赤ちゃん発達障害視力新生児の頃の赤ちゃんは、呼んだりあやしたりしてもなんだかぽけーっとこちらを見ているだけで不安になるほど反応がなかったりします。

こんなに反応がなくて大丈夫と心配になってしまいますよね。おもちゃを見せても興味を示さなかったり、いないいないばぁをしてみてもぷいっと顔を背けてしまったり。

そんなときは、ちゃんと見えていないのかな?!興味を示さないなんて発達障害なのかな?と不安になってしまいます。

実は、新生児の視力には大人とは違う特徴があります。そこで、今回は新生児の視力の考え方や心配事などをまとめてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの視力は?

赤ちゃん視力

ポイント

  • 新生児の視力は0.01
  • 識別できるのは明るさ・暗さ。白黒などのシルエット。ものの形や色などはほとんど見えていません。
  • 成長に伴って視力も成長していきます。1〜2歳で0.3、3歳で1.0、6歳で大人並みの視力になります。

産まれたばかりの赤ちゃんはどれくらいものが見えているのでしょうか?

実は、ほとんど見えていないんです!!

新生児の頃の視力は0.01ほどしかないと言われています。ほとんど見えていない状態ですよね。首を動かしたりしてきょろきょろすることもできないので、自分の目の前のあたりをぼんやり見ているような感覚です。

新生児の頃の赤ちゃんが認識できるのはだいたい顔から15〜20センチくらいの範囲で色も黒や白など。ただ、明るさや暗さは判別することができるので部屋の明るさなど人のシルエットがわるような程度です。

脳の発達とともにゆっくりと視力も成長していきます。たいたい3歳になることには視力1.0くらい。6歳になる頃にはほぼ大人の視力と同じくらいになっていきます。

生後1・2ヶ月

生後1・2ヶ月の頃の視力は0.01〜0.02くらいです。自分の顔から20センチくらい離れたものをじーっと見つめることができるようになります。

抱っこして密着しているときはママやパパの顔が見えています。話すときなどはできるだけ赤ちゃんの顔の近くに近づいてあげると安心します。

生後2ヶ月頃になってくると物や色を認識できるようになっていきます。おもちゃなどを動かしてあげると目で追うことができるようになっていきます。

生後3ヶ月頃

ものの色や輪郭などの全体がぼんやり見えてきます。パパやママが笑っているのか、怒っているのかなどの表情がわかるようになってきます。

赤ちゃんの表情も豊かになりにこっと笑うことも増えてくる時期です。物を動かして目で追う「追視」がはっきりとできるようになっていきます。

生後3ヶ月を過ぎると左右の目を連動させて1つの物を追うことができるようになります。生後4ヶ月をすぎると奥行きなどもわかるようになり、生後5ヶ月をすぎると目と手の動きが連動するようになっていきます。

色も認識できるようになっていきます。最初に認識できるのは「赤」でその後順番に他の色もわかるようになります。カラフルなおもちゃや赤色に示す時期なのでたくさん遊んであげましょう。

生後6ヶ月頃

人や物の輪郭が徐々にはっきりしてきます。奥行きや距離感などもわかるようになっていきます。

生後4ヶ月を過ぎると左右の目を連動させて1つの物を追うことができるようになります。首もすわり腰もすわり始めてくる時期なので赤ちゃんの視野が広がっていく時期です。

目で見てパパやママが認識できるようになってくるので人見知りが始まるのもこのくらいの時期が多いです。

1〜2歳頃

1歳で視力はだいたい0.3くらいです。床に落ちているゴミくずのような細かい物まで見えるようになってきます。立つことができるようになるので視点が高くなり回りを見渡すことができるようになります。遠くを見ることが可能になります。

3歳頃

3歳になると視力は1.0くらいになります。物の輪郭が少しだけぼやけているもののほぼはっきりと見えるようなレベルです。1〜3歳までに急速に視力が発達していきますので、子供の興味のあるものにどんどん触れさせてあげましょう。

うちのこも1歳をすぎてくると床に落ちているゴミを拾うようになり始め、え?!そんな細かいもの見えるの?とびっくりした記憶があります。これも子供にとっては小さなものや細かいものが見えるようになったっていう一つの成長段階なんですね。6歳頃になるとほぼ大人と同じくらいの視力になります。

赤ちゃんの視力が弱いのはなぜ?

赤ちゃん視力

ポイント

  • 赤ちゃんの視力が弱いのは脳の発達が関係しています。
  • 目で見た情報は脳で処理され理解されますが、産まれたばかりの赤ちゃんは情報処理能力が未熟なため視力が弱いのです。
  • 体の発達とともに体の動きと連動したり視野が広がっていきます。
  • 3歳くらいまでに興味のあるものをたくさん見せてあげると視力にもよい影響を与えます。

赤ちゃんが大人と同じくらいの視力になるのには時間がかかりますね。なぜそんなにも時間がかかるのでしょうか?これには、脳の発達と関係があります。

私たちは目から入ってきた情報を脳で処理して理解しています。産まれたばかりの赤ちゃんは脳や視神経が未熟で情報をうまく処理できません。

そもそもすべてが初めての体験である赤ちゃんの脳にとって、物や人を見ても最初はそれが何なのか判断したり理解することができないんです。

毎日いろいろな物を繰り返し見続けることで、脳が経験し理解したり半堕することができるようになっていきます。

成長するにつれて左右の目の動きが連動してきたり、目で見た物を手でつかむという動作ができるようになったり、首がすわっておすわりができるようになったり立ち上がることができるようになることで視野や視界が広がっていきます。それによってより遠くを見渡せるようになったり、奥行きや距離感がつかめるようになってきます。

さまざまな色や形などの情報が脳に伝えられることで視力も上がってきます。3歳までに興味のあるものをたくさん見せてあげると脳への刺激が増え、視力にも影響を与えていきます

テレビの見せすぎで視力が弱い?

赤ちゃんテレビ

ポイント

テレビを見ることですぐに視力が低下することはありません。

テレビは適切にみることで赤ちゃんや子供の視力低下を防ぐことができます。

  • テレビとの距離をとる
  • 時間を決めてみる
  • コミュニケーションのツールとして活用する

テレビの内容を家族で話す家庭の子供ほど語彙が多くなると言われています。ルールを決めてテレビを活用するようにするとよいですね。

テレビを見ることで視力が悪くなるのではと心配するママもいらっしゃると思います。赤ちゃんや子供って必要以上にテレビに近づいて見ているので心配になりますよね。

でも、赤ちゃんや子供が画面にかじりつくように近くで見るのは、まだ視力が弱くよく見えないからです。

テレビを見ることですぐに視力が低下するということはないと言われています。

ただし、テレビとのつきあい方を小さいうちから教えてあげることはのちの視力低下を防ぐためにも大切なことですよね。

赤ちゃんのうちからテレビを見るときは次のことを意識するとよいですよ!

テレビとの距離をとる

テレビはパッパと画面が変わったり、強い光がでたりするので赤ちゃんには刺激的で目が疲れる原因にもなります。

あまり近づきすぎてしまうとその分だけ刺激も強くなるので、テレビの前にテーブルを置いたりベビーゲートなどでテレビに近づきすぎないように工夫してあげることが大切です。

最近のテレビは大画面化する傾向にあるのですが、大画面は赤ちゃんにとっては刺激が強すぎるんです。体の小さな赤ちゃんにとっては目の前の視野のすべてがテレビ画面になります。まるで、大人にとっての映画館での大きなスクリーンで見ているような感覚を赤ちゃんは感じることになります。

刺激が強いだけでなく、自分が画面の中に入ってしまうような感覚に成ったり現実感がなくなったように感じてしまうことがあります。お家のテレビが大きい場合はテレビからの距離を多めにとって見せてあげましょう。

時間を決めて見る

テレビの付けっぱなしが赤ちゃんや子供に悪影響を与えることはありませんが、赤ちゃんはテレビの光が気になって画面ばかり見てしまいます。

この番組だけ見せる、この時間帯だけ見せるとルールを作を作っておくとよいでしょう。朝や夕方の時間帯は子供向けの教育番組などがやっているのでそれを見ていてもらう間にママは家事をこなすことができますよね。

赤ちゃんや子供の集中力はそこまで長時間続かないので、テレビをつけっぱなしでも途中で飽きて他の遊びにうつることが多いです。

ただし、常に音や光が出ている状態なのでどうしても気になって他の遊びへの集中力も落ちてしまう傾向があります。

テレビを見るときと見ないときのメリハリをつけながら生活するようにするとよいですね。

コミュニケーションのツールとして活用する

テレビは上手に活用すれば赤ちゃんや子供世界が広がります。うちの子は今2歳になったばかりですが昨日はテレビで見たお医者さんの真似をして「ちゅうしゃしましょう~」と話していてびっくりしました。

それくらい子供ってテレビから吸収しているんですよね。なので、吸収した内容を生かすようにしてあげるとよいですよ!

「きりんさんがでているね!」「飛行機がとんでるね」などテレビで見た内容をパパやママが話しかけてあげたり、「お店屋さんごっこをしようか」「お医者さんごっこをしようか」などお子さんがテレビで興味を引かれた場面などで遊んだりするとよいでしょう。

赤ちゃんやお子さん1人で黙々とテレビを見せるのではなくて、家族で一緒に見て会話のきっかけにするとテレビによって世界が広がったり家族の会話が増えていきますよ。

ついついテレビやスマホの動画を見せて子守りをさせたくなってしまいますが、赤ちゃん1人で見せるのではなくママも一緒に見てテレビとのつきあい方を教えてあげるようにしましょう。
でも、家事をしている時間などはテレビを見て大人しくしていてくれると楽ですよね。どうしてもの時はテレビに頼るのは悪いことではありません!

しかも、テレビを見てその内容を家族で話し合う家庭ほど子供の使う言葉の数が多いというデータも出ています!テレビを見ること自体が悪いことではなくてテレビをどう見るかが大切です。

適切なテレビ視聴で赤ちゃんや子供の視力を守りながら、子供の発達を促してあげるツールだと思って上手に活用していきましょう。

目の病気で視力が弱い?

赤ちゃん目

ポイント

  • 赤ちゃんの視力が弱いと感じるときは目の病気の可能性もあります。
  • 赤ちゃんの目のトラブルで最も多いのは「斜視」「弱視」。治療によって良くなるので早期発見、早期治療が大切です。
  • 他にも先天性白内障や先天性緑内障、細胞芽細包腫、先天性鼻涙管閉塞などがあります。

赤ちゃんの視力が弱い?よく見えていない?と感じたときに目の病気の可能性もあります。

赤ちゃんの目のトラブルで最も多いのは斜視と弱視だと言われています。目のトラブルは視力にも関係してくるので気になる症状があれば放置しないことが大切です。

斜視とは?

斜視は左右どちらかの目が外側や内側を向いている状態のことです。目の動きが不規則なこともあります。斜視は生まれつき目と脳の連携がうまくとれていないことで起こります。
産まれたばかりの赤ちゃんの目はまだ左右連動して動かすことが難しいために見られる状態です。

月齢が進んで脳が発達してくると左右の目の動きが連動してくるので斜視のような症状は落ち着いてくることがほとんどです。ただ、産まれたときから斜視を持っていることもあります。

斜視は早期発見と治療で克服することができます。もし、赤ちゃんが斜視なのかもと気になる場合は早めに医師に相談してくださいね。

弱視とは?

弱視とは、何かしらの原因で視力が伸びず視力が弱いことを言います。

弱視の原因の一つは斜視と言われていて、奢侈になると片方の目で物を見てしまうのでもう片方の目の視力が育たないことが原因です。弱視は早期発見することで原因を取り除いたり、治療をすることができます。

極端にものに近よって見る、片方もしくは両方の目を細めて物を見るなどのサインがある場合は早めに眼科医に相談しましょう。

その他にも、赤ちゃんの目のトラブルには先天性白内障や先天性緑内障、細胞芽細包腫、先天性鼻涙管閉塞などがあります。

赤ちゃんの目に次のような症状がある場合は、すぐに専門医に相談しましょう。早期発見することで対策や治療ができます。

・よく黒目が揺れている
・いつも涙目になっている
・黒目の表面が白く濁っている
・目やにがよく出る
・目をよくぱちぱちする
・いつもまぶしそうにしている
・前よりも黒目が大きくなった
・目が充血している

赤ちゃんの目の病気は日常生活の中で赤ちゃんをよく観察してあげることが大切です。ママは日頃から赤ちゃんの様子に異常がないか、違和感がないかなどを見てあげましょう。

視力が弱いことで発達障害の可能性はある?

赤ちゃんは産まれたときは視力は弱く、徐々に発達していくことがわかりましたよね。でも、目は外に出た脳とも言われるのでなかなか視力が発達していかないと脳に問題があるのでは?と心配になってしまうかもしれませんね。

赤ちゃんのうちは視力が弱いので視線があわなかったり、周りのものに手を伸ばさないなど問題ありません。

ただ、成長して視力が発達している頃なのに指差しをしなかったり、人や物に興味がなかったりするのは視力だけの問題だけではない可能性もあります。

「発達障害」という言葉を聞いたことがあるパパやママも多いかもしれません。最近はテレビやニュースなどでもよく取り上げられていますよね。発達障害は生まれつき脳の一部の機能に障害があるためにおこるとされています。

発達障害とは?

発達障害とは

ポイント

発達障害とは「先天性の脳機能障害などで行動やコミュニケーション、社会適応などに発達の遅れがある状態」のことを言います。

  • 自閉症広凡性発達障害(自閉症スペクトラム障害)
  • アスペルガー症候群
  • 小児崩壊性障害
  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)
  • 学習障害(LD)

社会性やコミュニケーション能力に障害があったり、特定の物への執着が強くなったり、知的障害を伴うものであったりと分類によってそれぞれ特徴があります。

もしかしたらうちの子は発達障害なのかもと不安を感じている方もいらっしゃるかもしれません。でも、発達障害って具体的にはどんな症状なのかってよくわからないですよね。

発達障害って具体的にはどんな症状でどんなものなのでしょうか?

発達障害というのは、先天性の脳機能障害などが原因の発達の遅れです。主には行動やコミュニケーション障害、社会適応障害などの症状があります。

発達障害には発達障害や知的障害を伴うものがあり、実は一口に発達障害と言ってもさまざまなものがあります。主に次のようなものです。

自閉症障害

対人関係・社会性の障害、コミュニケーション障害、限定した物への強い興味・行動などの3つの特徴があります。自閉症の子の50%以上に知的障害が見られます。3歳までに症状が見られるとされています。

広凡性発達障害

特定の物に強いこだわりを持ったり、コミュニケーション能力に発達の遅れや問題がある場合があります。こだわりの強い変わった人として捉えられる程度と思われる場合もありますが、特定のパターンへの執着が異常に強い場合やコミュニケーションが異常である場合は社会生活に困難をきたします。

アスペルガー症候群

自閉症の3つの特徴である対人関係・社会性の障害、コミュニケーション障害、限定した物への強い興味・行動のうちのコミュニケーション能力の障害が軽いのが特徴です。知的障害の割合が少なく、言葉の発達にも目立った影響が見られないのが特徴です。

小児崩壊性障害

知的機能、運動機能、言語機能、社会性などが成長に伴って衰退していく発達障害です。生後2年間以上は順調に発達していたにも関わらず、その後約半年をかけて衰退していき自閉症とにた症状になっていきます。

注意欠陥多動性障害(ADHD)

物事に集中できない、落ち着いていられない、じっとしていられない、約束を守れないなどの不注意や多動性、衝動性の症状のある発達障害です。症状は7歳までにあらわれ、成長段階で減少していくこともあります。

学習障害(LD)

知的発達に著しい遅れはないものの読む、聞く、話す、書く、計算する能力のうちの特定の習得や使用に困難を伴う発達障害です。学習環境などの教育状況ではなく中枢神経系の機能障害のために起こります。

発達障害の赤ちゃんの特徴は?

発達障害特徴

ポイント

こんな特徴が見られる場合は発達障害の可能性があります。

  • 指差ししない
  • 人見知りをしない
  • 抱っこされるのがイヤ
  • 1人でいるのが好き
  • 周りへの興味関心がない

ただし、成長のスピードがゆっくりなだけの場合もあるので過度な心配は控え、心配なときは専門家に相談しましょう。

発達障害の多くは乳幼児の頃から特徴が見られます。ただし、個人差や性格などもあるので特徴があるからといって必ずしも発達障害と決まった訳ではありません!

本人の性格や成長のスピードがゆっくりな場合もあります。過度な心配は控えてもしいくつか当てはまるようなら専門家に相談してみましょう。

指差しをしない

赤ちゃんは生後10ヶ月頃から自分の興味のある物や気になるもの、とってほしいものなど指を指して教えてくれるようになります。まだ言葉をうまく話せない赤ちゃんは指をさすことによって周りの人とコミュニケーションをとろうとします。

発達障害の場合、周囲への興味関心が著しく低い特徴があります。1歳前後になっても指差しが見られない場合は発達障害の可能性があります。

人見知りをしない

人見知りは一般的には生後6〜7ヶ月頃に始まります。赤ちゃんがパパやママや家族以外の知らない人や見慣れない人に会ったときに不安を感じて泣き出したり行動が人見知りです。

これは、パパやママなどの身近な人を認識できるようになった証拠で成長の一つの段階です。人見知りの頃の赤ちゃんは人の顔をじーっと見て、今自分を抱っこしているのはだれだろう?と観察していますよね。

パパやママであれば安心して、この人は誰?!と不安を感じると泣いたり、手を伸ばしてパパやママを探し求めたりしますが、発達障害のある赤ちゃんは人見知りをしないことがあります。知らない人に抱っこされていても普段と変わらなかったり、気にしないことが多いようです。

抱っこされるのがイヤ

一般的には赤ちゃんは抱っこが大好き。身近な人に抱っこしてもらうと安心します。不安な時や眠い時、甘えたいときなど抱っこしてもらいたくて要求したり、泣いたりしますよね。

でも、発達障害のある赤ちゃんは抱っこを嫌がることがあります。発達障害の赤ちゃんは感覚に敏感な傾向があるため、肌が密着したりする感覚を好まないことが多いようです。

1人でいるのが好き

赤ちゃんがハイハイやつかまり立ちができるようになってくると、ママの姿が少し見えなくなるだけで泣き出したり後追いをします。ママがちょっとトイレに行くだけでも姿が見えないと不安に感じて泣いたり、ママを探します。

けれど、発達障害のある赤ちゃんはママの姿が見えなくなっても後追いすることがなく1人になってもママと一緒にいる時と変わらないで過ごします。

反応が薄い

赤ちゃんは生後6ヶ月をすぎると名前を呼ばれたり、声をかけてもらうと振り向いたり手を動かしたり、笑顔を見せるようになります。相手からの応答に答えようとするコミュニケーションの気持ちが芽生えているからです。

生後6ヶ月をすぎて、名前を呼んでも反応しない、視線をあわせようとしない、あやしたり声をかけたりしても笑ったり反応しない場合は発達障害の可能性があります。

周りへの興味関心がない

赤ちゃんはお母さんや周囲の人の真似をしながら吸収していきます。ママの行動や言葉などを自分もやってみよう!と真似していくんです。子供が話している言葉を聞いて、自分ってこんな風に話しているんだなと感じるママもいることでしょう。それくらい赤ちゃんや子供はママの様子をよく観察しています。

発達障害の子は1人でいることが好きだったり、周りへの興味関心がないことが多いです。なので、1歳前後になっても周りの真似をしなかったり、周りの人や子供に興味がないような場合は発達障害の可能性があります。

異常がある場合はいつごろわかる?

診断いつ

ポイント

発達障害がある場合、診断されるのは3歳をすぎてから。

心配な場合は医師や専門家に相談しましょう

  • かかりつけの小児科
  • 保健センター
  • 子育て支援センター
  • 民間の企業や団体

民間の企業は営利目的で行っているところも多いので慎重に選ぶようにしましょう。迷ったら行政機関がおすすめです。

発達障害と診断されるのは3歳をすぎてからが多いようです。3歳までは発達障害の特徴が見られたとしても、それが発達障害によるものなのかの判断がつきにくいからです。

発達のスピードが遅いだけなのか、環境や遺伝によるものなのかがまだわからないため3歳未満で医師や専門家に相談しても診断がでることはほどんどないようです。

ただ、発達障害がわかる年齢が低いほど早いうちからその特性にあった対応を始めることができます。そのため、成長してからの社会適応がよくなっていくとされています。

もし、赤ちゃんが発達障害かもしれないと思ったら早めに相談してみることが大切です。

かかりつけの小児科や保健センター、子育て支援センターなど専門家に相談してみましょう。病院や行政の機関のほかにも民間でも相談や支援を行っている団体や企業がたくさんあります。ただし、民間企業は利益を目的に行っているところもあるため慎重に選ぶようにしてくださいね。

気にしすぎないことも大切

赤ちゃんの発達については個人差が大きいので過度に気にしすぎないことも大切です。気にし過ぎるとママも疲れちゃいますよね。

私の友人もお子さんが2歳をすぎても言葉を全然話さないから発達障害かもしれない!と心配していくつも病院を回ったりしていました。発達障害ではないですよと診断されて、結局その後、言葉もどんどん話せるようになってきましたよ。

テレビなどで発達障害のことをよく目にするようになったのでどんなものなのかよくわからないまま漠然と不安を感じてしまうかもしれません。

でも、私の友人の子のように単に成長のスピードが人よりもゆっくりなだけということもありえますよね。育児書や他のこと比べると、焦ってしまったり心配してしまいますが、赤ちゃんの様子をよく観察してあげるのがとても大切なことなのだと感じます。

発達障害は周りの理解や早期発見することで社会への適応がしやすくなります。ママは過度に心配したり自分を責めたりしないようにしてくださいね。