赤ちゃんペットと同居うちには結婚前から飼っている猫がいます。

娘を妊娠したときは「ネコは捨てなさい!!」「赤ちゃんに何かあったらどうするの?」と家族から言われて泣きました!!

でも、犬や猫ってペットとはいえ大切な家族。捨てたり、手放すなんて考えられませんよね。

従兄弟からの「動物を飼っていると子供はアレルギーや菌に強くなるよ」と言われていたりしたので、絶対に手放す気はなくてどうしたら安全に赤ちゃんと同居できるのか、何に気をつけたらいいのかを調べまくりました!

赤ちゃんがペットと同居するには気をつける点を押さえておけば大丈夫。ペットと一緒に暮らすメリットも大きいんですよ。

スポンサーリンク

ペットと同居しない方がいい人もいる?

ペット同居

犬や猫と赤ちゃんの同居はポイントを押さえれば可能ですが、残念ながら同居をしない方がいい場合もあるんです。

それは、ママかパパがアレルギーを持っている場合です。

アレルギーがあっても動物が好きだからと飼っている方もいらっしゃいますよね。

でも、親がアレルギーを持っていると子供にも遺伝する可能性があります。赤ちゃんが喘息になってしまう可能性があるのでアレルギーの有無を確認するようにしましょう。

また、赤ちゃんとペットの部屋を分けられない場合、赤ちゃんとペットの双方にストレスがかかることがあるので部屋が狭い場合や部屋を分けられないときは室内で飼うのは避けた方がよいかもしれません。

赤ちゃんとペットの同居のメリットは?

ペットとの同居のメリット

赤ちゃんとペットとの同居にはメリットもたくさんあります!

情操教育によい

情操教育というのは心や情緒を育む教育で心を豊かにしてくれます。ペットと一緒に暮らすことで思いやりの心や想像力などを育んでくれます。しっぽを引っ張ると痛い、なでてあげると喜ぶなど、動物や命を大切にすることが学べます。また、お腹がすいたらごはんをあげる、排泄物を処理してあげるなどお世話を通して相手をいたわることを身につけます。

癒される

ペットがいることで癒されます。フワフワしたものをなでているとストレスが下がるという研究結果もあります。犬や猫と一緒に暮らすことでママのストレスが解消されて赤ちゃんや家族に優しくできますよね。

免疫力がつく

子供が小さい頃にペットを飼うと免疫力が強くなったり、喘息予防になるという研究結果がでています。また、腸内細菌が強くなりアレルギーになりにくいとも言われています。

動物が好きになる

一緒に遊んだり、追いかけっこをしたりして兄弟のように過ごすことで飼っているペット以外の動物にも興味が強くなり好きになります。うちの娘もネコ以外に犬や動物が大好きです。

犬や猫との同居で気をつけることは?

犬 赤ちゃん 同居

では、実際に赤ちゃんと犬や猫と同居するときに気をつけることを見ていきましょう。

犬との同居で気をつけること

興奮すると飛びかかったり噛みついてしまったり、引っ掻いてしまうような癖がある場合は赤ちゃんに怪我をさせてしまう危険もあります。ただし、犬や猫は母性本能が強いので飼い主のしつけによって対処できるものなのでペットに教えてあげるようにしましょう。

犬アレルギー

赤ちゃんと犬が同居するときに心配するのが「アレルギー」です。アレルギーは体に入ってきたホコリなどの異物を排除しようとする体の働きで、くしゃみや鼻水、かゆみなどの症状があります。

症状を引き起こすアレルゲンは犬の毛やフケ、ヨダレなどの含まれています。一定量のアレルゲンが体に入ってくることで「lgE抗体」というタンパク質が体内で生成されて喘息などのアレルギーの症状を引き起こします。

アレルゲンを除去するためには部屋をきれいに保ち、アレルゲンが赤ちゃんの体内に入らないようにこまめに掃除することが大切です。

感染症

赤ちゃんは細菌への抵抗力が弱いため、犬の持っている細菌に感染しやすく注意が必要です。赤ちゃんの口や傷口などを犬になめられたりするとそこから感染してしまう危険があります。

犬の持っている感染症はいくつかあります。

・狂犬病
・サルモネラ症
・ブルセラ症
・エキノコックス
・皮膚糸状菌症

赤ちゃんと同居するためにはむやみに舐めないようにしつけたり、飛びかかって引っ掻いたりしないようにしつけておく必要があります。

猫との同居で気をつけること

赤ちゃん 猫 同居猫と同居している場合は妊娠がわかったときから気をつけることがあります。それが、トキソプラズマです。

トキソプラズマ

トキソプラズマとは猫に寄生する寄生虫で、人が感染するとトキソプラズマ症を発症します。妊娠中に妊婦さんが初めてトキソプラズマに感染すると流産の危険や赤ちゃんに障害を残す可能性があります。

猫のうんちが何らかの原因で口に入ることでトキソプラズマに感染します。猫の体にうんちがついているのに気づかずに顔を近づけたり、うんちを処理した手をしっかり洗わなかったことで口に入ってしまうなどがあります。

また、うんちの付着した猫の毛が抜けて、それが舞って口に入ってしまうこともあるので気をつけましょう。

猫の排泄物を処理するときは直接触らない、終わったら石けんで手を洗うことを心がけましょう。

猫アレルギー

犬と同様に猫の毛やフケ、ヨダレなどが体内に入ることでアレルギー反応を起こす可能性があります。猫の毛は犬よりも細くて軽いので、フワフワ舞います。それで口や鼻に入りやすいので猫の毛はこまめに掃除しておく必要があります。

ひっかかないようにする

赤ちゃんがペットを怖がらなくなるコツは?

赤ちゃん ペット 怖がる

赤ちゃんとペットが同居するときは何が危険なのか、どんなことに気をつけたらいいのかを把握することが大切です。

それを把握して赤ちゃんとペットが幸せに同居できるように生活や環境を整えていきましょう。

しつける

赤ちゃんを舐めたり、引っ掻いたり、飛びついたりしないように赤ちゃんが産まれるまでにペットをしつけておきましょう。こまめに爪を切ってあげましょう。ペットのしつけがしっかりしていれば、無意味に赤ちゃんに飛びついたりびっくりさせることがなくなるので赤ちゃんも怖がらなくなりますよ。

寝る場所は別にする

赤ちゃんは1日の大半を寝ています。ベッドに乗ったりするペットもいますし、ママも寝ているときは目が行き届きません。赤ちゃんとペットは別々の部屋で寝るようにしましょう。また、普段ペットと一緒に寝ていた場合は別々になることを覚えさせましょう。赤ちゃんが夜中目を覚ましたときに突然ペットが現れたり、万が一赤ちゃんに乗ったりして起こしてしまうと赤ちゃんがペットを怖がってしまいます。

一緒に散歩したりおやつを食べる

赤ちゃんが起きているときにペットとふれあう時間を作りましょう。一緒にお散歩したり、時間になったらおやつを食べるなど赤ちゃんがペットと共有できる時間を作りましょう。ペットも一緒に暮らす家族なんだなと赤ちゃんも覚えていきますよ。

日中はケージに入れて過ごす

赤ちゃんが怖がるうちは日中、ペットをケージに入れたり紐につないで過ごしましょう。ケージに入っていれば自分に手を出したり、近よってこないと赤ちゃんが気づくと安心しますよ。ケージや紐につないだところから徐々に仲良くなっていきましょう。

ペットのメンタルケアをする

赤ちゃんが産まれて赤ちゃん中心の生活になると、中にはかまってもらえなくて寂しがったり、生活スタイルが変わってストレスを感じるペットもいます。赤ちゃんが寝ているときなどはペットとふれあってあげたり、なでたりしてあげましょう。ペットのメンタルが安定していると赤ちゃんも優しく接してくれるのでおすすめです。

赤ちゃんにペットは家族だと教える

赤ちゃんにもペットは家族の一員であると教えてあげましょう。「怖くないよ」「〇〇だよ」とお互いに自己紹介したり、ママが間に入って会話してあげましょう。赤ちゃんにも、ペットはぬいぐるみとは違って優しく接してあげること、たたいたりひっぱったりしないことを教えてあげましょう。

赤ちゃんとペットの姿には癒されますよ!

うちの子は2歳ですが、まるで猫と兄弟のように仲良しです。「ごはんあげなきゃ!」と朝晩になると走っていってごはんをあげたり、ままごとの相手になってもらったりと毎日一緒に暮らしています。

まだ子供が赤ちゃんの頃は同じ部屋では猫を紐につないで生活をしていました。子供が寝返りができるようになりしっかりしてきた7ヶ月くらいの頃に紐でつなぐのをやめました。

赤ちゃんの頃は猫のしっぽをひっぱったり、おもちゃや本の角で猫の頭を本気でたたいていたりして、見ている方はひやっとしましたが、猫はがんばって耐えていました。

子供には絶対に爪をだしたりかんだりしないんです。猫にとっても子供にとってもお互いが大切な家族だと認識しているようですよ。

そのかわりストレスが溜まって私に甘噛みしたりしてきたので上手にストレスを解消してあげる必要はあるかもしれません。

もし、赤ちゃんが産まれるからペットを諦めなきゃと考えている方はどうやったらうまく同居できるか一度考えてみてください。

ペットとの同居は赤ちゃんにとってもメリットが大きいです。なにより、ペットと赤ちゃんが仲良く遊んでいるのを見ると幸せも倍増ですよ!