赤ちゃん 怖い

赤ちゃんにも怖いという感情があります。

気がついたらママが近くにいなかった、夜目が覚めたら暗闇だったなど赤ちゃんは恐怖を感じると泣きますよね。

恐怖を感じている時の泣き方はほかの時よりも力強くて、ママにそばにいてほしい!抱っこしてほしい!と強く求めています。

実験でも赤ちゃんは恐怖を感じることが明らかになっているんですよ。

あるイギリスの研究者が赤ちゃんの目の前にものをゆっくりと近づけたときは赤ちゃんは泣きませんでした。

でも、同じものを速いスピードで近づけると赤ちゃんは怖がって泣いてしまったそうです。赤ちゃんにも怖いものがあるんですね。

赤ちゃんは特にこんなものを怖がります。

・虫
・暗闇
・大きい音
・怖い顔
・鬼やお化け
・血や怪我

小さい虫や暗闇などは大人でも嫌だったりしますよね。大きい音は何が起こっているのかわからなかったり、びっくりしたりして恐怖に感じます。

怖い顔やお化けなども怖いもののひとつですね。怖がるものは人それぞれですが、大人が怖いなと感じるようなものを赤ちゃんも怖がっていることがわかりますね。

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

▼次のページへ▼