赤ちゃんの機嫌が悪いおむつかぶれは、おむつに覆われている皮膚にポツポツしたあせものようなものができたり、あかくなったりして炎症を起こすことです。医学的には「おむつ皮膚炎」言われます。

炎症ができると、赤ちゃんは痛がったりかゆがったりしますし、悪化するとただれて血がにじんでしまう赤ちゃんもいます。

ウェストや太もも周りのギャザーの部分が赤くなるのもおむつかぶれ。おむつかぶれは、あせもやアトピー性皮膚炎とは違って、おむつの中だけにできるのが特徴です。

おむつかぶれのチェックポイント

  • おしりに赤いポツポツができている
  • おしりをふくと痛がって泣いてしまう
  • お風呂でおしりにお湯をかけたら痛がって泣く
  • おむつをはずすとかゆかったり痛がっておしりを触る

おむつの中は高温多湿で、皮膚がふやけやすくなっていて、少しの刺激でも傷つきやすい状態になっています。そのため、おしっこやうんちの酵素や、尿素、摩擦などの刺激でおむつかぶれが起きてしまいます。

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

おむつかぶれの原因

▼次のページへ▼