ワセリンには純度によって「黄色ワセリン」「白色ワセリン」の二種類があります。

黄色ワセリン

名前の通り、黄色っぽいものが黄色ワセリンで、比較的精製度が低いのが特徴です。ドラッグストアなどで簡単に手に入れることができ、価格も低めです。

白色ワセリン

黄色ワセリンをさらに精製して不純物を取り除き純度を上げたものです。病院や薬局などの医療機関でも扱われていて、敏感肌の方でも使用できるとされています。

刺激に弱い赤ちゃんには「白色ワセリン」を使ってあげるとよいでしょう。ワセリンは、高純度・高品質であるほど伸びがよいので、白色ワセリンは塗るときの刺激も少ないですよ。

購入するときは、酸化防止剤や香料など余分なものの入っていない100%の白色ワセリンを選んであげると安心ですね。

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

おむつかぶれを防ぐ!ワセリンの正しい使い方

▼次のページへ▼