ホットヨガは室温や湿度の高い部屋の中で行うので注意点を守って行ってください。

食後2時間は行わない

食べ物が胃の中に入ったままヨガを行うと、内蔵を傷めたり気分が悪くなってしまいます。食後2時間は内蔵が消化のために活動しているので、食後をさけて行いましょう。

体調が悪いときは行わない

ホットヨガは湿度の高い部屋の中で行います。そのため、通常のヨガよりも心臓への負担が大きいです。体調が優れない時や寝不足のときなどは行わないようにしましょう。

ホットヨガを行うときは、無理せずに体調が良いときに行うようにしましょう。産後は、体力や免疫力が落ちている時期なので無理は禁物ですよ!

ホットヨガで身体の内側から温まると普段の生活の中での代謝もあがっていくのでうれしいですよね♪

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

産後ダイエットは無理せずに

▼次のページへ▼