ハイハイハイハイと聞くと四つんばいで前や後ろに進むのを想像しますよね?

「うちの子のハイハイは他のこと違う」「なんだか不格好なハイハイだけど大丈夫?」と思っているママも大丈夫!

ハイハイにはいろんな形があるんです!

ハイハイが始まる時期に個人差があるように、ハイハイのスタイルにも個性があります。

ハイハイの種類

  • ずりばい:両手両足を使って、ほふく全身をするようにズルズルと前に進むスタイル
  • 腹ばい:手足をほとんど使わないでお腹を左右に動かしながら進むスタイル
  • ひじばい:肘をつかって体を動かしていくスタイル
  • 高ばい:膝を床につけずにおしりを高く持ち上げながら動くスタイル

ハイハイにもいろいろなタイプがありますよね!

他にもおしりでピョンピョン移動したり、お尻をズリズリひきずりながら移動する赤ちゃんもいます。

すりばいが始まってハイハイに移行していく赤ちゃんが多いのですが、ずりばいがなかったのにハイハイが始まる子や、ずりばいから突然高ばいを始める子など本当にさまざま!

それぞれの赤ちゃんによってスタイルが違うのでこれが正解というものはありません。我が子がどんなハイハイをするのかよく観察しておくと楽しいですよ♪

ハイハイを始めた頃は一歩一歩進むのに時間がかかるし、とってもたどたどしいです。バランスを崩して転がってしまったり、尻もちをついたりしますが、徐々に上手にできるようになっていきます。

そうやって、手や足を使って体を前に動かしていく感覚を養っていきます。自分にあったやり方で赤ちゃんは成長していきます。

最初はハイハイが下手でもママは温かく見守ってあげましょう。

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

ハイハイの練習方法

▼次のページへ▼