赤ちゃんがミルクを飲まないのは病気?原因は哺乳瓶?赤ちゃんのうちはミルクが唯一の栄養源。だから、飲んでくれないと心配になりますよね。

私のママ友でも赤ちゃんの飲みにムラがあってちゃんと成長するのかすっごく心配!って言っていた子がいました。

うちの子もミルクの飲みのいい日もあれば、全然飲まない日もありました!体調が悪いの?病気なの?!って不安になりましたよ。

でも、赤ちゃんがミルクを飲まなくなるのってそれほど珍しいことではないようなんです。ちょっとした原因で赤ちゃんがミルクを飲まなくなることがあります。今回は赤ちゃんがミルクを飲まない原因や病気についてまとめました。原因や対策を知っておくと安心できますよね!

赤ちゃんがミルクを飲まないのは哺乳瓶の口が原因かも!

赤ちゃんがミルクを飲まないのは哺乳瓶の口が原因かも!

赤ちゃんがミルクを飲まないのにはいろんな原因がありますね。その中でも哺乳瓶が原因というものが大きな割合を占めているんです。もし、ミルクの温度や味を変えても赤ちゃんが飲んでくれない!という場合は哺乳瓶の乳首に原因があるかもしれません。

赤ちゃんの乳首って月齢ごとに出方が違っているので、赤ちゃんの発達にあわせて変えてあげないとうまく飲めなくて赤ちゃんもイライラしてしまうんです!

例えば、低月齢用の乳首は穴の数が少ないのでたくさん飲みたくて一生懸命吸っているのに全然出てこない!!って赤ちゃんは嫌がります。逆に穴が大きいものはたくさん出てきすぎて一緒に空気を飲み込んでしまったりして嫌がる場合もあるんです。

他にも乳首の硬さも乳首の種類によって違うので硬さがあわなくて嫌がっている場合もあります。

赤ちゃんがミルクを飲まないのは病気?

赤ちゃんがミルクを飲まないのは病気?

赤ちゃんがミルクを飲まないのは体調が悪かったり、病気の可能性もあります。赤ちゃんの様子がいつもと違っていたり、機嫌が悪かったり、様子がおかしいと思うときは赤ちゃんの体調を確認しましょう。

風邪・発熱

赤ちゃんがミルクを飲まない理由の一つに風邪や発熱などの病気の可能性があります。ミルクを飲んでも吐いてしまったり、そもそも飲みが悪かったりするようになるんです。熱が出る前もやたらと機嫌が悪かったり、ミルクを飲まないことも多いですよ。いつもと様子が違うなと思ったら、熱が出ていないか、顔色は悪くないか、汗はかいていないかなど赤ちゃんの様子をチェック!ノロウイルスやインフルエンザがはやっている時期は、下痢や嘔吐、高熱などの症状がないかを確認してお医者さんで見てもらうと安心です。

ミルクアレルギーがある

赤ちゃんがミルクを飲んでも吐いてしまうようなことが続いた場合は、もしかしたらミルクアレルギーの可能性もあります。粉ミルクに含まれているタンパク質やカゼインに反応してしまい、嘔吐や下痢などの症状が現れることもあります。もし、赤ちゃんがミルクを吐いてしまい飲まないことが続いているようであれば一度小児科で相談してみると安心できます。パパやママ、上の子がミルクアレルギーを持っている場合は発症する可能性があるので気をつけておくとよいですね。

他にも、便秘が続いていると機嫌が悪くてミルクの飲みが悪くなったりします。うちの子も突然、ミルクを飲まなくなって嘔吐したので念のため病院に行ってみたら便秘だと言われました!便秘になると赤ちゃんも気持ちが悪いんですよね。浣腸をしてもらってスッキリして帰ったら、ぐいぐい飲んでいたのでびっくりでした。

赤ちゃんがミルクを飲まない原因は他にも!

赤ちゃんがミルクを飲まない原因は他にも!

赤ちゃんの様子も普段と変わりなくて、哺乳瓶の乳首も大丈夫なはずというときは他にも原因があるかもしれません。

ミルクの味がイヤ!

日本の粉ミルクは母乳に近づくように研究されているので栄養満点。でも、味はメーカーによって少しずつ違いがあるんです。赤ちゃんって大人よりも味覚が敏感なので粉ミルクのメーカーを変えたりすると好みじゃなくて飲まなかったりします。他にもミルクのメーカーを変えていなくても赤ちゃんが飲まないこともあります。母乳はママがその日に食べたものや体調によって味が変わりますが、ミルクは味は変わらないはずですよね。今までは同じように飲んでいても急に味に飽きちゃうこともあるんです!メーカーを変えたわけでもないのにミルクを嫌がるのは味に飽きてしまったか、もしくは次の3つの原因が考えられるので順番に見ていきましょう。

ミルクの温度がイヤ

ミルクを変えたわけでもないのに嫌がる場合はミルクの温度が赤ちゃんの好みじゃないかもしれません。赤ちゃんによって好みの温度があるので、熱すぎたり冷たすぎたりするとイヤがります!急いで作ってしまうとついつい温度が適当になったりしますよね。私も、これくらいならまあいいか!と思って熱めのミルクを上げたら嫌がって哺乳瓶を投げられました。慣れてくるとこれくらいかなーって感覚でミルクを作りますが赤ちゃんが嫌がる場合はきちんと人肌にして飲ませてあげてみるといいと思いますよ。冬の寒い日や夏の暑い日なんかはママの温度感覚も変わったりするので一度きちんと測って作ってみるといいかもしれません。

ミルクの濃度がイヤ

ミルクの味は好きだけど、ミルクの濃度が薄すぎたり、濃すぎたりしてイヤという赤ちゃんもいます。ミルクを作るときってちょっと多めに水を入れちゃったりすることもありますよね。そうなると普段飲んでいるものよりも味が薄くなってしまいますし、逆に水が少ないと普段より濃くなってしまいます。粉ミルクは分量通りに作ることを推奨されているので毎回水の分量が違っていないかママはチェックしてみるといいかもしれませんね。

お腹がすいていない

赤ちゃんってすぐに泣くので泣いたらお腹が減ってるのかなって思ってすぐにミルクをあげたりしていませんか?でも、実は赤ちゃんが泣く理由って他にもいろいろあるんですよ。おむつが濡れて気持ちが悪い、誰かにかまってほしい、抱っこしてほしい、暑い・寒いなど理由はさまざまなんです!だから、泣いているからってお腹が減っているわけではなくて他の理由で泣いている場合があります。前のミルクからあまり時間が経っていない場合や他のお腹が減っている以外の理由があるかどうか確認してみてください。

これらの理由以外にも抱っこの体勢がイヤだったり、体がねじれていて飲みにくいなどの原因もあります。

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がったときの対処法!

赤ちゃんがミルクを飲まないときの対処法

赤ちゃんが哺乳瓶でミルクを飲むのを嫌がった場合は次の対策を試してみましょう!

哺乳瓶の乳首を変えてみる

哺乳瓶を変えてみたらあっさりミルクを飲んでくれた!っていうママも多いんです。私のママ友の中にもお気に入りのおしゃぶりと同じような硬さの乳首にしたらよく飲んでくれるようになった!と言っていました。まだ力の弱い赤ちゃんは乳首が硬すぎると飲みにくいし、月齢にあっていない乳首を使っていると自分が飲みたい量と出てくる量が違うのでイライラしてしまいます。

  • 赤ちゃんの月齢にあった乳首に変える
  • 本物に近い天然ゴムの乳首に変える
  • 違うメーカーの哺乳瓶に変えてみる

乳首だけ変えられるメーカーが多いのですので、まずは違う乳首を試してみましょう。

うちではピジョンの「母乳実感」を使っていました。「母乳実感」の乳首は母乳を飲むときのように赤ちゃんが舌を使うことでミルクがでてきます。うちの子は母乳の割合の方が多かったのですが、違和感なく飲んでくれていました。口コミや周りの体験などを聞いて哺乳瓶を選んでみるといいかもしれませんね。

ミルクの濃さや温度を変えてみる

ミルクの味の濃さや温度を変えてみるのもおすすめです。粉ミルクはメーカーによって味が違うので他のメーカーに変えてみてもよいですね。粉ミルクはサンプルをもらえることが多いので試してみて赤ちゃんの飲みをチェックしてみましょう。

ミルクを飲む体勢を変えてみる

ミルクを飲む体勢を変えてあげると赤ちゃんが飲んでくれるようになります。赤ちゃんはまだうまくミルクを飲めないので横向きで寝かせた姿勢で飲ませるとミルクが器官にはいってむせてしまうんです。頭を少し起こしてあげたり、首が座っていれば縦にして飲ませてあげるとよいでしょう。

ミルクを飲ませる人を変えてみる

赤ちゃんの中にはママに哺乳瓶で飲ませてもらうのがイヤ!という子もいます。そう聞くと「え?イヤなの?!」ってママはちょっとショックですよね。でも、母乳混合の場合、結構あることなんですよ。ママはおっぱいをくれる人と赤ちゃんが認識しているので、母乳を飲ませてほしくて反抗しているんです。そんなときは家族に代わってもらって飲ませてあげるとすんなり飲んでくれることがありますよ。

お腹を空かせてからあげる

赤ちゃんのミルクは2〜3時間ごとにあげていますが、ねんねの時期はお腹が減る前にミルクの時間が来ていることがあります。赤ちゃん丸々太っていて、栄養も十分取れているときはもしかしたら単にお腹が減っていないからかもしれません。ねんねの時期でも手足をバタバタさせたり、おもちゃで遊んであげたりして運動させてあげるとミルクが消化されてお腹がすきますよ。お腹がへっていればスムーズに飲んでくれるようになるのでお腹がすくのを待ってあげましょう。

赤ちゃんが飲むのを見守りましょう

完全ミルクの赤ちゃんがミルクを飲まない!ってなるとママは不安になってしまいます。赤ちゃんは2〜3時間ごとにミルクをあげるものっていう情報が頭に入っているので飲んでくれないと心配になったり、時にはイライラしてしまうこともありますよね。

赤ちゃんが飲まない場合、ママはいろいろ対処してあげましょう。気分屋の赤ちゃんは遊びながら飲むこともあるのでママは根気づよく待ってあげてくださいね。

ミルクを飲んでくれなくて水分不足が心配なときは、白湯やジュースなどを気分を変えるために飲ませてあげるのも一つの手です。ただし、月齢が早いうちからジュースばかり飲ませるとジュースを欲しがるようになるので口休め程度にあげましょう。

子育てって予想外のことが起こるのであたふたしてしまいます赤ちゃんの様子が普段と変わらず顔色もよければ大きな心配はいりません。ゆったりした気持ちで赤ちゃんに接すると赤ちゃんもリラックスしてごくごく飲むこともあるのでママも気分転換をして落ち着いてみたりするとよいかもしれませんよ。