赤ちゃん熱さがらない赤ちゃんや子供って熱があっても元気なことがあるので、熱を測ってみてびっくりしたりしますよね!

しかも、もともと平熱が高くてあったかいので何度からが熱なのかもわかりづらい!

赤ちゃんは自分がどんな状態なのか言葉で伝えられないので、ママやパパは必要以上にハラハラしたり心配してしまいますよね。

今回は、赤ちゃんが高熱を出した時、熱が下がらない時どう対処したらよいのかまとめてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの高熱が出る理由

赤ちゃん 熱 原因

ポイント

  • 赤ちゃんの熱の原因は「風邪」がほとんどです。
  • 赤ちゃんは熱をだすことで免疫を獲得していきます。
  • 生後3ヶ月を過ぎるとママからもらった免疫が弱くなり風邪を引きやすくなります。
  • 生後3ヶ月以内の赤ちゃんが高熱を出した場合はすぐに病院を受診しましょう。

赤ちゃんは免疫力が低いのでちょっとした風邪でも高熱がでやすいです。

体に入ったウイルスや細菌を退治するために熱がでるので、熱が出ること自体は何も悪いことではないんです。

生後3ヶ月を過ぎるとママからもらった免疫が弱くなってくるため、赤ちゃんが熱を出しやすくなります。

でも、風邪を引いたり熱を出したりすることで免疫を獲得していく時期なので実は成長にとって大切なプロセスなんですよ。

でも、高熱が続く場合や風邪の対処法を試してみても熱が下がらない場合は、他の感染症にかかっている可能性もあります。

水疱瘡やインフルエンザなどさまざまな感染症があるので水泡ができる、リンパが腫れるなどの熱以外の症状があるかどうか、周りに発症している人がいるかどうか、流行している時期かどうかに気をつけてみるとよいでしょう。

熱が高いから重症だというわけではないそうです。熱以外の症状はどうかに注意しましょう。

高熱がでていても赤ちゃんや子供は元気な場合も多いんです。食欲があったり、機嫌がよい場合は水分補給を忘れずに行って様子をみるとよいでしょう。

ただし、生後3ヶ月以内の赤ちゃんが高熱を出す場合は何か病気の可能性があります。また、熱以外の症状があるときは、すぐに病院で見てもらうようにしましょう。

赤ちゃんの熱は何度から?

赤ちゃんは元々体温が高いので、何度以上あると発熱なのか判断が難しいですよね。日頃から赤ちゃんの平熱を知っておくと目安になります。

個人差はありますが、赤ちゃんの平熱はだいたい36.3℃〜37.4℃です。元々平熱の高い赤ちゃんは37℃以上熱がでていても元気に遊んでいることがあります。

37.5℃以上熱がでたときは発熱38℃以上を超えると高熱というのが一般的な目安です。

病院に行くタイミングは?

病院タイミング

ポイント

風邪の場合は1〜2日で熱が下がることが多いです。

1〜2日

熱以外の症状が見られる場合、家族の中で感染症を発症している人がいる場合ははすぐに病院を受診しましょう。

3日以降

3日以降も高熱が続く場合は、風邪以外の感染症や合併症を引き起こしている可能性があります。

赤ちゃんが熱を出した時はどのタイミングで病院に行けばいいのでしょうか?

風邪の熱は1~2日で治ることが多く3日目には下がることがほどんどです。高熱が3日以上続く場合は風邪以外の感染症の可能性があります。

ただし、次のような症状がある場合は熱が出た直後でも病院を受診するようにしましょう。

  • ぐったりして元気がない
  • 意識がない
  • 水分をとれない
  • けいれんが起きた
  • 嘔吐や下痢がひどい
  • 発疹や水ぶくれなどがある
  • 家族にインフルエンザなど感染症にかかっている人がいる
  • 呼吸が苦しそう
  • 生後3ヶ月以内の発熱

風邪以外の感染症の場合は熱以外にも症状がでることがあります。水分をとれないときなどは緊急性が高いので夜でもすぐに病院へ行くようにしましょう。

インフルエンザやはしかなど家族で感染している人がいる場合は赤ちゃんも感染してしまう可能性がありますのですぐに受診するようにしましょう。

高熱でも熱以外の症状がなく赤ちゃんも元気で機嫌もよければ1〜2日は様子を見ても大丈夫でしょう。家で安静に水分補給を忘れずにすごします。

また、熱以外の症状がない場合でも3日以上熱が続く場合も一度病院を受診しましょう。熱が続くと体力を消耗したり、水分がとれなくなることがあります。原因を特定してもらうためにも一度病院へ行くことをおすすめします。

熱が出た直後に病院へ行くとはっきりとした原因が特定できない場合があります。うちの子も40℃の熱がでて病院を受診したところ、夏風邪と診断されましたがその後体中に発疹がでて突発性発疹だと判明しました。

ヘルパンギーナは夏風邪と区別がつきにくかったりするので一度受診した場合でも3日以上熱が下がらない場合は、もう一度病院で見てもらうようにしましょう。

赤ちゃんの高熱が出たときの対処法は?

熱が下がらないときの対処法

ポイント

赤ちゃんの高熱が下がらない時、家庭では次のように対処していきましょう。

  • 赤ちゃんの様子を観察する
  • 安静にして家で過ごす
  • 温めたり、冷やしたりする
  • こまめに水分補給をする
  • 部屋を快適にする
  • 解熱剤を使う

赤ちゃんが熱を出したときに家庭でできる対処法を見ていきましょう。

赤ちゃんの様子を観察する

まずは赤ちゃんの様子をよく観察しましょう。高熱があったとしても次のような場合であれば家で安静にしてすごせるでしょう。

・元気よく機嫌もよい
・食欲があり水分がとれる
・発疹や水ぶくれなど熱以外の症状がない
・おしっこの量がいつもと変わりない
・下痢や嘔吐がない

熱があっても元気にすごせるようであれば水分補給に気をつけてすごすようにしましょう。

安静にして家で過ごす

熱がでたときは安静にして家で過ごすことが大切です。熱がでているときは体が体温をあげてウイルスを倒そうとしていて、体力を消耗します。体力が落ちているときに外に遊びにいってしまうと熱が長引いたり、他の人にうつしてしまうことがあるので家の中ですごしましょう。安静にしているのが一番ですが赤ちゃんや子供の元気があって遊びたいときは遊ばせても大丈夫です。

温めたり、冷やしたりする

熱の出始めはぞくぞくと悪寒がしたり、寒気がしますので温めてあげましょう。反対に熱が上がりきると悪寒や寒気は収まります。このタイミングで冷やすようにしましょう。赤ちゃんが暑がるようになったら布団を薄くしてあげ、手足をだして外に熱を逃がすようにします。おでこだけでなく、脇の下や首の後ろなど太いリンパ節のある場所を冷やしてあげるとよいでしょう。

こまめに水分補給をする

高熱が出ると大量に汗をかくので脱水症状に注意が必要です。熱があっても元気な場合は元気だからと気が抜けてしまいますが、水分補給だけはこまめに行いましょう。母乳を飲んでいるときは母乳をこまめに飲ませます。その他にもお茶や果汁、赤ちゃん用のイオン飲料などもおすすめです。イオン飲料は大人用は砂糖が多いので赤ちゃん用をストックしておくと突然の熱にも安心ですね。

部屋を快適にする

赤ちゃんが快適な環境ですごせるように環境を整えましょう。夏の暑い日はクーラーなどで部屋を冷やしてあげます。冬場は寒くないように部屋を暖めると共にこまめな換気を心がけ、部屋の空気を新鮮な空気と入れ替えましょう。また、加湿器などで乾燥を防ぎましょう。

解熱剤を使う

熱がでるとすぐに下げようとするかもしれませんが、解熱剤は使うタイミングが重要です。熱が上がりきっていないタイミングで使ってしまうと一時的に下がったとしてもまたあがってしまうことがあります。熱が上がりきったタイミングで使用するようにしましょう。

また、解熱剤を使うタイミングは次のようなときです。

・熱が38.5℃以上
・苦しそうで眠れない
・食欲がなく水分もとれない
・息づかいが荒くて苦しそう

解熱剤は坐薬や飲み薬などがありますが、どちらの場合も使用するときは6時間あげるようにしましょう。坐薬の場合、赤ちゃんや子供に使える成分はアセトアミノフェンですので必ず病院で本人用に処方されたものを使用するようにしましょう。

解熱剤は病気を根本から治療するものではなく、一時的に熱を下げて楽にするものなので解熱剤を使っても熱がなかなか下がらない場合は病院に行くようにしてください。

熱が続くときに疑われる病気は?

熱以外の病気

ポイント

熱が続くときは感染症や合併症の可能性があります。

  • 突発性発疹
  • みずぼうそう
  • 手足口病
  • ヘルパンギーナ
  • インフルエンザ
  • RSウイルス
  • マイコプラズマ感染症
  • はしか
  • 溶連菌感染症
  • アデノウイルス感染症
  • 川崎病
  • 肺炎
  • 無菌性髄膜炎

高熱と共に水ぶくれや発疹、激しい咳など熱以外の症状がでます。赤ちゃんの様子をよく観察してあげましょう。

高熱が続くときは風邪以外の病気が原因の場合があります。

突発性発疹

高熱が3〜4日続きます。突発性発疹は最初は高熱以外の症状がないので風邪と区別がつきにくいですが熱が下がった後に体中に発疹が出てきます。発疹にはかゆみはありませんが、不快感から不機嫌になる赤ちゃんも多いです。

1日ぐずってなかなか寝ないこともあるので看病しているママは大変かもしれません。突発性発疹は2歳までに全員がかかると言われるほど多くの赤ちゃんが発症します。突発性発疹は高熱の割に元気に遊んだり元気にすごすことが多いので、元気な場合は水分補給に気をつけながらすごしましょう。

みずぼうそう

高熱とともに、水ぶくれのようなポツポツが全身にでるのが特徴です。高熱がでたときは、ママは赤ちゃんの体に水ぶくれができていないかどうかチェックしましょう。強いかゆみを伴うので、掻きむしって水ぶくれが破れてしまうことがあります。

破れてしまうと他の部分に移ってしまったり、跡が残ってしまうことがあります。高熱と水ぶくれがでた場合はすぐに病院を受診しましょう。病院では塗り薬を処方してもらえるので水ぶくれにはこまめに塗ってあげましょう。感染力が強いので発症したら他の子に移さないように気をつける必要があります。

手足口病

手足口病は夏風邪の一種で7月頃に流行します。手のひらや足の裏、口の中などに発疹ができます。口の中にできた水泡には痛みが伴い食事がとりにくくなるので、刺激のある食事をさけて柔らかく食べやすいものを用意してあげましょう。発熱は38℃以下の微熱の場合がほとんどですが、中には40℃以上の高熱が出る場合もあります。

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナは夏風邪の一種です。6月〜8月頃にかけて流行します。発症すると38度以上の高い熱がでます。夏風邪の一種とはいえ、単なる風邪とは違いウイルスによって引き起こされ、高熱や喉の痛みなどの症状があります。

咳や鼻水が出ることは少ないですが、のどちんこが赤く腫れて炎症ができたり、口の中に水ぶくれができることがあります。喉の痛みがあるので食欲が落ちることがあります。普通の風邪のように鼻水や咳がでることは少ないですが、ウイルスが脳や中枢神経に入り込み髄膜炎を起こす危険があり注意が必要です。

インフルエンザ

インフルエンザにかかった場合は、高熱が1週間近く続くことがあります。高熱がなかなか下がらない場合は熱性痙攣を起こすこともあり体力も消耗するので注意が必要です。赤ちゃんの様子に変化がないか注意してみていてください。

食欲が落ちてしまうことがほとんどなので、食べられない場合は無理せずこまめな水分補給だけはかかさないようにしましょう。

水やお茶、果汁、赤ちゃん用のイオン飲料などで脱水症状にならないように気をつけましょう。インフルエンザは家族への感染の可能性があるのでインフルエンザが流行している時期は早めにインフルエンザ検査をするのがおすすめです。

RSウイルス

RSウイルスは毎年秋から冬頃に流行し、2歳までの赤ちゃんのほとんどが感染すると言われています。感染すると軽い場合は咳や鼻水ですむこともありますが、38℃台の熱がでたりぜこぜこした咳がでて呼吸困難、肺炎などを引き起こすこともあります。

生後数ヶ月以内の赤ちゃんが感染してしまった場合は重症化しやすいので、兄弟や家族が感染している場合はうつさないように注意が必要です。特に新生児が感染してしまうと無呼吸になってしまい突然死亡してしまう危険もある怖い病気です。

マイコプラズマ感染症

マイコプラズマ感染症はマイコプラズマニューモニエという細菌によって引き起こされます。約8割が14歳以下の子供で重症化すると肺炎を引き起こすことがあるので注意が必要です。感染した場合、激しい咳や倦怠感、発熱などの症状がでます。だいたいは37℃くらいの発熱ですみますが、まれに39℃の高熱がでることもあります。また、3〜5日と熱が長めに続くのも特徴です。

はしか

はしかウイルスは感染力が強く38℃以上の高熱や全身にかゆみをともなうかゆみが伴います。日本では年間20〜30人の子供が命を落としている怖い感染症です。感染すると激しい咳や鼻水と共に熱がでます。

3〜4日発熱が続いた後に一旦下がって、その後高熱が3〜4日続きます。はしかは合併症が怖い病気です。肺炎や脳炎、心筋炎を伴う危険があるのではしかかもしれないと思ったらすぐに病院を受診しましょう。はしかは一度かかれば免疫がついてその後発症することはありません。予防接種で防げる病気ですので1歳になったら予防接種を受けるようにしましょう。

溶連菌感染症

溶連菌感染症は、A郡溶血性レンサ球菌という細菌が喉につくことで引き起こされます。冬、春から初夏にかけて保育園や幼稚園、小学校で流行することが多い感染症です。38℃以上根雨がでて喉の痛みと共に舌にプツプツができます。

溶連菌の治療は抗生剤を10日〜14日服用する必要があります。自然に治そう、熱が下がったから安心と思ってきちんと薬を服用して完治させないとリウマチ熱や急性糸球体腎炎を引き起こす危険があります。

アデノウイルス感染症

アデノウイルス感染症はアデノウイルスによって引き起こされます。粘膜に炎症が起き、扁桃炎を引き起こします。40℃以上の高熱がでることも珍しくありません。夏に流行するのでプール熱と呼ばれますがプールに入っていなくても感染します。高熱は5日ほど続くため体力を消耗します。夏場の暑い時期にかかりやすい感染症なので脱水症状を起こさないようにこまめに水分補給をすることが大切です。

川崎病

原因不明の病気です。高熱が続いて、全身の欠陥やリンパが炎症を起こします。症状の重い場合には冠動脈に血栓ができてしまうことも。それによって心筋梗塞を引き起こす可能性もあります。川崎病は高熱以外にも舌が真っ赤になってぶつぶつができる「イチゴ舌」と呼ばれる症状や、

手のひらや目、足の裏にも赤みがでたり、首元のリンパが腫れることもあります。もし、これらの症状が見られたときはすぐに受診してください。

肺炎

風邪のウイルスが肺に入り込んでしまうことで肺炎を引き起こします。肺炎は高熱とともに呼吸がしづらい状態になり呼吸困難になる危険があります。痰が混じったひどい咳もでるので呼吸に注意しておきましょう。赤ちゃんが苦しそうにしているときは気をつけて様子を見ていてあげましょう。

無菌性髄膜炎

無菌性髄膜炎は脳の髄膜の炎症です。手足口病、ヘルパンギーナ、おたふく風邪など感染症の合併症として引き起こされることが多いです。40℃くらいの高熱が出てなかなか下がらない場合は、他の感染症の合併症として無菌性髄膜炎を併発している可能性があります。無菌性髄膜炎なると、意識が薄くなったり首がこわばったりする症状が見られます。症状が見られるときには早急に病院を受診しましょう。

熱以外の症状を目安にしましょう

赤ちゃんの熱がなかなか下がらないと何か重大な病気なのかと心配になります。熱の原因がわからないと不安ばかりが膨らんでしまいますが、熱以外に特に症状がないときや高熱があっても元気なときなどは様子をみましょう。

病院に行くと別の病気をもらってしまうことなどもあるので無理は禁物です。風邪の場合は1〜2日で熱はさがります。発熱が続くと脳への影響が気になりますが、発熱自体は心配するような影響はないそうです。

心配なのは脳自体が炎症を起こしているときで、正常な体温調整ができなくなるため高熱を引き起こします。

脳症を引き起こすときは頭痛や嘔吐、ひきつけ、意識障害を伴うことがほどんどです。そのような症状がでたときには早急に病院を受診するようにしてください。

赤ちゃんは風邪をひいたり、熱をだしたりして免疫をつけていきます。熱以外の症状がないときは水分補給に気をつけながらお家で看病してあげましょう。