癇癪が始まってしまったら、途中でも一時下車する勇気を持っていてくださいね。

▼参考 赤ちゃんの電車移動にベビーカーは必須?迷惑かけない乗り方をマスターしよう

▼参考 グリーン車に赤ちゃんはうるさくて迷惑?やっぱり普通車にすべきか

抱きしめてあげる

赤ちゃんや子供は癇癪を起こすことで、自分にもっと目を向けてほしい!という思いを表現しています。

癇癪は、単なるワガママや大人を困らせたいという思いではなく、寂しさやもっと遊んでほしいというサインです。

兄弟が生まれたときや環境が変わったときなどによる癇癪のときには寂しくさせてごめんねと抱きしめてあげましょう。また、普段からスキンシップを心がけるとよいでしょう。

ダメなものはダメだと教える

子供が癇癪を起こしたときに、要求を全て叶えてあげると癇癪を起こせばほしいものが手に入ると子供は錯覚します。危険なこと、危ないことなどはダメだとはっきり教えてあげることま大切です。

癇癪は個人差が大きい

激しく癇癪を起こす子がいる一方、まったく癇癪を起こさない子もおり、個人差が大きいです。

なぜうちの子はこんなに聞き分けが悪いのだろうと思ってしまいますが癇癪を起こすのはママの育て方が悪いわけではありません!

自分の気持ちを言葉で表現できるようになってくると、癇癪や自傷行為も減っていきますよ。成長の一環として見守ってあげましょう。

▼参考 赤ちゃんの遊び飲みにイライラ?いつまで?体重が増えない対処方法も