ダウン症私が出産した病院では、20歳から40歳の方まで幅広い妊婦さんがいて、出産後は一緒に新生児室を覗いたりして和気あいあいと過ごしていました。いろんな年代の方がいるんだなあと思いましたよ。

現代では女性の社会進出が進んでいるので、結婚年齢も上がっていますよね。それに伴って出産年齢もどんどんあがっています。

35歳で高齢出産って言われるけど、35歳なんてまだまだ若い!って私も思っていました。でも、妊娠・出産となると35歳を境にさまざまなリスクも高まることを知りました。

その中でも赤ちゃんがダウン症の可能性が高くなります。何歳で妊娠・出産となっても不安や心配はつきものなのに、35歳以上だけど大丈夫なのかな、ダウン症の赤ちゃんが産まれてくるのかなとさらに不安になっているママもたくさんいらっしゃるかもしれません。

すべての年代の方に知っておいてもらいたいダウン症の検査のこと、妊娠を望んでいる人に考えてもらいたいダウン症の赤ちゃんを中絶すること、を紹介していきます。

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

ダウン症の原因は?

▼次のページへ▼