毛が薄い

赤ちゃんの髪の毛って細くってフワフワしていてかわいいですよね!

うちの子は生まれたときからモサモサと髪の毛が生えていて、赤ちゃんらしいフワフワな感じがなかったので少し寂しかったです。

でも、逆に友人のところの子は1歳になっても薄くて「女の子なのにどうしよう」とか「かわいい服が似合わない」と嘆いていました。

赤ちゃんの髪の毛が薄いと、いつ頃は得てくるの??女の子なのに将来大丈夫?って心配になりますよね。

男の子の場合も、パパが薄毛だから生えないの?とか、赤ちゃんのうちからこんなに薄いと先が思いやられる!と心配してしまいますよね。

赤ちゃんの髪の毛が薄いときの解決策があればぜひ知りたい!と悩んでいるママに簡単にできるポイントをお伝えします!

髪の毛が薄い原因は?

赤ちゃんの薄毛の原因

ポイント

赤ちゃんの髪の毛が薄い原因は大きく分けて3つ

【新生児生理的脱毛】

生まれたばかりの赤ちゃんの毛は産毛。生後3ヶ月〜6ヶ月くらいで生え変わるために抜け始めます。髪の毛が抜けていくことで薄毛になります。

【乳児期後頭部脱毛】

赤ちゃんの髪の毛は少しの摩擦でも簡単に抜けてしまいます。眠っている間に枕やシーツとこすれて後頭部の毛が抜けてしまう状態です。

【自分で引っ張って抜く】

髪の毛を抜くのが楽しい、かゆい、さみしいなどが原因で引っ張って抜いてしまいます。

【脂漏性湿疹】

頭皮に湿疹ができて髪の毛が抜けてしまうこともあります。

赤ちゃんの髪の毛は個人差があるので、生まれたときからフサフサな子もいれば、細くて薄い子もいます。

新生児の赤ちゃんの髪の毛は、実は産毛!だから柔なくてフワフワなんですね♪

この産毛が、成長していくなかでしっかりした毛へと生え替わっていくんです。

赤ちゃんの髪の毛の本数や発育を決めるのは「毛包」という組織。

ママのお腹の中にいるときにすでに決まっているため、生まれてから毛穴が増えて本数が増えるわけではありません。

フサフサに感じられるのは、生え替わることで一本一本が太く強い毛になり量が増えるからです!

赤ちゃんの毛は新しい毛に生え替わるために抜けていきます。

早い子では、生後3ヶ月頃から抜け始め、6ヶ月頃に抜ける子が最も多いとされています。

その後、1歳頃までにしっかりとした太い毛に変わっていきます。

この髪の毛が生え替わる状態のことを「新生児生理的脱毛」といいます。

脱毛と言われると、え?!脱毛って思いますが、これは誰もが成長の一環ですので、心配は必要ありません!

ちゃんと新しい毛に生え替わっていきますよ!

新しい毛に生え替わるまでは薄い状態が続きます。ですので、生後3ヶ月から6ヶ月頃はうちの子の髪の毛、薄いけど大丈夫?!と心配になるママが多いようです。

赤ちゃんの髪の毛が薄い原因は他にもあります。

後頭部だけが毛が薄くなってはげてしまっている状態のことを「乳児期後頭部脱毛」と言います。

赤ちゃんの髪の毛は細くって柔らかくてとっても抜けやすいんです。

大人でも太い髪の毛を抜くよりも細い産毛を抜く方が簡単ですよね?

赤ちゃんの髪の毛は産毛なので、少しの摩擦で簡単に抜けてしまいます。

特に寝ている間に枕やシーツとこすれてゴソッと束になって抜けちゃうことが多いので、朝起きてびっくりしちゃうママもいるようです。

でも、これは首が座って起きている時間が長くなれば治まってきますよ。

また、中には自分で引っ張って抜いてしまう赤ちゃんもいます。

これは、引っぱると抜けるのが楽しくて遊び感覚だったり、抜いてはいけないものと認識していないために手持ち無沙汰でやってしまったりします。

抜いてしまってもその毛根から新しい毛が生えてきますのでそれほど心配しなくても大丈夫ですよ!

他にも「脂漏性湿疹」などが頭皮にできることで、一時的に髪の毛が抜けてしまうことがあります。

これは、生後3ヶ月頃から4ヶ月の赤ちゃんに多く湿疹が落ち着いてくれば、髪の毛も生えてきます。

1歳をすぎても薄い場合は?

一歳薄毛

ポイント

  • 1歳をすぎて薄毛でも心配ありません!
  • 赤ちゃんの毛は3・4歳頃まで生え変わります
  • 3・4歳頃までは髪質も変化します
  • 赤ちゃんの頃の髪の毛の量は遺伝的要素も
  • 赤ちゃんの薄毛は一時的なものです

平均的には、1歳頃に新しい髪の毛に生え替わる子が多いです。

けれど、髪の毛に個人差があるので1歳をすぎてもまだ細い赤ちゃんの毛のような子もいますし、なかなか伸びない子もいます。

赤ちゃんの髪の毛は3・4歳頃まで生え替わります。

なかなか生えてこないと焦ってしまいますが、もう少し様子を見てみましょう。

赤ちゃんの頃の髪の毛の量には、遺伝的な要素も関係してきます。

パパやママも赤ちゃんの頃に髪の毛が薄いと子供も薄くなる確率が高くなりますよ。両親に自分の赤ちゃんのときはどんな状態だったのか聞いてみるとよいかもしれませんね♪

遺伝子とはいえ、赤ちゃんも将来確実に薄くなる!ということではないので、安心してくださいね。

薄毛自体が遺伝するわけでじゃなく、髪の毛が薄くなりやすい体質が遺伝します。

大人の薄げにはストレスや生活環境や年齢なども関係しますが、赤ちゃんの薄毛は一時的な生理現象なんです。一時的なのでちゃんと生えてきます!

また、髪の毛の量も変化しますが、髪質も3・4歳くらいまで変化します。

猫っ毛からしっかりした太い毛に変わったり、クルクルのくせ毛からストレートに変化したりしますよ。

髪の毛が爆発したように逆毛だっている子も成長していくと変わってきますので、大丈夫ですよ♪

坊主にするとよい毛が生える?

赤ちゃん薄毛

ポイント

坊主にするとよい髪の毛が生えるのは迷信!

赤ちゃんの頭皮は柔らかいのでカミソリで傷を付けたり、切ってしまう危険があります。

デリケートな赤ちゃんの肌はカミソリで肌荒れを起こすことも。

坊主にするとよい髪の毛が生えてくるってきいたことありませんか?

昔から、髪の毛を一度剃るとくせ毛が治ったり、よい髪の毛になると言われていますが根拠はないそうです。

それよりも、赤ちゃんの髪の毛を剃るのは危険があるので避けた方が無難です!

頭皮の柔らかい赤ちゃんの毛は剃りにくい上に、皮膚を傷つけてしまう危険があります。頭は汗をかきやすいので、傷ができてしまうと汗がしみて痛いです!

また、赤ちゃんは肌が弱いのでカミソリなどをあててしまうと、肌荒れを起こしてしまう可能性も。坊主にするのはやめておいた方がよいでしょう。

赤ちゃんの薄毛4つの解決策!

赤ちゃんの薄毛解決策

ポイント

赤ちゃんの薄毛のための4つの解決策を紹介します。

  • 抜かせない
  • 寝返りをしやすくする
  • 頭を蒸らさない
  • アクセサリーのつけ方に注意

蒸れや摩擦など、頭皮に刺激を与えないことが大切です♪

大人の薄毛は遺伝や年齢、生活環境によるストレスの影響が大きいですが、赤ちゃんの場合は生理的なものや一時的なもの。

赤ちゃんの髪の毛が薄くても、基本的には成長すればしっかりした髪の毛に生え替わるので心配はいりません!

そうはいってもあんまり薄いとほんとに生えてくるのか焦っちゃいますよね。

それでは、薄毛の赤ちゃんのためにできるポイントを見ていきましょう。

抜かせない

まず、髪の毛を抜かせないことです。赤ちゃんのうちは自分の髪の毛を引っ張って抜けるのが楽しいので、遊び感覚でやっています。

赤ちゃんが髪の毛を引っ張り始めたら「抜くと痛いんだよ」「抜くと髪の毛が抜けちゃうよ」と教えてやめさせるようにしてあげましょう。

手持ち無沙汰で遊んでいることもあるので、髪の毛を触りだしたらおもちゃを渡してあげるとよいですよ!

他にも髪の毛を抜く理由には「かゆいから」「さみしいから」などがあります。

頭に汗をかいてかゆかったり、虫に刺されていたり、あせもができていたりとかをみの原因はそれぞれなのでママは頭皮をチェックしてあげましょう。

また、かまってもらえなくてさみしい、一人で寝ていてさみしいときにも髪の毛をいじったり、引っ張ったりする子もいます。

ママは話しかけてあげたり、抱っこしてあげたり、遊んであげたりしてあかちゃんのさみしさを癒やしてあげてくださいね。

寝返りをしやすくする

後頭部や同じ部分だけが薄くなってしまうのは、同じ姿勢で寝続けているのが原因です。

ですので、赤ちゃんが寝返りしやすく頭の向きを変えやすいように環境を整えてあげましょう。

赤ちゃんの寝るベッドにはおもちゃやタオルなどを置かないようにし、寝返りができるように広々としてあげましょう。

同じ方向を向いてばかりいるときには、枕の角度を変えてあげたり、下になっている方の背中に丸めたタオルを入れて角度をつけてあげるものよいでしょう。

頭を蒸らさない

赤ちゃんは新陳代謝がよいので、汗をいっぱいかきます。特に頭皮は汗をかくうえに帽子を被ったりするので蒸れやすいんです!

汗で蒸れてフニャフニャになると髪の毛も抜けやすくなります。赤ちゃん用の帽子は、コットンなど自然素材で作られたものが多いのですが、中にはデザイン重視のものもあります。

通気性のよい素材で作られた帽子を選ぶようにし、汗をかいたら日陰などで少し帽子をとって風を通してあげると髪の毛にもよいですよ。

アクセサリーの付け方に注意

女の子の赤ちゃんが生まれたら、ピンで留めたり、髪を結んだりしておしゃれさせてあげるのが楽しいですよね。

でも、これもやりすぎると薄毛に繋がることがあるので注意が必要です!

赤ちゃんの髪の毛は細くて引っぱるとすぐ抜けてしまうので、ついつい根元をぐいっとひっぱってしまいますよね。

でも、結ぶときに引っぱりすぎたり、ゴムが抜けないようにしっかりと強く結びすぎてしまうと赤ちゃんの頭皮に刺激を与えてしまいます。

髪の毛を結ぶときは引っ張らないように優しく結びましょう。

ピンなどもそのまま帽子を被ったりすると頭皮を傷つけてしまうこともあるので、留める位置に気をつけたり、帽子を被るときな外してあげるといいですね。

髪の毛が薄いメリットも!

メリット
髪の毛が薄いとフサフサな子を見てうらやましくなっちゃいますが、メリットもあるんです!

  • 髪の毛を洗うのがラク!
  • あせもや湿疹ができにくい
  • 髪の毛を切らなくてもいい

髪の毛が少ないとささっと頭を洗えるし、首や耳の後ろにあせもができにくいですよ!

小さい頃は落ち着いて座っていてくれないので、髪の毛を切らなくても大丈夫だとママは助かりますよね!

うちの子は生まれたときからフサフサだったので、生後6ヵ月から毎月カットしていますが、イヤがって逃げ回ります。何日かにわけて少しずつカットするので大変なんです。

ゆっくりフサフサになっていく方がカットは楽かもしれませんね。

▼参考 赤ちゃんの髪の毛カット方法!ハサミはNG?切り方の注意点も

薄毛を気にしすぎない!

一般的には3・4歳頃から薄毛が気にならなくなると言われています。でも、それも個人差があり5歳・6歳になってやっと気にならなくなった!と言うママの声もたくさんありました。

他のママの体験談を読むとちゃんと生えてくるんだな!って安心できますよ♪

うちの娘も相当薄く心配しましたが、今6歳ですが、フサフサです(量は少なめですが)。
2歳でやっとゴムでくくれるようになりました。1歳半では、ピン止めも止まりませんでした(少ない&短くて)。

出典:chiebukuro.yahoo.co.jp

4歳2か月の女の子がいます。
まだ一度も髪を切った事がありません。
1歳8か月位のころは、ほとんどしばれなかったと思います。
でも最近、おさげができるようになりました。
一度も切っていないので長さがバラバラの為、きれいには結べませんが・・・( ;^^)ヘ..
3歳位から一気に増えてきたように感じます。

出典:chiebukuro.yahoo.co.jp

2歳くらいまですごく薄かったです。
なので、2歳くらいでも男の子によく間違えられたみたいです。

でも今は髪の毛の量がとっても多いです。
普通よりも多めかな?というくらいに増えました。

だから心配しなくて大丈夫だと思います。

出典:girlschannel.net

うちの子も薄かった!育児書で「2歳頃には生えそろう」とあったのに3歳過ぎてもスカスカでした。
心配になり3歳健診でお医者さんに相談したら「減ってなければ大丈夫だよ」と言われ安心しました。薄毛が気にならなくなったのは5歳ごろです。

出典:girlschannel.net

薄毛も赤ちゃんらしくてかわいい!

うちの子は生まれたときから黒い髪の毛がぎっしり生えていたので、新生児室を覗くよその家の人からも「あの赤ちゃん、フサフサだね~!」と言われていました。

赤ちゃんらしいフワフワな髪の毛、かわいくていいな!と思っていましたよ。

小学生になっても薄毛で困っている子っていないですよね?きっと、何年か後に髪の毛が薄くて大丈夫なのかなって悩んでいたなって思えますよ。

大きくなれば髪の毛もしっかりしてくるので、赤ちゃんの薄毛を楽しめる時期は数年です!

ぜひ、赤ちゃんらしいフワフワな髪の毛をいっぱいなでてあげてくださいね!

▼参考 赤ちゃんの髪の毛カット方法!ハサミはNG?切り方の注意点も