抱っこの一番のメリットは、オキシトシンという幸せホルモンの分泌です。

オキシトシンの効果には以下のようなものがあります。

  • 親子の愛着関係を深める
  • 学習能力を高める
  • 自律神経が安定する

赤ちゃんとママのどちらにも効果があると言われています。

一昔前までは抱き癖がつくので、泣いても抱っこしない方がいいと言われていましたが、医学的根拠はありません。むしろ、現在ではどんどん抱っこをしてあげるとよいと言われています。抱っこなどのスキンシップをとっているときに、オキシトシンという幸せホルモンが分泌されます。

オキシトシンは愛情ホルモン、信頼ホルモンとも呼ばれており、子供の成長にかかせないものです。オキシトシンは、親子の愛着関係を深めたり、学習能力を高める、自律神経が安定するなどの効果があると言われています。たくさん抱っこしてあげることは、赤ちゃんの心と体の成長につながるんですね。

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

首すわり前後の抱き方

▼次のページへ▼