赤ちゃんにおすすめのクラシック音楽

ポイント

モーツアルトなどのクラシック音楽には人の脳波をリラックス状態にする「1/fゆらぎ」が含まれています。

また、クラシック音楽に含まれる高周波を聞くことで外国語を聞き取りやすくする働きもあります。

赤ちゃんにおすすめのクラシック音楽はこちらです!

  • モーツァルト:きらきら星 変奏曲 K.265
  • バッハ:主よ人の望みの喜びを
  • モーツァルト: アイネ・クライネ・ナハトムジーク – 第1楽章
  • パッヘルベル:カノン
  • エルガー:愛の挨拶
  • ドビュッシー:月の光
  • シューベルト ピアノ五重奏曲「ます」
  • ヴィヴァルディ:「四季より『春』」
  • モーツァルト:ディヴェルティメントニ長調K136

モーツアルトの曲が胎教によいというのは有名ですが、これは「1/fゆらぎ」があるからだと言われています。

私たちの脈拍は一定のリズムを刻んでいますが時折早くなったり、ゆっくりになったりします。このような規則性のあるリズムの中に不規則なリズムのことをゆらぎといいます。

「1/fゆらぎ」は自然の中の音によく含まれていて、川のせせらぎ、小鳥の鳴き声なども「1/fゆらぎ」です。「1/fゆらぎ」を聞いていると脳波がα波になりリラックス状態になります。

バッハやモーツアルトなどの古典クラシックはゆったりしたテンポのものがおおく「1/fゆらぎ」を含んだものが多いので胎教や赤ちゃんにもぴったりです!

さらにモーツアルトなどクラシック音楽は3000Hz以上の高周波を含む回数が何度かあります。日本語は1500Hz以下という低い周波数なので6歳までに高周波数の音に慣れていないと「言葉の壁」ができてしまい耳が外国語に対応するのが難しくなったりします。

モーツァルト:きらきら星 変奏曲 K.265

バッハ:主よ人の望みの喜びを

モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク- 第1楽章

パッヘルベル:カノン

エルガー:愛の挨拶

ドビュッシー:月の光

シューベルト ピアノ五重奏曲「ます」

ヴィヴァルディ:四季より『春』

モーツァルト:ディヴェルティメントニ長調K136

クラシック音楽にはリラックス効果があります。赤ちゃん用にアレンジされたものやオルゴールバージョンのCDなどもあるので気に入ったものを見つけるとよいですね。

記事は下に続きます。



タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは



他には音楽がよい?

▼次のページへ▼