赤ちゃんの熱

赤ちゃんや子供はよく発熱しますよね。ついさっきまで元気に遊んでいたのにいきなり39度も熱が!!なんてことよくあるのでびっくりします。

特にママからもらった免疫が弱くなると言われている生後6ヶ月以降はうちの子もたびたび発熱していました。熱が出ても逆に元気だったりするので、病院にいっても遊び回ったり、歌を歌ってご機嫌だったりして病院に来なくてもよかったのかな?なんて思ったりもしちゃうんですよね。

赤ちゃんや子供の機嫌がよかったら40度の熱があっても病院に行かなくて大丈夫!と言う声も聞きますが、発熱の原因がわからなかったら心配。

熱があるけど元気だから病院は行かなくてもいいかなって思ってるママ、ちょっと待ってください!もしかしたら、その熱、風邪が原因じゃないのかもしれませんよ!

赤ちゃんが熱を出す理由はさまざま。そこで今回は、熱を出したあかちゃんが元気でも病院に行くべき3つの理由をまとめてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの熱の原因は?

赤ちゃんの熱の原因

ポイント
赤ちゃんの発熱には大人と同じような風邪やウイルス性のものから温め過ぎなどの環境要因があります。

  • 風邪やウイルス
  • 突発性発疹
  • 予防接種
  • 温め過ぎ
  • 離乳食

赤ちゃんが熱を出すのは風邪やウイルス感染、予防接種の副反応など大人と同じ原因があります。他にも、温めすぎや離乳食を食べ始めたことで免疫力が一時的に下がるなど、体温調節がうまくできなかったり、免疫力の弱い赤ちゃんだからこその理由も。

風邪やウイルス

赤ちゃんの発熱で多いのは風邪やウイルス細菌によって発熱するケースです。赤ちゃんはママのお腹の中では無菌状態で過ごしていましたが、外の世界ではいろんなウイルスや菌に対応していかなければなりません。風邪やウイルスなどの最近が赤ちゃんの体の中に入ると、その細菌を熱でやっつけようとするため発熱して体温が上がります。

突発性発疹

こちらも赤ちゃんに多い発熱の原因です。突発性発疹はヒトヘルペスウイルスが原因で、感染すると3~4日高熱が続きます。高いときには40度くらいの熱が出ることも。

]熱が下がり始めると全身に発疹の症状があらわれ、2~3日すると消えていきます。突発性発疹は治療方法が特にありません。熱の下がり始めに発疹がでてくることで突発性発疹だったと気づことが多いようです。突発性発疹の発熱の場合、機嫌が悪くなったり下痢になる赤ちゃんもいます。

▼参考 赤ちゃんの発疹(顔、足、背中、お腹)対処法!熱なしや赤くないときも

予防接種

月齢の低い赤ちゃんは予防接種で発熱することがあります。注射をすることで弱い細菌を体の中に入れるため、それに反応して発熱することがあります。予防接種の副作用として発熱することは珍しくありません。でも、赤ちゃんの様子がいつもと違っていたり、機嫌が悪いときなどは医師に相談してください。

温め過ぎ

赤ちゃんが風邪をひいているとついつい厚着させてき込ませすぎたり、部屋の温度を上げすぎたりしてしまいます。必要以上に厚着をさせるとそれが原因で体温が上がってしまうことがあります。

赤ちゃんは体温調節が未熟なので、着ている服や部屋の温度に影響を受けます。風邪だから温めなくちゃ!と思って着込ませすぎてしまうと、のぼせたような状態になって体温が上がってしまいます。

離乳食

離乳食がスタートする生後5ヶ月~6ヶ月頃も赤ちゃんの発熱が多くなります。赤ちゃんはママの母乳から免疫をもらっていますが、離乳食が始まって母乳が減ることでママからもらう免疫が減っていきます。加えて、固形物を食べることで胃腸の働きが弱まって、免疫が下がり発熱してしまうことがあります。

元気でも病院に行くべき5つの理由

赤ちゃん熱病院

ポイント

赤ちゃんが元気でも急な高熱の場合は必ず病院に行きましょう。

なぜなら高熱がでるのは風邪以外の危険な病気にかかっている可能性があるから。

高熱のときに病院に行った方がいい理由は次の4つです。

  1. 合併症を引き起こす感染症
  2. 人に移る感染症
  3. 細菌性髄膜炎
  4. 熱性けいれんの危険性がある
  5. その他の高熱のでる病気

赤ちゃんの平熱は大人よりも高めの37.5度。赤ちゃんを抱っこしてると冬でも汗ばんでくるくらいぽかぽかしていますよね。

大人が38度も熱をだせば体がだるかったり、苦しかったりしますが赤ちゃんの場合は平気なことが多いです。38度程度の熱ならいつもとかわらず元気に過ごしている子がほとんどです。

40度くらいの熱がでても元気でご機嫌な赤ちゃんもいます!でも、40度の熱が出たら病院で診断を受けるのをおすすめします!

なぜなら、熱が出たらなぜ熱が出ているのか原因をしることがとても大切。でも、それってママにはわかりませんよね。病院で見てもらうことで、熱の原因がわかって正しく対処できます。

正しく対処できれば、治るのも早いし他の人への感染や悪化を防ぐことができますよね。それでは、熱が出たときに病院に行った方がいい理由をみていきましょう。

合併症を引き起こす感染症

高熱を引き起こす感染症の中には、怖い合併症を引き起こすものもあり注意が必要です。合併症を引き起こすような感染症はウイルスの力が強いので、病院で診断を受け適切な治療をしてもらうことが必要です。

インフルエンザ

毎年冬になると流行しますよね。咳や鼻水、発熱など普通の風邪のようですがかかってしまうと風邪よりもしんどく体もぐったりしてしまいます。赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまったら大変です。

赤ちゃんはまだ自分の症状を伝えられないので、ママは風邪かな?と判断してしまうかもしれませんが、インフルエンザは肺炎や脳炎などの合併症を引き起こす恐れもあります。また、感染力が強く家族にも移ってしまいます。

プール熱

アデノウイルスが原因で夏に流行するのがプール熱です。高熱が4~5日続きのどが真っ赤になって痛くてご飯食べられないことも。

目が赤くなって結膜炎になったり、高熱で体力を消耗してしまいます。プール熱という名前から夏だけかと思いますが、実は1年中感染します。重傷の肺炎を引き起こすこともあり注意が必要です。

はしか

発症して2~3日は熱や咳、鼻水などの症状があり、一見風邪と区別がつかないのがはしかです。一旦熱が下がった後に再び高熱になり、その後全身に発疹がでます。肺炎や中耳炎、脳炎などの合併症が怖い病気です。

人に移る感染症

感染症の場合、人に移す危険があります。ただの風邪の熱だろうから大丈夫!と自己判断することによって家族に移してしまうことも。すぐに病院で診断してもらえば、適切な対処法がわかります。感染拡大を防ぐことができるので安心ですよね。

みずぼうそう

軽い場合は発熱がない場合もありますが、重症の場合は高熱がでます。全身に発疹がでて人にうつるので治るまで1週間くらい外に出られません。

溶連菌感染症

溶連菌が喉につくと、喉が真っ赤になり白いぶつぶつができます。舌にはイチゴのような赤とざらざらになる病気です。流行性があり人に移ってしまいます。かかってしまったら病院で抗生剤を処方してもらい10日~14日飲むことが必要です。

細菌性髄膜炎

細菌性髄膜炎は、脳や脊髄などを包む髄膜の奥にヒブや肺炎球菌などの細菌が入り込んで起こる病気です。初期症状は高熱がでたり、ぐったりするなど風邪とよく似ているのでなかなか見分けがつきません。

1歳未満の赤ちゃんが細菌性髄膜炎にかかると重症化したり、命に関わることもあります。難聴などの障害が残ってしまう可能性もあるので、急な発熱がでたら自己判断せずすぐに病院でみてもらいましょう。

熱性けいれんの危険性がある

熱性けいれんは、38度以上の高熱が出たときに6歳未満の乳幼児に起こる症状で、突然チアノーゼになったり、白目を剥いてビクビク震えたり、手足がつっぱったりします。

日本では熱性けいれんは10人に1人の割合で起こると言われていて、熱がでて24時間以内が多く、1~2歳の発症が多いです。子供の脳が未熟なために起こると言われていますが、現在では原因はまだはっきりとわかっていません。

その他の高熱のでる病気

風邪や感染症以外にも高熱のでる病気があります。

  • リウマチ熱
  • 関節リウマチ
  • 川崎病
  • 白血病
  • 菌血症

こういった病気は早期に発見して治療することが大切です。ただの風邪だろうし元気だからいいかと思わずに、高熱が出ている場合は何が原因で熱が出ているのかを診断してもらうようにしましょう。

▼参考 どうしよう?赤ちゃんが40度の熱を出して下がらない時の6つの対処法

こんなときはすぐに病院へ

赤ちゃん熱病院

ポイント

熱があまり高くなくても赤ちゃんの症状によって早急に病院に行った方がいい場合があります。

  • ぐったりしていたり、顔色が悪いなど、赤ちゃんの様子がいつもと違う場合
  • 苦しそうなとき
  • 生後6ヶ月未満の赤ちゃんが38度以上の熱をだしたときなどは必ず病院で見てもらいましょう。

赤ちゃんが熱っぽいかな?と思ったら、まずは赤ちゃんの様子をよく観察しましょう。いつもと違うな、、と思うときには注意が必要です。

特に赤ちゃんの熱がそれほど高くなくても次のような症状がある場合は、早急に病院に行きましょう。

  • 6ヶ月未満の赤ちゃんが38度以上の発熱
  • ぐったりしている
  • 顔色が悪い
  • おしっこの回数が明らかに少ない
  • ずっと機嫌が悪い
  • おっぱいを飲まない
  • 下痢や嘔吐の症状がある
  • 腹痛がある
  • 目が充血している

生後6ヶ月以内の赤ちゃんは、ママから免疫をもらっているため滅多に熱をだしません。それでも38度以上の発熱があるときには感染症や病気の可能性があります。すぐに病院で見てもらうようにしましょう。

いつもより明らかに元気がなかったり、体調や様子がおかしいときには熱が高くなくても病院で見てもらうとよいでしょう。赤ちゃんや子供って、夜間に突然熱が上がったりするのでおかしいな?と思ったら、昼間のうちに病院に行っておくと安心ですよ。

言葉の話せない赤ちゃんは、ママが気づいてあげる必要がありますよね。普段からよく赤ちゃんの様子を観察してあげましょう。

熱が出たときのお家での対処法

熱が出たときのお家での対処法

ポイント

赤ちゃんが高熱をだしたときは、すぐに病院で見てもらうと共にお家では次のことに気をつけましょう。

  • 水分補給をする
  • お家ですごす
  • お風呂はやめておく

赤ちゃんは平熱が37.5℃。38℃くらいの熱では元気に過ごしているので、それほど心配はいりません。でも、38℃より熱が高いときはいつもと体の状態が違うので体力を消耗しやすくなっています。

赤ちゃんが熱を出したときに1番気をつけることは「水分補給」。急激に熱が上がると体の水分が失われぐったりしてしまいます。

体の80パーセントが水分でできている赤ちゃんは、体の表面積が広いのでこまめに水分補給をしてあげないとすぐに脱水状態になってしまうんです。

脱水症状になると体が水分を維持しようと働くので汗やおしっこがでなくなりぐったりします。脱水症状が進むと呼びかけに反応しない、意識を失うなどの症状がでてくるのでとても危険です!

大切なのは、こまめに水分補給。母乳やミルクを飲まない場合は麦茶や白湯、赤ちゃん用のイオン飲料などを飲ませてあげましょう。飲みたがらないとき口を湿らす程度からでいいので、少量ずつこまめにあげるようにしてください。

うちの子も熱があるときは、母乳を飲む量ががくんと減ったので、すり下ろしたリンゴの汁など果汁を飲ませてあげていましたよ。

また、熱があるときは元気でも体力を消耗しやすくなっているので外出は控え、家の中で過ごすようにしましょう。もし、赤ちゃんが遊びたがっているようなら無理に寝かせている必要はありません。お布団から出て遊ばせてあげましょう。

熱があるときは基本的にはお風呂は控えた方がよいでしょう。お風呂って以外に体力を使うんですよね。
温かいタオルで全身を拭いてあげると、赤ちゃんも体がさっぱりして機嫌がよくなったり、よく眠れるようになりますよ。

ただし、汗をかいて気持ちが悪かったり、お風呂に入って気分を変えてあげたいときなど、赤ちゃんが元気そうであれば入ってもかまいません。

長湯はしないように短い時間で切り上げましょう。全身をさっと洗ってあげたら湯冷めをしないようにすぐに拭いて着替えさせてあげましょう。
冬場であれば、冷えないように脱衣所を温めておきます。髪の毛を洗ったらしっかりと乾かしてあげましょう。

▼参考 自然治癒に任せるべき?赤ちゃんに座薬や解熱剤を使う前に!

早期治療で重症な症状を防ぎましょう

突然、高熱が出るとどうしよう!って焦りますよね。赤ちゃんや子供はよく熱を出すものだよと周りから言われても、いざ熱を出すと心配になっちゃいます。

大人だったら熱が出ても、病院に行くほどじゃないかなって思うかもしれません。
でも、赤ちゃんは自分の体の状態を説明できないので熱だけじゃない体の不調があったとしてもママに伝えられません。

心配なときは自己判断せず病院で見てもらいましょう。

病院に行くと熱が上がったときのために、解熱剤の坐薬を出してもらえます。うちの子も熱が上がって苦しくて眠れないときに坐薬を使うと眠れたということが何度もありました。

赤ちゃんが熱を出すと、夜、なかなか熟睡しないのでママも睡眠不足になりがち。その上、ママにも移ったりしたら大変です。

熱が出たら、正しく治療して早く治すためにもぜひ、お医者さんに見てもらってくださいね!

▼参考 赤ちゃんが風邪になったらお風呂は禁止?悪化を防ぐ5つのポイント