あかちゃんのうんち意外かもしれませんが、実は赤ちゃんの肌は大人よりもデリケート。肌のバリア機能が未熟で乾燥しやすいんです!

モチモチして皮脂と水分で潤いたっぷりなのは、新生児の時期まで。生後2ヶ月を過ぎると赤ちゃんの肌は、肌を守ってくれる皮脂の量は大人の二分の一以下水分は大人の三分の二以下になります!

角質層に蓄えられている水分が少ないので、すぐに蒸発してしまいます。

その上、汗の量が多いためそれが肌への刺激になったり、肌のバリア機能が未熟なため、大人にとってはなんともないような刺激でも肌トラブルにつながったりします。

赤ちゃんの肌は、外からのちょっとした刺激で肌が傷つきやすくカサカサになったり、肌荒れを起こしたりしやすんですよ。

赤ちゃんの肌こそ、保湿やケアが必要なんです!

では、赤ちゃんの肌を乾燥から守るためにはどうしたらよいでしょう?

記事は下に続きます。

スポンサードリンク

タ゛ウン症を防く゛ホ゜イント
赤ちゃん電車移動
解熱剤
引きこもりや不登校を防ぐ
離婚の子供への影響と慰謝料、養育費
赤ちゃんのミルク作りに水道水やミネラルウォーターはNG?軟水が良い理由とは

赤ちゃんの乾燥肌対策は?

▼次のページへ▼