ワセリンを正しく使っていてもなかなか治らないときや赤い炎症が広がっているとき、おしりを拭くと痛がって泣くようなときには病院を受診しましょう。

ワセリンは肌を保護する働きはありますが、炎症を抑えてくれません。お家でのケアと同時に炎症を抑える薬でケアしていく方が治りが早いですよ。

また、カンジダなどのカビが原因で起こるおむつかぶれの場合もあるので、ひどい場合は病院で塗り薬を処方してもらいましょう。

皮膚科か小児科のどちらに行けばいいのかと迷いますが、どちらでも大丈夫です。先生が症状にあった薬を処方してくれます。

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

おむつかぶれから赤ちゃんのおしりを守ろう!

▼次のページへ▼