ポイント

発疹の原因は

  • 皮膚の外側が原因の場合⇒自宅対処可能
  • 身体の内側が原因の場合⇒ウイルス感染など⇒病院へ行く必要性も

の2通りに分類されます。

ただ、ママの立場からすれば、身体の内側から来ているのか、外側から来ているのかは判断が付かないはずです。

ですから、熱があるかどうかによって判断するのが一番です。

発疹の原因には皮膚の外側が原因のものと、体の内側が原因ののものの2つの原因があります。

まだ皮膚の弱い赤ちゃんは皮膚の外側からのすこしな刺激でも発疹がでやすいんです。この場合の発疹は急を要することが少なく自宅で対処することで治っていきます。

一方、体の内側が原因のものはウイルスによる感染で起こることが多いです。ウイルスが血液に乗って全身へと広がっていきます。そのため、顔から背中、お腹、お尻へと発疹が全身に広がります。症状によっては病院で診断してもらうことが必要です。

発疹が体のどの部分に出ているのか、どんな出方なのか、熱はあるのかないのかなどをよく観察しておきましょう。

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

熱がない場合の発疹5パターン

▼次のページへ▼