すこやかm1の作り方

メーカーによって溶けやすかったり溶けにくかったりして、粉ミルクのメーカーによって推奨している作り方が少しずつ違います!

すこやかm1は70℃以上のお湯を使うのをおすすめしています。

ミルクの作り方

先にお湯を入れてから作るやり方と先にミルクを入れてから作るやり方があります。

【準備】

  • 消毒した哺乳瓶を用意する
  • お湯は一度沸騰させ70℃にする
  • 調乳前は手指をよく洗いましょう

先にお湯を入れて作る

  1. 消毒した哺乳瓶に1度沸騰させた70℃以上のお湯をできあがり量の半分入れます。
  2. すりきりで量った粉ミルクを入れます(1さじのできあがり量は20ml)
  3. 哺乳瓶を軽く振って粉ミルクを溶かします。とっても熱くなっているのでタオルを巻いたりしてやけどをしないように注意!
  4. できあがり量になるように70℃以上のお湯を追加する
  5. ニプルをつけてさらに溶かします。水につけて体温くらいに冷ましてください

先にミルクを入れて作る

  1. 消毒した哺乳瓶に粉ミルクをすりきりで量っていれます
  2. 一度沸騰させた70℃以上のお湯をできあがり量の半分入れます
  3. 哺乳瓶を軽く振って粉ミルクを溶かします。とっても熱くなっているのでタオルを巻いたりしてやけどをしないように注意!
  4. できあがり量になるように70℃以上のお湯を追加する
  5. ニプルをつけてさらに溶かします。水につけて体温くらいに冷ましてください

先にお湯を入れて作るやり方もミルクを先に入れて作るやり方も個人的にはどちらも溶け方に違いはないかなーという印象です。でも、私はどちらかというと先にミルクを入れる方が好きでした。

先にお湯を入れるとお湯の湿気で粉ミルクがさらっと落ちないような気がするし、入れるときに少しこぼしたりすると湿気で瓶のふちについてしまうんですよね。

あと、私は粉ミルクを入れるときは哺乳瓶を傾けて入れたいので先にお湯が入っていると熱い…でも、これは好みなのでどちらも試してみてやりやすい方を選んだらいいと思いますよ♪

ちなみに、粉ミルクは水道水にあうように作られているそうです。浄水器をとおした水道水だと安心して使えますね。

もし、ミネラルウォーターを使う場合は硬度60mg/L以下の軟水を使うようにしましょう。

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

すこやかM1を安く買うには?

▼次のページへ▼