ダウン症の特徴

ポイント

ダウン症の赤ちゃんには次のような身体的特徴があります。

  • 顔が平べったい
  • 耳が低い位置にある
  • つり目で両目の間隔が広い
  • 首が太い
  • ますかけ線
  • 小指の関節が少ない

他にも筋力が弱い、低身長などの特徴もあります。精神発達、知的発達の遅れの見られる子もいます。

ダウン症を持って生まれてきた赤ちゃんには次のような身体的特徴があります。

顔が平べったい

顔が全体的に平べったく、凹凸が少ないような顔立ちをしています。特に、鼻が小さく低いことが多いようです。両目の間の鼻の始まりの辺りが他の子と比べると低いことが多いです。

耳が低い位置にある

ダウン症の赤ちゃんは耳にも特徴があります。耳が顔の下の方についていたり、耳が小さく丸っこい形をしています。また、内側にくるっと折れ曲がるようになっている子もいます。

つり目で両目の間隔が広い

ダウン症の赤ちゃんは細いつり目で両目の間隔が広めです。赤ちゃんには少ないと言われている二重まぶたで産まれてくる赤ちゃんもいるようです。ただし、赤ちゃんの家は顔の脂肪でつり目に見えたりしますし、二重まぶただからと言って必ずしもダウン症であるとは限りません。

首が太い

お腹にいる頃の超音波エコーでもわかりやすいのが首の太さです。ダウン症の赤ちゃんは首の後ろが浮腫んでいて、首が太く短いのが特徴的です。赤ちゃんはもともと首が短いので初めての出産の場合はなかなか見分けがつきませんが、医師や看護師さんにはよくわかるそうです。

ますかけ線

手のひらの真ん中より上の辺りにでる線で、手のひらをまっすぐ横切る線です。ダウン症の約半数がこのますかけ線を持っているそうです。ただし、ダウン症でなくてもますかけ線を持つことはありますので、他の特徴と組み合わせて判断することが必要です。

小指の関節が少ない

小指の関節が1つしかないなど、関節が少ない場合があります。指の骨は3本あるけど関節は2つしかない、指の骨が2本しかなく関節が1つしかないなど特徴の出方はそれぞれですが関節が少なく生まれてくることが多いようです。

その他にも、筋力が発達しておらず力が弱い、低身長、合併症を持って生まれてきているなどの特徴もあります。知的発達や精神発達に遅れがあり、コミュニケーションがとりにくいこともありますね。

ただし、これも人それぞれ程度の差があります。ダウン症でも健康で元気な子やコミュニケーションがきちんととれる子もいますので一概にはいえません。

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

ダウン症の赤ちゃんが生まれる確率は?

▼次のページへ▼