ポイント

ゲップのさせ方は2通りの方法があります。

  • 赤ちゃんをママの肩まで抱き上げる方法
  • 赤ちゃんを膝に座らせる方法

肩まで抱き上げるのが怖いと感じるママは膝に座らせるところから始めるとよいでしょう。膝に座らせるやり方は生まれた直後からできます。

首の座っていない赤ちゃんはまだグラグラしているので、縦にだっこするのは怖いですよね。ゲップのさせ方には2通りの方法があるので、やりやすい方を選んでみてください。

1、赤ちゃんをママの肩まで抱き上げる方法

  1. まず赤ちゃんの首を支えたまま、ママの肩に赤ちゃんの胸がくるように赤ちゃんの体を引き上げます。赤ちゃんの口や鼻がママの体で塞がれないように気をつけてくださいね。
  2. この時、やりにくければソファーなどで体を斜めにしておくとやりやすいですよ。ゲップとともにミルクを出すことがあるので、肩にタオルやガーゼを載せておくとよいでしょう。
  3. 赤ちゃんの背中を下から上に向かってさすり上げます。空気が下から上に上がっていくイメージです。叩くと赤ちゃんの体が緊張してゲップが出にくくなるので、優しくさすってあげてください。

ゲップがでるまで約5分くらいさすってあげましょう。それ以上は赤ちゃんが疲れてしまうので気をつけましょう。

2、赤ちゃんを膝に座らせる方法

  1. 赤ちゃんをママの膝に乗せます。右膝なら赤ちゃんは右向き、左膝なら赤ちゃんは左向きがやりやすいでしょう。
  2. 赤ちゃんの体の前からママの腕を回し、脇の下を持って体を安定させ、赤ちゃんの体をまえかがみにしてあげます。
  3. 脇を支えているのと反対の手で赤ちゃんの背中を下から上に優しくさすり、ゲップさせてあげます。

▼参考 赤ちゃんの抱き方は首に注意!首すわり前後の抱き方まとめ

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

ゲップしないときは?

▼次のページへ▼