あかちゃんのうんち

うんちは赤ちゃんの健康を示すバロメーターだと言われます。

赤ちゃんは、体調や体の状態をうんちを通してママに伝えているんです。

どんな色であれば健康なのか、心配な色状態はどんな時なのかの判断基準を知っておくと安心ですよ!

毎回オムツを替えるときにうんちの状態や色、臭いに異常がないかチェックするようにしましょう。赤ちゃんの変化にすぐ気がつけますよ。

そこで今回は、赤ちゃんのうんちの健康な状態について紹介していきます。

赤ちゃんの健康なうんちの色は?

赤ちゃん

健康なうんちの特徴

  • 黄色に近い黄土色
    胆汁に含まれている成分によって黄色っぽくなります。
  • 水っぽく柔らかいペースト状
    ミルクや母乳を飲んでいるうちは柔らかいうんちをします。
  • 臭いは無臭~少し酸っぱい
    腸内のビフィズス菌の影響で臭いはほぼ無臭です。

白いカスやつぶつぶは、余分な脂肪やカルシウム。健康には問題ありません。

正常なうんちは黄色に近い黄土色をしています。

これは、胆汁に含まれているビリルビンという成分の影響を受けているから。ビリルビンには黄色色素が含まれるので、黄色っぽいうんちになるんですよ。

健康なうんちの状態は?

母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんは柔らかく水っぽいうんちをします。状態は、柔らかいペースト状。かぼちゃペーストのようなうんちですね。

初めて見るママは下痢なの?と心配になるような柔らかさですが、問題ありません。

離乳食が始まるまでは柔らかく水っぽいようなうんちが続きますよ。母乳の方がミルクよりもややゆるく、やや黄色っぽいです。

健康なうんちの臭いは?

生まれたばかりの赤ちゃんのうんちはほぼ無臭です。これは、腸内のビフィズス菌の働きによるものです。

生まれたばかりの頃は、腸内をビフィズス菌が9割を占めているため赤ちゃんのうんちは無臭か少し酸っぱいような臭いなんです。離乳食が始まるとだんだん臭うようになっていきます。

しかし、ミルクや母乳しか飲んでいないのに腐敗臭がする場合は腸内の菌のバランスが崩れている可能性があります。

赤ちゃんの機嫌が悪かったり熱があれば、早めに病院に行きましょう。

白いカスやつぶつぶは?

母乳やミルクのころに白いカスや白いつぶつぶが混じることもあります。

これは、脂肪やカルシウムなどが消化されずに出てきたものです。まったく心配はありませんので、安心してくださいね。

緑色のうんちは?

緑

黄色っぽいうんちの他に見かける頻度の高い色が緑色です。

緑色のうんちってびっくりしますが、赤ちゃんの健康にはまったく問題ありません!安心してくださいね。

赤ちゃんが便秘気味でうんちがお腹の中に長くとどまると、ビリルビンが酸化して緑色になります。

他にも腸内の細菌の変化やpHの違いなどで緑色になることもあります。また、黄色いうんちとしてでても、外の空気で酸化して緑色になることもありますよ。

白、黒、赤のうんちは?

赤ちゃんのうんちの色で体調や健康状態を確認できます。黄色っぽい黄土色や緑色のうんちのときは心配する必要はありません。

ただし、白や黒、赤いうんちは病気や危険な症状の可能性があります。

ポイント

白、黒、赤のうんちが出た時は早急に対応が必要です。

白っぽいうんち
ロタウイルスなどの細菌感染の可能性があります。胆道閉鎖や胆道狭窄などの先天的な病気の可能性も。

黒いうんち
胃や十二指腸から出血している可能性があります。胃炎や十二指腸潰瘍の可能性も。

赤いうんち
胃腸炎やサルモネラ菌などの細菌に感染している可能性があります。腸重積症の危険も。

白、黒、赤のうんちが出た時は速やかに病院で判断を仰ぎましょう。

白っぽいうんち

白い白いうんちがでたときは、注意が必要です。

黄色いうんちが白っぽいときには問題ありませんが、クリーム色に近いような白さのときにはロタウイルスなどの細菌に感染している可能性があります。

ウィルスに感染している場合、うんちから酸っぱいような臭いがします。細菌に感染している場合、脱水症状嘔吐高熱などの症状を引き起こしやすいので早めに病院で受診しましょう。

新生児期の真っ白なうんちの場合は胆道閉鎖胆道狭窄の可能性があります。

これは胆管が塞がっていたり、狭かったりする先天的な病気です。真っ白なうんちが続くときはすぐに病院に行きましょう。

黒いうんち

黒い黒いタール状のうんちがでたときには、十二指腸などで出血している可能性があります。

肛門近くでうんちに混ざる血は赤いですが、体の上の方の消化器官で出血すると胃酸と反応して黒くなることがあります。

それがうんちと混ざることで黒いうんちが出ます。

赤ちゃんが鼻血を飲み込んだときや、ママの乳首が切れて出た血を飲み込んだときなどにも黒いうんちがでることがあります。

この場合は一回のみ黒くなることが多く、心配はありません。

しかし、黒いうんちが何度も続くときは胃潰瘍十二指腸潰瘍などの症状が疑われます。速やかに医師に相談しましょう。

赤いうんち

赤いトマトを潰したような赤いうんちいちごジャムのようなうんちが出た時には注意が必要です。

胃腸炎サルモネラ菌などの細菌によって腸の中が傷つけられて出血している可能性があります。

また、腸が腸に入り込んでしまう腸重積症という病気の可能性もあります。

腸重積症はほっておくと入り込んだ腸が腐ってしまうことがあるので、早急に小児科で診断してもらいましょう。

うんちの色は黄色っぽいけれど、赤い血がポツポツと混ざっていることもあります。

これは、肛門近くが傷ついて出血しているためと考えられます。

便秘気味だったり、水分が少ないとうんちが固くなり、排出時に肛門を傷つけてしまうのです。

その場合は、心配しなくても大丈夫。ただし、何度も繰り返し血が混ざる時には別の原因も考えられますので、医師に相談してくださいね。

うんちの色が心配なときは病院へ

病院

ポイント

  • 病院へ行くときはうんちのついたオムツを持参しましょう。
  • 持参するのが難しい場合は、スマホやカメラで撮影しておきましょう。
  • ウンチの色と合わせて赤ちゃんの状態をチェックしましょう。
    機嫌はよいか?
    熱はないか?
    食欲が普段と変わりないか?
    ぐったりしていないか?

自己判断せず、心配な場合はお医者さんで相談しましょう。

赤ちゃんのうんちの色で白や赤や黒が続くときには、うんちのついたオムツを持って病院に行きましょう。

ビニール袋に入れて口をしっかり縛っておけば、臭いも気になりません。

病院に行くまでに時間がかかったりして、すぐに持参できないこともありますよね。

その場合は、スマホやデジカメなどで写真を撮って病院で相談するとよいでしょう。

赤ちゃんの状態もよく観察しましょう

赤ちゃんお風呂上りうんちの色によって健康状態をチェックできますが、それだけでは判断できないこともあります。

ですので、うんちの色とともに普段の赤ちゃんの状態もよく観察しましょう。

機嫌はよいか?
熱はないか?
食欲が普段と変わりないか?
ぐったりしていないか?

うんちの色が健康でも、赤ちゃんの機嫌が悪くぐずっていたり、ミルクや母乳の飲みが悪いなど普段と違う場合は別の病気も考えられます。

様子がいつもと違うと感じたら、お医者さんに相談しましょう。

うんちの色をよく観察しましょう

赤ちゃんのうんちの色はミルクや母乳、腸内細菌などでさまざまに変化します。

緑色のうんちなんて病気?!と思ってしまいますが健康なので心配いりません。

うんちの色にも個人差があるので赤ちゃんの元気なときのうんちの色をチェックしておくとよいでしょう。

ただし、白、黒、赤いうんちは病気の可能性があるので早急に対応してくださいね。