ポイント

距離

テレビから2メートル以上離れて視聴するのがよいでしょう

音量

周りの音が聞こえなくなるくらいの大音量はやめましょう

赤ちゃんは画面に近づいてテレビを見ますよね。こんなに近くで見て視力が下がったらどうしようと心配になるほどですが、長時間の視聴でなければ心配ありません。

ただ、テレビの光の刺激で目が疲れるので、テレビから2メートル以上離れて視聴しましょう。ベビーゲートや柵などで調整するとよいですね。

また、テレビを見るときは大音量での視聴は避けましょう。大音量の音を聞き続けることは、耳石をすり減らすことになり難聴の原因となります。

周りの音が聞こえないほどの大音量は避けましょう。赤ちゃんを呼ぶ声や話しかける声が聞こえる程度の音量であれば大丈夫です。

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

テレビを見るときのポイントは?

▼次のページへ▼