上の子がぐれない二人育児下の子が産まれるとママにとっては体力的に疲れる上に2人の子育てって精神的にも消耗します!!

赤ちゃんの授乳をするタイミングやおむつを替えなきゃいけないときに限って上の子がかまって攻撃を仕掛けてきますよね。

ママも手一杯でイライラしてつい上の子を無視したり、後回しにしたくなっちゃいます、でも、あまりにかまってあげられないといじけたり、心を閉ざしたりしてグレてしまうことも。

赤ちゃんが産まれるとどうしても赤ちゃんつきっきりになってしまいます。上の子への対応を間違ってしまうと赤ちゃんにママを取られた!と言う思いが一生残ってしまうそうです!

下の子が産まれて大変でも上の子がぐれないようにするには気をつけたいですよね。では、どんなことに気をつけていけばよいのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

上の子にイライラするシチュエーション

上の子にイライラ

ポイント

具体的にどんなときに上の子にイライラしやすいのか見ていきましょう。

  • 上の子が下の子をいじめる
  • 赤ちゃんを守らなければと思う
  • 上の子が赤ちゃん返りをする
  • 授乳のときに限ってべたべたしてくる
  • ママが精神的にも体力的にも疲れている
  • 上の子かわいくない症候群

どんなときにイライラしやすいかを知っておくだけでも自分だけじゃないんだ!って気持ちが楽になることがありますよ。

上の子が下の子をいじめる

ママが下の子のお世話をしているとしっとして赤ちゃんにいじわるしたり、たたいたりします。そんな上の子の姿を見るとさらにイライラがつのってしまいますよね。今まで自分の方にママの目が向いていたのに下の子ばかりになって寂しいけどうまく表現ができなくてつい手が出てしまうんですね。

赤ちゃんを守らなければと思う

産後は赤ちゃんを守らなければいけないという気分になります。これは、産後のホルモンの働きでもあるので仕方がありません。上の子よりも小さい赤ちゃんを守らなければという思いが強くなるので上の子に対してイライラしたり、うっとおしく思ってしまいます。

上の子が赤ちゃん返りをする

授乳のときに限って上の子が甘えてきたり、赤ちゃんを抱っこしていると上の子が嫉妬したりしてきます。卒乳しているのにおっぱいを飲みたがったり、抱っこしてもらいたくなったり、ママにごはんを食べさせてもらおうとしたりしてママとの関わりを求めてきます。ただでさえ手がいっぱいなのに、自分でできることは自分でやって~!!と思ってしまいますよね。

授乳のときに限ってべたべたしてくる

ママが赤ちゃんのお世話をしなければいけないときに限って「ママー抱っこー!」「ママー遊んでほしいー」って絡んできます。ママの関心が赤ちゃんに向いていることがさみしかったり、悔しかったりするんですよね。

ママが精神的にも体力的にも疲れている

出産はただでさえ体力を使うのでママもへとへとです。産院から家に帰れば上の子が待っていて、上の子と赤ちゃん2人のお世話が始まります。疲れているとただでさえ心の余裕がなくてイライラしてしまいます。

上の子かわいくない症候群

下の子が産まれるまでは上の子が一番!というママも、赤ちゃんが産まれると上の子をうっとうしいと思うことがあります。それに自己嫌悪してしまうママも多いのですがこれって産後のホルモンの影響もあって自然なことなんです。

産後は赤ちゃんを守ろうとする本能が働くので、赤ちゃん以外のものに対しての防衛反応で上の子にさえかわいくないって思います。また、小さい赤ちゃんを見ていると上の子がやたらと大きく見えるのでかわいさが半減します。なので、上の子が甘えてきたり、近よってきてもかわいいと思えなかったり、まとわりついてくることにイライラしたりムカムカしたりしてしまいます。

上の子の気持ちを理解してあげよう

ママが下の子にかまっているときに限って暴力的になったり、甘えてきたりします。これってほとんど、下の子に対しての嫉妬なんですよね。

ママを取られて寂しい!!っていう子供の心の声なんです。言葉ではうまく表現できないから下の子をいじめたり、わがままになったりします。

まずは、上の子の気持ちを理解してあげましょう。

  • 赤ちゃんが産まれてママが取られちゃった!
  • 好きでお姉ちゃんになったわけじゃないのに!
  • 私のママなのに・・・・
  • 赤ちゃんのせいでママが遊んでくれない!
  • 赤ちゃんなんてキライ!
  • お兄ちゃんなんて呼ばれたくない!!

突然、下の子が生まれて上の子も状況を理解できなかったり寂しがっています。

ついつい「お姉ちゃんだからしっかりして!」とか「お兄ちゃんなんだから!」とか言ってしまいたくなりますが、逆効果です!

まずは上の子の気持ちを理解してあげて、受け止めてあげるようにしましょう。

上の子がグレないよう気をつけるべき5つのポイント

上の子がぐれないポイント

ポイント

上の子がぐれないためにできる5つのこと

  • 上の子第一で過ごす
  • 一緒にすごす時間をすごす
  • 話を聞いてあげる
  • スキンシップをとる
  • 一緒に赤ちゃんのお世話をする

ポイントは、できるだけ赤ちゃんが産まれる前の状況や環境を作ってあげて赤ちゃんとの生活になれていくことです!

ママはついつい心の余裕がなくなってしまうけど、上の子も我慢していて寂しがっていることに気づいてケアしてあげることが大切。

でも、ケアと言っても特別なことや難しいことは必要ないんです。日常のちょっとした心がけで上の子の心のケアができるのでぜひ試してみてください。

上の子第一で過ごす

上の子のお世話第一で過ごしてあげましょう。赤ちゃんが泣いているとどうしてもそちらに気を取られますが、少しくらいぐずったりしているくらいであれば上の子第一で過ごしてあげましょう。

赤ちゃんが産まれたせいでママがかまってくれなくなったと上の子が思ってしまうと、下の子に対する思いやりも生まれにくくなってしまいます。いつでもママが優しくしてくれるんだという安心や信頼があれば下の子にも優しくできるんですよ。

一緒にすごす時間をすごす

赤ちゃん抜きで上の子と一緒に過ごす時間を作ってあげましょう。上の子は、今までママを独り占めできていたのが赤ちゃんに取られたような気持ちになってしまいます。なので、今までのようにママを独占できる時間を作ってあげることがおすすめです。上の子と2人でお買い物に行ったり、遊びにいったりしていっぱいふれあってあげましょう。

話を聞いてあげる

子供ってどんなことでもママに聞いてほしいものなんですよね。どんなに些細なことでも、同じ話でも子供の話に耳を傾けてあげましょう。ママが自分の話を聞いてくれていると思うと子供はとってもうれしいし、自分を受け入れてらえているような安心感がうまれます。

スキンシップをとる

上の子を抱きしめてあげたり、抱っこしてあげたりする時間を積極的に作りましょう。抱っこしてあげながら「大好きだよ」と伝えてあげるとよいでしょう。赤ちゃんが眠っているときに、遊んであげたり歩くときは手をつないであげるとよいですね。ママが赤ちゃんばかり抱っこしているとどうしても上の子へのスキンシップが減ってしまうので意識的にふれあう時間を作ってあげましょう。

一緒に赤ちゃんのお世話をする

上の子と一緒に赤ちゃんのお世話をしましょう。一緒にお世話をすることで上の子はママから必要とされていると感じます。下の子は守ってあげたり、追わせしてあげる必要があることを教えてあげましょう。ママに必要とされていると感じると上の子の自信ににって、ママの役に立つためにもっとお手伝いしたいと思うようになりますよ。一緒にお世話して、上の子をほめてあげるとよいでしょう。

上の子の気持ちをうけとめてあげましょう

友人の保育士さんから聞いて、なるほど〜〜!と思った話があります。

その保育士さんは子供が一人いるときに双子を妊娠したそうです。赤ちゃんが産まれたら絶対に忙しくなることを見込んで、双子が産まれた後に上の子が赤ちゃん返りをしないように対策を立てたそうです。

双子の子育て+上の子のケアとなるととっても大変ですもんね。

彼女は双子の妊娠中は上の子にさっぱりとした態度で接したそうです、あまりかまってあげないようにして、1人で遊ばせたりしてすごしました。

でも、双子が産まれたとたん、上の子第一に切り替えていっぱいかまってあげて遊んであげたそうです。双子の赤ちゃんが少しくらい泣いていても上の子のお世話や遊びにつきあって、その合間に双子のお世話をするようにしたそうです。

赤ちゃんが産まれたとたん、自分の方に目を向けてもらえたと上の子は満足することになったのでママと一緒に双子の赤ちゃんのお世話をしたり、一緒に遊んであげるようになって嫉妬したりぐれたりすることなく仲良し。

上の子が下の子のお世話をしてくれるようになったのでママも楽に子育てができたそうですよ。

上の子が赤ちゃんを受け入れて仲良くなるためには、ママが上の子とうまく接してあげる必要がありますね。

ママは産後で疲れている中で大変ですが上の子の気持ちを受け止めてケアしてあげることでまっすぐに成長できますよ。