私たちにとって身近なテレビ。家事の間にテレビやDVDを見ていてもらえると、ママにとっては助かります。

でも、赤ちゃんにテレビを見せるのって大丈夫なのかな?と思いますよね。視力が下がったり、テレビ依存症になってしまったらと思うと心配になってしまいますね。

テレビの悪影響はあるのか、いつから見せていいのか、ママにとっては疑問は尽きません。

そこで、今回は赤ちゃんがテレビを見ることの影響や見るときの音量や距離など気をつけるポイントをまとめてみました。

テレビの悪影響は?

テレビ

ポイント

テレビを長時間見ることで言葉の発達が遅れる可能性が。

赤ちゃんが言葉を覚えるのに一番大切なのは「双方向のコミュニケーション」

一方的に情報を伝えるテレビは、赤ちゃんのコミュニケーションには繋がりません。

テレビを長時間見ることで言葉の発達が遅れると指摘されています。一見、テレビを見ているとたくさんの言葉に触れるような気がしますよね。

でも、赤ちゃんが言葉を覚えるのに大切なのは双方向のコミュニケーションなんです。

例えば、パパやママとの会話や語りかけなど。テレビは一方的に情報を送りつけるだけで、双方向のコミュニケーションにならないのです。

小さいうちはテレビを見せないと決めているママもいるかもしれません。とはいえ、テレビを全く見せないというのもむずかしいですよね。

パパが帰ってきたら、無意識にリモコンをポチッとしたり、おじいちゃんやおばあちゃんの家でテレビがついていたりすることもありますし、ママも見たい番組があるかもしれません。

また、テレビによって新しい世界が広がったり、好きなキャラクターができて楽しんだりと赤ちゃんにとってメリットもあります。

テレビは絶対に見せてはいけないんだ!と禁止してしまうと逆にママのストレスになってしまうことも。

問題なのは、テレビのせいで親子のコミュニケーションが減ることです。テレビとうまく付き合うコツを知って上手に活用していきましょう。

テレビはいつから?

赤ちゃんの服装

ポイント

テレビを見るのは2歳前後がよいでしょう。

なぜなら、

1歳未満→テレビの光や音に反応しているだけで内容は理解していない。

見るときは大人と一緒に会話をしながらみるようにするとよいでしょう。

日米の小児科医学会は「2歳までのテレビの視聴はひかえましょう」と呼びかけています。

これは、2歳未満の子供はテレビの内容をほとんど理解していないと考えられているからです。

赤ちゃんはテレビをじっと見ていることがありますが、テレビの内容が楽しくてみているわけではないようです。1歳未満では、パッパッと変わる光や音が刺激的で反応しているだけなのです。

1歳をすぎるとはテレビに出ているキャラクターに反応したり、一緒に踊ったりするようになります。

テレビを見始めるのは内容の理解できる2歳前後がよいでしょう。まずはママと一緒に会話をしながら見せるようにするとよいですね。

距離や音量は?

ポイント

距離

テレビから2メートル以上離れて視聴するのがよいでしょう

音量

周りの音が聞こえなくなるくらいの大音量はやめましょう

赤ちゃんは画面に近づいてテレビを見ますよね。こんなに近くで見て視力が下がったらどうしようと心配になるほどですが、長時間の視聴でなければ心配ありません。

ただ、テレビの光の刺激で目が疲れるので、テレビから2メートル以上離れて視聴しましょう。ベビーゲートや柵などで調整するとよいですね。

また、テレビを見るときは大音量での視聴は避けましょう。大音量の音を聞き続けることは、耳石をすり減らすことになり難聴の原因となります。

周りの音が聞こえないほどの大音量は避けましょう。赤ちゃんを呼ぶ声や話しかける声が聞こえる程度の音量であれば大丈夫です。

テレビを見るときのポイントは?

会話を増やす

赤ちゃんにテレビを見せるときのポイントを見ていきましょう。

ポイント

  • 時間を決めて見る
  • つけっぱなしにしない
  • 教育番組や赤ちゃん向けの番組にする
  • テレビを会話の道具にする
  • 子供との会話を増やす

だらだらとつけっぱなしにしたり、赤ちゃんの子守役にテレビを使うのはおススメできません。

家庭のルールを決めたり、会話の道具として活用しましょう。

ポイント1 時間決めて見る

テレビを見るときは、30分、1時間など時間を決めてみましょう。1時間見たら10分休む、などルールを決めおくとよいでしょう。

ポイント2 つけっぱなしにしない

いつもテレビがつけっぱなしにということが一番よくないと言われています。テレビがついていると、いつでも会話の声が聞こえてくるので実際の会話は減ってしまいます。

だらだらとつけっぱなしにせず、大人も見たい番組だけ見るなどルールを決めて家族で協力しましょう。

ポイント3 教育番組や赤ちゃん向けの番組にする

暴力的な番組は避けたほうがよいでしょう。赤ちゃんはまだやっていいことと悪いことの区別がつきません。

テレビの場面を真似して危険な目にあうなどを避けるために暴力的な番組は避けたほうがベター。

代わりに赤ちゃん向けの教育番組などがよいでしょう。そういった番組は赤ちゃんが楽しめるように作られていますし、子供の想像力や感性があがるという研究結果もでています。

ママが家事に忙しい時間帯にはちょうど子供向けの教育番組が放送されていますので上手に取り入れましょう。

ポイント4 テレビを会話の道具にする

テレビを見ることで、好きなキャラクターに会えたり、知らない世界を知ったりと世界が広がります。

問題なのは、テレビに子守役をさせることで子供の言葉の発達が遅れるということ。

でも、これはテレビを会話の道具にすることで、逆に言葉を増やすための道具にしていけるんですよ。

「ワンワンがでてきたね」「ねこちゃんはなにしてる?」などママが声かけをしてあげることで、絵本と同じように語彙を増やすことに繋がります。

ポイント5 子供との会話の時間を増やす

赤ちゃんや子供にテレビを見せたら、その分会話を増やすことを心がけましょう。

お散歩や外遊び、絵本の読み聞かせなど親子の会話を増やす時間を意識的に増やすとよいですね。

コミュニケーションの時間をきちんととっていれば、テレビの悪影響はそれほど心配する必要はありません。

テレビとうまく付き合いましょう

テレビ自体が良い悪いというより、見せ方が大切なんですね。

子供の長時間の視聴は言葉の遅れが指摘されていますが、大人と会話をしながら見ることは理解力や感性を高めるとも言われています。

テレビは、子供にとって新しい世界を知るための入り口でもあるので、コミュニケーションツールのひとつとして上手に活用したいですね。

今日はテレビを見せすぎたな、と思ったら次の日はテレビをつけないなど、1週間のトータルで考えるとママもストレスになりません。

見せすぎたな、と思ったら赤ちゃんとの会話をする時間を持ったり、絵本の読み聞かせをしたり、お散歩したりするなど、大人と触れ合う時間を作ってあげることが大切ですよ。