赤ちゃん寒くて震える赤ちゃんが寒いのか、暑いのか、ママは迷ってしまいますよね。赤ちゃんは大人よりも体温が高いというし、でも薄着にさせて風邪をひいたらどうしようと悩みがつきませんよね。

でも、赤ちゃんは寒いと感じる時にはちゃんとサインをだして教えてくれるんですよ。今回は、赤ちゃんが寒いとき判断する方法や対処法についてまとめました。

赤ちゃんが寒いと感じる原因は?

ポイント

赤ちゃんが寒いと感じる主な原因は次の3つ。

  • 室温が低い
  • 汗をかいて体が冷える
  • 冷たいものを飲みすぎる

赤ちゃんは体温調節が苦手なので、外部からの影響を受けやすいです。汗もよくかくのでこまめに拭いてあげることが大切です。

原因1 室温が低い

赤ちゃんにとって心地よい室温は、夏場は25℃〜27℃、冬は21℃〜23℃です。室温が低いと聞くと、冬を思い浮かべるかもしれませんが、夏場もエアコンなどで体が冷えることがあります。

設定温度を調整し、エアコンや扇風機の風が赤ちゃんに直接当たらないように気をつけましょう。

原因2 汗をかいて体が冷える

生後1ヶ月を過ぎてくると、赤ちゃんの体温は安定してきます。平熱は大人よりも高く、37℃ほど。

寒いからと着込ませすぎると、新陳代謝のよい赤ちゃんは汗をかきます。汗をかいても気づかずに放置しておくと、体温が奪われて体が冷えてしまうのです。

着込ませすぎに気をつけ、汗をかいたらこまめに拭いてあげましょう。

ちなみに、新生児の頃は一枚多め、生後1ヶ月から3ヶ月頃までは大人と同じ枚数、3ヶ月を過ぎたら、大人よりも一枚少なめに着せてあげましょう。

原因3 冷たいものを飲みすぎる

夏場やお風呂上がりなど、暑いからといって冷たいものを飲ませすぎると赤ちゃんの体は冷えてしまいます。赤ちゃんは基本的には、暑さよりも寒さに強いと言われますが、ママは上手に体温調節をしてあげましょう。

室内であれば冬場であったとしても、基本的には靴下は必要ありません。新陳代謝が活発な赤ちゃんは体の熱を手足から発散しています。

靴下を履いてしまうと、体温調節がうまくいかなくなるので、室内であれば必要ありません。

それでも、寒くないのかな?と心配になる時には、赤ちゃんの出すサインをよく観察しましょう。

赤ちゃんが寒い時のサインは?

赤ちゃんの機嫌が悪い

ポイント

赤ちゃんが寒いと感じた時のサインは3つあります。

  • 手足が青白い
  • 唇が青白い
  • 体を縮めて泣く

このような場合は赤ちゃんが寒がっているので、すぐに温めてあげましょう。

サイン1 手足が青白い

赤ちゃんが寒い時に一番わかりやすいのが手足です。赤ちゃんは体内の熱を手足で調整しています。ですから、暑い時には手足も温かくなり、寒い時には手足も冷たくなります。

普段から、手足が冷たい赤ちゃんもいるかもしれません。そんな時は手足の色をチェックしてみましょう。青白い色になっているときは、赤ちゃんも寒いと感じています。逆に触ってみて、冷たくても手足の色が普段と変わらなければ大丈夫です。

サイン2 唇が青い

手足とともに、唇の色もチェックしてみましょう。大人でも寒い時やプールに入って体が冷えた時には唇が紫色になりますよね。赤ちゃんも寒いと唇が青白くなります。

サイン3 体を縮めて泣く

寒い日には本能的に体を丸めて、寒さをしのごうとしますよね。これは、赤ちゃんも同じで寒い時には体を縮めて泣きます。泣くことで熱を生み出し体を温めているんですよ。

抱っこしたり、あやしても泣きやまない時には、赤ちゃんがどんな体勢で泣いているのかよく観察しましょう。体を丸めて縮こまっていれば、寒いと感じています。

赤ちゃんは寒い時にはサインをだしますので、手足や唇が青白かったり、体を丸めて泣いていたら温めてあげましょう。

赤ちゃんからのサインがないのに温めすぎてしまうと、汗をかいて冷えたり、あせもの原因になります。また、温めすぎはSIDS(乳幼児突然死症候群)を引き起こす可能性があると言われています。

▼参考 赤ちゃんの発疹(顔、足、背中、お腹)対処法!熱なしや赤くないときも

赤ちゃんが寒いときの対処法は?

赤ちゃん睡眠

ポイント

赤ちゃんが寒がっていたら、すぐに対処してあげましょう。

  • 着るもので調整する
  • 部屋を適温にする
  • 抱っこしてあげる

ポイント1 着るもので調整する

新生児の頃は室内であれば、大人よりも一枚多めに。脱ぎ着しやすいベストやカーディガンは、暑くなった時に調整しやすいのでオススメですよ。

外では、カバーオールや上着を着せてあげましょう。また、おくるみやブランケットで包んで温めてあげるのもよいですね。

ポイント2 部屋を適温にする

赤ちゃんにとっての冬の部屋の適温は21℃~23℃です。大人にとっては少し肌寒いですが、赤ちゃんにとっては快適です。室温を上げすぎると汗をかく原因になります。寒すぎたり、暑すぎたりしないように室温を調整しましょう。

ポイント3 抱っこしてあげる

着るものや室温が調整できれば、赤ちゃんを抱っこしてあげましょう。ママとくっつくことで体が温まりますよ。背中や腰をさすってあげると、寒さで泣いていた赤ちゃんも落ち着きますよ。

▼参考 【新米ママ必見!】授乳時の赤ちゃん(新生児)の正しい抱き方

寝る時はどうする?

赤ちゃんベビーベッド

寝ている時に布団を蹴飛ばす赤ちゃんも多いです!寝ている間はママもずっと見ていられないので、寒いのでは?と心配になりますよね。冬の夜に、寝るときはどうしたらよいか見ていきましょう。

ポイント

服装
肌着+カバーオールが基本的。特別寒い夜は短肌着+長肌着で調整しましょう。

布団
昼夜→綿毛布かタオルケット一枚
冬の夜→綿毛布かタオルケット+掛け布団

布団を蹴ってしまう赤ちゃんには、スリーパーや腹巻き付きのパジャマがオススメ。

夜は寒いのではついつい着込ませたくなりますが、暑すぎるとうまく眠れずぐずる原因にもなります。

基本的には、肌着+カバーオールでオッケー。特別寒い夜などは、短肌着+長肌着+カバーオールで調整しましょう。

布団は、昼寝なら、綿毛布かタオルケット。夜なら、綿毛布かタオルケットに掛け布団がよいでしょう。

フリースなどのブランケットは暖かいですが、熱がこもりやすく、汗をかいた時に吸収しにくいため、使用する時には綿素材のタオルケット+フリースにするとよいでしょう。

布団の中に手を入れて熱がこもっていれば、赤ちゃんにとっても暑すぎます。布団一枚にしたり、軽めの布団にかえたりと工夫しましょう。

布団を蹴ってしまう場合は、スリーパーを活用しましょう。ベストの裾がそのままながくなったようなかたちで赤ちゃんを包んでくれます。お布団を一枚着ているようなイメージなので、お布団を蹴ってしまう赤ちゃんにオススメですよ。

スリーパー以外にも、腹巻き付きのパジャマなどがあります。お腹を守ってくれるので安心ですね。

赤ちゃんの快適な温度に調整しましょう

赤ちゃんの体温調節は難しい!と感じるママもいらっしゃるかもしれません。特に新生児の頃は体温調節が未熟なので、神経質になるママも多いのではないかと思います。

我が家でも生後2ヶ月の赤ちゃんとお風呂に入り、よく温まらずに出たため、ベッドに寝かせたら赤ちゃんがブルブル震えていてあたふたした記憶があります。

そんな時も、赤ちゃんの寒い時のサインや対処法などを知っておくことで安心できますよね。