ポイント

葉酸の必要量は、成人女性 240μg/1日

妊娠前、妊娠初期 1日480μg

葉酸の過剰摂取はNGです。

水溶性のビタミンなので取りすぎると体外に排出されます。

過剰摂取の場合、ビタミンB12欠乏を隠してしまう可能性があります。

妊娠後期の過剰摂取は子供が喘息になりやすいというデータも。

成人女性は通常240μgが推奨量とされています。妊娠すると葉酸の必要量がぐっと増えます。

厚生労働省は、妊娠前、妊娠初期は1日480μgの葉酸の接種を推奨しています。

アメリカの国立衛生研究所では1日最低600μgを推奨していて国によってばらつきがありますが、欧米人は体が大きかったりするので480μgとれば十分でしょう。

たくさんとれば先天性異常のリスクを下げられるかも!と考えるかもしれませんが、葉酸の過剰摂取には注意も必要です。

葉酸は水溶性ビタミンなので、どれだけたくさん接種しても過剰な分は尿で排出されます。

ほかにも、1日1mg以上の過剰摂取の場合、ビタミンB12欠乏を隠してしまうという研究結果があります。

また、妊娠後期に過剰摂取をすると産まれてきた子供が喘息になりやすいというデータもあります。葉酸の積極的な摂取は妊娠前と妊娠前期に推奨されていて、中期と後期はそこまで気にする必要はないと言われています。



記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

いつからいつまで?授乳期も必要?

▼次のページへ▼