ポイント

赤ちゃんの心地よい抱っこをするためには以下の2点を意識しましょう。

  • 背中が少し丸まった状態(アルファベットのCの形)
  • 足は曲がっている状態(アルファベットのMの形)

ママはリラックスして、赤ちゃんを自分の体に密着させて抱っこしましょう。首が座っていなくても安定します。

赤ちゃんの心地よい姿勢は背中が少し丸まった姿勢です。アルファベットのCをイメージするとわかりやすいです。赤ちゃんはママのお腹の中で、このCのような姿勢で丸まっていたため安心します。抱っこするときにはまっすぐではなく、丸くなるように抱っこしてあげるとよいでしょう。

赤ちゃんの足はM字のように曲がっている状態が自然です。まっすぐではないんですね。なので、抱っこのときも足の間からお尻を持って持ち上げるようにしてください。足を引っ張ったり、無理にまっすぐにすると股関節脱臼を起こしてしまうことがありますので気を付けましょう。

赤ちゃんとママの体をしっかりと密着させることで安定して抱っこできます。緊張したり、おどおどしながら抱っこしていると赤ちゃんにも伝わります。腕や体で赤ちゃんを包み込んであげるように密着させてあげることで赤ちゃんも安心しますし、ママにとっても肩や腕に無理な力が入らず楽ですよ。

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

抱っこの効果やメリットは?

▼次のページへ▼