産後ホットヨガ産後ダイエットでも効果的?ホットヨガで発汗&ストレス発散しよう

妊娠前の体型に戻らない、、体重が減らない、下っ腹がでてきたなど、出産すると体型が変わりますよね。

私も下半身にお肉がつきやすくなった気がするし、妊娠中に大きくなったお腹の皮がまだ伸びているような。。ウエスト周りもなかなか細くならなくて妊娠前のパンツがきつい、、そんなママも多いのでは?

母乳育児をしていればイヤでもやせるよって周りからは言われました。母乳をあげることでカロリーは消費されますが、お腹周りや下半身はなかなか細くなりませんでした。

なんで産後太りになっちゃうのでしょうか。産後太り解消のためのダイエットはいつからどんな風に行えばよいでしょうか?

スポンサーリンク

産後太りの原因は何?

産後太りの原因

なぜ産後太りになってしまうのでしょうか?授乳していてもやせない理由があるんです!

基礎代謝の低下

妊娠中はお腹も大きくなるし動きも制限されるので筋肉が落ちてしまいます。出産後も3週間は安静にと言われていますよね。妊娠から出産までの間に筋肉量が落ちることで基礎代謝も低下してしまっています!基礎代謝が低下するということは消費できるカロリーの量が少なくなるので消費できない分は身体に蓄積されてしまいます。

骨盤の歪み

骨盤がゆがむと骨盤を支えようと骨盤まわりにお肉がつくようになってしまいます。産後、下っ腹がでてきてしまうのは骨盤が歪んでいるからです!私も産後、骨盤がグラグラになってしまったので骨盤ベルトをしたり整体に通って整えていました。骨盤がゆがんでしまうと、血流が悪くなったり身体に老廃物が溜まりやすくなって太ってしまうんです。

食事の内容

母乳育児をしているとお腹がすきますよね!赤ちゃんにあげているから食べても大丈夫とついつい食べ過ぎてしまうとすぐにカロリーオーバーになってしまいます。

高カロリーな食事よりも野菜中心のバランスのとれた食事の方が赤ちゃんにとっておいしい母乳になります。揚げ物やお肉などの高カロリーなもの、お菓子やアイスクリームなどの糖分の多いものはなるべく控えバランスのよい食事を心がけましょう♪

産後ダイエットはいつから?

では、産後ダイエットはいつ頃からはじめるのがよいのでしょうか?

目安としては産後2か月以降、体調を見ながら徐々に行うのがよいでしょう。

妊娠前の身体に戻るのは産後6週間〜8週間が目安だと言われています。この時期は、出産で疲れた身体を休めて回復させることに専念するようにしましょう。

出産って命がけの大仕事ですよね。だから、身体も相当のダメージを受けています!妊娠中に増えた体重が気になったとしてもこの期間はしっかり身体を休めて回復させましょうね。

産後8週間をすぎてからが回復してきたら、少しずつダイエットを行っていきましょう。でも、まだハードな食事制限や激しい運動などは禁物!食事内容を見直してみたり、簡単なストレッチやヨガなどゆるやかな動きの運動を取り入れていきましょう。

産後ダイエットの方法は?

産後ダイエットの方法

産後に行えるダイエットにはさまざまなものがあります!ただし、産後は出産のダメージから身体が完全に回復していないので激しい運動やハードな食事制限はやめておきましょうね。

産後ダイエットは無理のない程度に行うことが大切です!

  • 食事に気をつける
  • ストレッチをする
  • ヨガやピラティスをする
  • 骨盤矯正をする
  • 骨盤スクワットを行う
  • 骨盤ベルトや産後ガードルを使用する
  • ラジオ体操をする

バランスのよい食事内容に気をつけたり、スクワットやストレッチなど家で簡単にできる動きをとりいれるのがおすすめです。

赤ちゃんを抱っこやおんぶで家事を行ったり、お散歩をするだけでやせたというママも!お皿洗いをしながらつま先立ちをしたりなど日常の中に取り入れられる動きでカロリー消費を目指しましょう。

出産で骨盤が歪むのも産後太りの原因の一つなので、骨盤ベルトや産後ガードルなどで骨盤を正しい位置に戻してあげることも大切です。

ヨガやピラティスは筋力をアップしながら身体の歪みを整えてくれます。赤ちゃんのお世話を家族やパパにお願いできればヨガやピラティスなどにでかけるのもよいですね♪

産後ダイエットのおすすめはホットヨガ!

産後ダイエットはホットヨガ

産後行えるダイエットにはいろいろなものがありますが、中でもホットヨガがおすすめなんです。

ホットヨガというのは38℃前後の室温と約60%の湿度の部屋の中で行うヨガのことです。湿度が高い部屋の中で行うので少しの動きでも大量に汗をかくことができます!

普段生活していると身体を動かして汗をかくことって少ないのでうれしいですよね♪

なぜならホットヨガは産後ママにうれしい基礎代謝を上げたり、デトックス効果を高めてくれるからなんです。

ホットヨガの効果ってたくさん!

骨盤の歪みを整える

ヨガは結ったりした動きで身体の歪みやアンバランスを整えてくれます。激しい動きをしないので出産で負担がかかった身体にも安心です。筋力トレーニングで筋肉をつけるとムキムキになってしまいますが、ヨガは身体の内側のインナーマッスルを鍛えてくれるので筋肉太りにはなりません。インナーマッスルを鍛えることができるので基礎代謝を上げてくれ、やせやすい身体に整えてくれますよ。

身体を温める

身体が冷えていると血流が滞って老廃物が溜まってしまったり、代謝が落ちたりしてしまいます。女性の場合はとくに冷えが気になりますよね。ホットヨガは身体が温まりやすい環境の中で身体を動かすのでたくさん汗が出ます!ホットヨガをすることで血流がよくなってリンパの流れもよくなるので冷え性やむくみが改善されます。

肩こりの解消

毎日赤ちゃんを抱っこしていたら肩こりになってしまったというママも多いですよね。赤ちゃんを抱っこすることに加えて身体が冷えていたり運動不足だと肩こりになりやすいんです。産後のママは妊娠中から筋力が落ちているので肩こりになる人が多いです。ホットヨガは体中の筋肉をゆっくり動かしたり伸ばしたりしていくので肩こりにも効果的です。

ストレス解消効果

ヨガを行うと体中の気の流れが良くなります。また、汗をかいたり老廃物がでたりすることでストレス解消効果が期待できるんです!普段、赤ちゃんのお世話で自分の時間が持てないママもリフレッシュできますよ。

ホットヨガの注意点は?

ホットヨガは室温や湿度の高い部屋の中で行うので注意点を守って行ってください。

食後2時間は行わない

食べ物が胃の中に入ったままヨガを行うと、内蔵を傷めたり気分が悪くなってしまいます。食後2時間は内蔵が消化のために活動しているので、食後をさけて行いましょう。

体調が悪いときは行わない

ホットヨガは湿度の高い部屋の中で行います。そのため、通常のヨガよりも心臓への負担が大きいです。体調が優れない時や寝不足のときなどは行わないようにしましょう。

ホットヨガを行うときは、無理せずに体調が良いときに行うようにしましょう。産後は、体力や免疫力が落ちている時期なので無理は禁物ですよ!

ホットヨガで身体の内側から温まると普段の生活の中での代謝もあがっていくのでうれしいですよね♪

産後ダイエットは無理せずに

妊娠前は食事制限や激しい運動などを気軽に行えましたが、産後のダイエットに無理は禁物です!

妊娠前とは違って体力や筋力も落ちているし、免疫力も下がっています。運動が得意な人はついついすぐに身体を動かしたくなってしまいますが身体が回復してから行ってくださいね。

産後は骨盤を正しい位置に整えるのにぴったりの時期なので、歪みやすい姿勢をしてしまう人は少し気をつけてみるとよいでしょう。

ホットヨガは身体の歪みも整うし、汗もかいてストレス解消できますよ。産後、骨盤が歪んだまま戻ってしまうと身体の不調にもつながってしまうので無理のないダイエットで細い身体を手にいれましょう!