幼児英語教育小学校でも英語の授業が始まりますね。自分が英語で苦労したから、子供には英語で苦労させたくない!と思うパパやママも多いのではないでしょうか?

英語教育は早いほうがいいと聞くけれど、まだ日本語も話さない時期からスタートするなんて大丈夫?日本語が正しく習得できないのでは?と心配になりますよね。

いつごろから始めたらよいのか、早すぎることへの弊害はないのか親としては気になります。そこで今回は幼児の英語教育のメリットやデメリットについてまとめました。

スポンサーリンク

赤ちゃんはどうやって言葉を覚える?

海外では、2ヶ国語を話すバイリンガルだけでなく、何ヶ国語も話すマルチリンガルと呼ばれる人たちも少なくありません。彼らに共通しているのは、日常的にいくつもの言語に触れているということです。

赤ちゃんが言葉を覚えるのは「大量のインプット」によってです!

日常的に触れている言葉や音を習得していきます。

スポンジのようになんでも吸収することのできる赤ちゃんは語学の天才と言われています。そもそも、私たちが言葉を習得するのは、大量のインプットがあるからです。

日本語を浴びた子供は日本語を話すようになりますし、英語の子は英語、フランス語の子はフランス語を話すようになります。家族や周囲の言葉を聞き取り、覚えていくためです。

そう聞くと早くから子供には英語に触れさせたいと思いますよね。でも、英語教育の弊害はないのでしょうか?メリットとデメリットをみていきましょう。

幼児英語教育のメリットは?

メリット

  • ネイティブの発音が聞き取れ、発音できる
  • 英語への抵抗がなくなる
  • 間違えることの恥ずかしさがない
  • 将来の英語学習の土台になる

小さいうちから英語に慣れ親しむことで、ネイティブの発音が聞き取れるようになります。英語を聞き取る耳が育つことは一番のメリットと言えそうです。

メリット1 ネイティブの発音が聞き取れ、発音できる

日本人には聞き分けにくいLとR、CとKなどの音も小さい頃から英語を聞いていると聞き取れるようになります。聞き取れるということは、発音もできるようになるということなので、幼児の頃から英語を聞いていると必然的に発音も良くなります。

メリット2 英語への抵抗がなくなる

赤ちゃんや幼児にとっては、まだ日本語と英語の区別がありません。また、英語が勉強という認識もありません!そのため、英語に対する抵抗がなく自分の中に取り入れていくことができます。

メリット3 間違えることの恥ずかしさが少ない

大人になると、正しい英語を使わなくちゃ、間違えると恥ずかしいなどの思いが働きますよね。そのせいで大人は英語を使うことがプレッシャーになったりしますが、子供にはありません。ですので、間違いを機にすることなく耳で聞いて覚えた言葉をどんどん使っていけるんですよ。

メリット4 将来の英語学習の土台になる

幼児のうちに英語に触れることで、頭の中に英語を理解する回路ができあがります。小さいうちは文法や構文などを意識していなくても、英語をインプットしていることで、後々それらを勉強するときに理解がしやすくなります。

幼児英語教育のデメリットは?

デメリット

  • 日本語の力が伸びない
  • 頭が混乱する
  • 親のプレッシャーで苦しくなる
  • お金がかかる

日本語を覚える大切な時期に英語を学習することで、母国語がおろそかになったり、子供が混乱してしまうなどの懸念があります。

デメリット1 日本語の力が伸びない

まだ、日本語が未熟なうちに英語教育を取り入れると、日本語が正しく使えなくなると指摘されることがあります。家庭で英語に傾きすぎてしまい、子供が幼稚園で日本語がおかしい、うまく使えていないと友達に言われてしまうこともあるそう。

ただし、両親とも日本人で日本で生活している限りそれほど心配する必要はないとも言われています。

デメリット2 頭が混乱する

英語とは日本語をうまく区別できず、頭が混乱しストレスになるとも言われています。海外で2ヶ国語以上を話す人が多いのは、言葉の構造や単語が似ているため。一方、日本語は英語とは構造が全く違うため、子供は混乱してしまうとの懸念が。

ただし、混乱しながらも成長するにつれて、だんだん定着していくとも言われています。また、最近の研究では脳へのストレスとみられていたものが適度な脳トレになっているとの見解もあるようです。

デメリット3 親のプレッシャーで苦しくなる

親が子供に英語を習得させようと必死になりすぎると子供もプレッシャーに感じます。幼児期の英語教育は、本人の意思ではなく親の意識でスタートしますよね。

親が無理強いをしてしまうと、子供はママの期待に応えられない自分はダメなんだ、英語なんて苦しいとなってしまいます。その反動で英語に対して苦手意識を持ったり、嫌いになってしまうことも。

デメリット4 お金がかかる

親がバイリンガルでない限り、塾に通ったり、教材を購入したりする必要があるためお金がかかります。英語教室はほかのならいごとよりも費用が高い傾向にあります。教材も揃えようとすると何十万もするものもありますので、考えてしまいますよね。

今は、YouTubeなどの無料動画も充実しているのでうまく取り入れていくとよいですね、

英語教育のデメリットもいくつかあるけれど、それでもメリットの方が多いような気もしますよね。

実際に子供に英語教育をしていく際にどんなポイントを押さえていけばよいのかみていきましょう。

幼児英語教育を取り入れるポイント

ポイント

  • 日常の中で継続する
  • 楽しく英語に触れる
  • すぐに結果を求めない

ママは、子供が楽しく英語と触れ合える時間や環境を作ってあげましょう。英語が日常の一部分になるとよいですね。

ポイント1 日常の中で継続する

耳の黄金期は3歳頃までと言われています。大人が英語を聞き取りづらいのは、日本語と英語とでは音の周波数が違うから。どんな音でも聞き取れる3歳までな英語をスタートするとよいそうですよ。

ただし、3歳までに大量にインプットしたから、その後は何もしなくてもいいかというとそんなことはありません!

9歳~10歳までは言葉の臨界期と言われ、脳の中にその言語を使う回路ができていきます。ですので、幼児の頃に勉強して終わりではなく継続していくことが大切です。日常の中で楽しく英語に触れられる環境を作ってあげましょう。

ポイント2 楽しく英語に触れる

幼児の英語教育にとって一番大切なことは「楽しく英語に触れる」ことです。詰め込み式の勉強になってしまうと子供は楽しくありませんよね。子供のうちは正しい英語よりも楽しい英語を目指しましょう。

英語を使って歌ったり、踊ったりする遊びのひとつとして取り入れていくとよいでしょう。お子さんが小さいうちはパパやママも一緒に遊びながら英語に触れるとよいですね。パパとママと一緒に遊べる!と思うと子供もやる気になりますよ。

ポイント3 すぐに結果を求めない

1つの言葉を習得するのには最低2000時間が必要だと言われています。生まれた赤ちゃんは毎日パパやママ、周囲の言葉を聞いて順番に話せるようになっていきますよね。

英語も始めたからといってすぐに話せるようにはなりません。言葉のリズムを覚えたり、音を聞き取ったり、順番に覚えていきます。ママはお子さんのことを信じて長い目で見てあげることが大切ですよ。

ママも一緒に楽しんで!

将来的には話せるようになってほしい!と思うママも、まずはインプットからと気楽に始めるとよいでしょう。ママが一緒に楽しんでくれるとお子さんも喜びますよ!

言葉はツールなので、それを使えるコミュニケーション力や理解力も必要になってきますよね。日本語の本の読み聞かせや語りかけ、自分の頭で考えさせるなど日本語で論理的に考えられるようにしていくのも大切ですね。

ママが英語を話せなくてもお子さんのためにしてあげられることはたくさんありますよ。ぜひ、楽しく英語を学んでくださいね。