テレビ

ポイント

テレビを長時間見ることで言葉の発達が遅れる可能性が。

赤ちゃんが言葉を覚えるのに一番大切なのは「双方向のコミュニケーション」

一方的に情報を伝えるテレビは、赤ちゃんのコミュニケーションには繋がりません。

テレビを長時間見ることで言葉の発達が遅れると指摘されています。一見、テレビを見ているとたくさんの言葉に触れるような気がしますよね。

でも、赤ちゃんが言葉を覚えるのに大切なのは双方向のコミュニケーションなんです。

例えば、パパやママとの会話や語りかけなど。テレビは一方的に情報を送りつけるだけで、双方向のコミュニケーションにならないのです。

小さいうちはテレビを見せないと決めているママもいるかもしれません。とはいえ、テレビを全く見せないというのもむずかしいですよね。

パパが帰ってきたら、無意識にリモコンをポチッとしたり、おじいちゃんやおばあちゃんの家でテレビがついていたりすることもありますし、ママも見たい番組があるかもしれません。

また、テレビによって新しい世界が広がったり、好きなキャラクターができて楽しんだりと赤ちゃんにとってメリットもあります。

テレビは絶対に見せてはいけないんだ!と禁止してしまうと逆にママのストレスになってしまうことも。

問題なのは、テレビのせいで親子のコミュニケーションが減ることです。テレビとうまく付き合うコツを知って上手に活用していきましょう。

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

テレビはいつから?

▼次のページへ▼